AV
2018/11/24 18:00

あなたに合うのはどのタイプ? プロが教える「ワイヤレスオーディオ」最新選び方ガイド

iPhoneやスマートフォンからイヤホンジャックが省かれるようになり、Bluetoothを使ったワイヤレスオーディオ市場は右肩上がりで伸長しています。これまでは、「設定やペアリングの仕方がわかりにくい」「音が途切れたりノイズが入る」「充電するのが面倒」「有線に比べて音質が劣る」などの理由で敬遠されることも多かったのですが、技術の進歩によりそれらの問題は解決されつつあります。

 

一度使ってみると、あまりの便利さに手放せなくなる人も多いワイヤレスオーディオですが、初めて使う人にとってはたくさんの製品の中から自分にあったモデルを選ぶのは大変ですよね。そこで今回は、ワイヤレスオーディオを5つのタイプに分け、それぞれのオススメ製品を紹介するとともに、イヤホン・ヘッドホン専門店「e☆イヤホン」秋葉原店のばらまつ店長によるレビューコメントも合わせてお届けします。

 

1.こだわり派におすすめ「ヘッドホンタイプ」

ワイヤレスヘッドホンは多機能で音質にもこだわった製品が多く、屋外や外出先などでもしっかり音楽を楽しみたい人にオススメ。最近はワイヤレスでもハイレゾ相当の音質で伝送できる「LDAC」や「aptX HD」といったコーデックに対応したものも増えています。また、高価格帯の製品を中心に「ノイズキャンセリング機能」を搭載したものが登場しており、地下鉄や新幹線、飛行機などでの移動が多いビジネスマンに人気となっています。

パイオニア
S9 wireless noise cancelling(SE-MS9BN)

実売価格2万1470円

ハイレゾ相当の高音質が楽しめるaptX HDコーデックや、ノイズキャンセリング機能、Googleアシスタント機能にも対応する“全部入り”のハイスペックモデル。本体には強磁力希土類マグネットを採用した40mm径のドライバーを搭載し、ワイヤレスでも有線接続でもハイレゾ音源などの高品質な音楽再生が可能。ノイズキャンセリング機能は、周囲の騒音を逆位相の周波数で打ち消す「アクティブノイズキャンセリング」に対応するほか、周囲の音を聴きながら音楽が聴ける「外音取りこみ」機能も備えています。

↑レトロモダンなテイストを取り入れたスタイリッシュなデザイン

 

【ここをチェック】

・ワイヤレスでハイレゾ相当の音質が楽しめるaptX HDのほか、SBC、AAC、aptXコーデックにも対応

・騒がしい環境でもノイズを抑える「アクティブノイズキャンセリング」機能を搭載

・周囲の音を集音する「外音取り込み」機能も搭載

・本体のアシスタントボタンを押しながら話しかけるだけで、 スマホを取り出さずにGoogleアシスタントを起動

・新開発の専用アプリ「Pioneer Headphone App」で、接続サポートやノイズキャンセリングモードの切り替えなどの設定が可能

・レトロモダンなテイストを取り入れたスタイリッシュなデザイン。カラーバリエーションは2色を用意

↑アシスタントボタンを押すだけで、「OK Google」と言わなくてもGoogleアシスタント機能を起動できます

 

【e☆イヤホン秋葉原店 ばらまつ店長のコメント】

 

【SPEC】●対応コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX HD ●再生周波数帯域:5Hz~22kHz(Bluetooth接続時)/5Hz~40kHz(有線接続時) ●電池持続時間:約24時間(NC ON時)/約27時間(NC OFF時) ●充電時間:約4時間 ●質量:約300g ●付属品:マイクロUSBケーブル、ヘッドホンコード、キャリングポーチ

 

2.初めて買うなら「ケーブルタイプ」

両端のイヤホンを1本のケーブルでつないだシンプルなケーブルタイプは、最もスタンダードなタイプ。ケーブルをまとめるとコンパクトに持ち運べ、手軽に使える点がメリットです。一方で、バッテリーなどを小さなリモコンボックス部に搭載していることが多く、バッテリー持ちは短め。低価格帯の製品が多いので、はじめてワイヤレスイヤホンを購入する方にオススメしたいタイプといえます。

パイオニア
C4 wireless(SE-C4BT)

実売価格3400円前後

強磁力希土類マグネットを採用した8mm径ドライバーを搭載し、コンパクトでありながら低域から高域までバランスの取れた音を再生するワイヤレスイヤホン。ノズルに角度をつけ、ドライバーを耳穴に向ける「イヤーダイレクトマウント構造」により、音質と装着性を向上させています。ケーブルに備えたコントロールBOXには、3つの操作ボタンと通話用マイクを装備しており、音楽再生時の各種操作や通話、音声アシスタント機能の呼び出しが可能。独自の音声読み上げアプリ「Notification App」にも対応しています。

 

【ここをチェック】

・使う人を選ばないカラフルな4色のカラーバリエーションを用意

・最大2台までのスマートフォンと同時接続が可能なマルチポイント機能を搭載

↑左からチャコールブラック、オールホワイト、ボルドーレッド、ミントグリーン

 

【SPEC】●対応コーデック:SBC ●再生周波数帯域:10Hz~20kHz ●電池持続時間:約6時間 ●充電時間:約1.5時間 ●質量:約13g ●付属品:充電用USBケーブル、イヤホンチップ(S/M/L)

 

3.ステップアップにオススメ「ネックバンドタイプ」

ネックレスのように首にかけて使うネックバンドタイプは、イヤホンが耳から外れにくく安定した装着感が特徴。また、ネックバンド部にバッテリーや通信モジュールを備えるモデルが多く、バッテリー持ちや通信安定性も優れています。音質や装着感にこだわりがある人や、ケーブルタイプからステップアップしたい人にオススメです。

パイオニア
C7 wireless(SE-C7BT)

実売価格5810円

柔らかいエラストマー製ネックバンドによる快適な装着感と、ワントーンデザインを採用したワイヤレスイヤホン。筐体部(ハウジングとベース)に剛性の高いアルミニウムを使用することで、不要な振動を抑制するとともに、強磁力希土類マグネットを使用した8mm径ドライバーの迫力ある再生音により、クリアでタイトな高音質再生を実現します。ネックバンド部はコンパクトにまとめることができ、ポケットやバッグなどに簡単に収納可能。音声読み上げアプリ「Notification App」にも対応しています。

↑柔らかい素材でコンパクトにまとめられます

 

【ここをチェック】

・iOS機器と組み合わせて高音質にワイヤレス再生が楽しめるAACコーデックに対応

・NFCに対応しておりNFC機能を備えたスマホや音楽プレーヤーと簡単にペアリング可能

・男女を問わず使えるシックな4色のカラーバリエーションを用意

↑左からカーマインレッド、シャンパンゴールド、アルパインホワイト、オールブラック

 

【SPEC】●対応コーデック:SBC、AAC ●再生周波数帯域:5Hz~22kHz ●電池持続時間:約7時間 ●充電時間:約1.5時間 ●質量:約20g ●付属品:充電用USBケーブル、イヤーピース(XS/S/M/L)

 

4.別次元の軽快さがウリの「完全ワイヤレスタイプ」

完全ワイヤレスタイプは、左右のイヤホンをつなぐケーブルがなく、ケーブルの絡まりや引っかかりから解放された自由な装着感が特徴。バッテリー持ちは短いものの、専用の充電ケースと合わせて使うことで他のタイプと遜色ない時間使うことができます。左右のイヤホン間もワイヤレス接続でデータを伝送しているため通信安定性はやや劣りますが、音質や機能性の面では他のタイプとひけをとりません。ケーブルフリーで軽快な使いやすさを求める人にオススメです。

パイオニア
C8 truly wireless(SE-C8TW)

実売価格1万4990円

強磁力マグネットを使用した6mm径の小型ドライバーを搭載し、小型なボディからは想像できない迫力の低音を楽しめます。イヤホン本体は、約2mmピッチの細かい凹凸がついたシリコン製で、耳にフィットしながら長時間装着しても蒸れにくく快適に使用可能。操作ボタンとマイクを装備しており、耳元でスマホや音楽プレーヤーなどの音楽再生時の各種操作や通話、音声アシスタント機能の呼び出しが行えます。連続再生時間はイヤホンのみで最大3時間、充電ケースを併用すれば2回のフル充電ができ、最大9時間使用できます。音声読み上げアプリ「Notification App」にも対応。

 

【ここをチェック】

・iOS機器と組み合わせて高音質にワイヤレス再生が楽しめるAACコーデックに対応

・ケースをタップすると側面のLEDランプでバッテリー残量を確認できます

 

【SPEC】●対応コーデック:SBC、AAC ●連続再生時間:最大3時間(充電ケース併用で最大9時間) ●充電時間:本体約1時間、充電ケース約3.5時間(フル充電) ●カラーラインナップ:ブラック ●質量:本体のみ(ペア)約12g、充電ケース約125g ●付属品:イヤホンチップ(シリコン)S/M/L、充電用USB Type-Cケーブル(0.25m)

 

5.運動時にも使いたいなら「スポーツタイプ」

スポーツタイプは、ジョギングなどの運動時でも安定して使えるよう、イヤーハンガーやフックなどで装着性を高めたタイプ。また、汗や不意の小雨などにも耐えられるように防水性能を備えたモノも多くなっています。もちろん日常用としても使えますので、一般的なワイヤレスイヤホンは耳から外れやすくて……とお悩みの方にもオススメです。

 

パイオニア
E7 wireless(SE-E7BT)

実売価格8760円

ハンガー部とカナル型インナー部の接合部にボールジョイントを組み込んだ特許技術「3D Active Fit」を採用したスポーツ向けワイヤレスイヤホン。使う人の耳の形状や耳穴の角度に合わせてインナー部の角度が可変し、激しい動きでも外れにくく、優れたフィット感を維持します。フック部分が取り外し可能な構造になっており、使用シーンに合わせて「イヤーフック」と「セキュアイヤーフィン」の2種類から選択可能。スポーツのときや日常シーンなど用途に合わせて使い分けられます。音声読み上げアプリ「Notification App」にも対応。

↑特許技術「3D Active Fit」により動きに合わせてインナー部が追従します

 

【ここをチェック】

・iOS向けの高音質コーデックAACに加え、Android向け高音質コーデックaptXにも対応

「イヤーフック」「セキュアイヤーフィン」の2種類のサポーターを同梱

・汗や雨に強いIPX4相当の防滴性能

・スポーツシーンに映える3色のカラーバリエーションを用意

↑「イヤーフック」(左)と「セキュアイヤーフィン」(右)が選択できる

 

↑左からイエロー、グレイ、レッド

 

【SPEC】●対応コーデック:SBC、AAC、aptX ●再生周波数帯域:5Hz~22kHz ●電池持続時間:約7.5時間 ●充電時間:約1.5時間 ●質量:約20g ●付属品:イヤホンチップ(S/M/L)、マイクロUSBケーブル、セキュアイヤーフィン(S/M/L)、キャリングポーチ

 

読み上げアプリ「Notification App」はこういうシーンで便利に使える!!

パイオニアが独自に開発した音声読み上げアプリ「Notification App」は、スマートフォンに届いたメール、SMS、さまざまなメッセンジャーサービス、さらにカレンダー、ニュースといったリアルタイム情報などを音声で読み上げてくれる便利なAndroid端末向けアプリ。スマホを見ることができない状況でも、音声で大事な情報を音声で確認することができます。

 

新着メールやLINE、Facebookメッセンジャーなどに届いたメッセージのほか、Twitterの新着ツイートやプッシュ通知で届いた天気情報、電車遅延情報なども確認可能。必要なアプリの通知だけを読み上げるアプリ選択機能やタイトルによるフィルタリング機能も備えているので、聴きたい情報だけを聴くことができます。また、一時的に読み上げを停止するミュート機能も搭載しています。

 

また、音楽再生時は自動で音量を調整してくれるので、音楽を聴きながらでも音声メッセージを聞き取ることができます。

 

満員電車でスマホが取り出せないときや、カバンなどにスマホを入れているとき、家事や仕事で手を離せないときなど、スマホを見ずにメッセージや通知を音声で確認できるのはありがたいですね。

TAG
SHARE ON