調理家電 関連記事

最新技術を使って新たな食品を開発したり調理法を発見したり、フードにテクノロジーを掛け合わせた「フードテック」の分野が注目されています。アメリカから上陸し話題の「Hestan Cue(ヘスタンキュー)」は、まさにフードテックによって誕生したアイテム。この“未来の家電”は実際使えるの? デメリットは? 試作した料理をもとに検証してみました。

ライフスタイルの変化ととともに、移り変わる消費者ニーズ。それに応え、進化を続けているのが家電です。家電のトレンドを見れば世相が見えてくる? アイテム情報雑誌『GetNavi』の編集長が10のキーワードを解説。1.高機能ほったらかし調理家電 2.食材キット×調理家電 3.部屋なじみホットプレート 4.お手軽本格ティータイム家電 5.マイスペック調理家電 6.インテリア家電 7.自動ゴミ収集ドック搭載ロボット掃除機 8.換気機能付きエアコン 9.骨伝導ヘッドセット 10.メタバース用デバイス

長引く巣ごもりで、家での食事がマンネリ化している人は多いのではないでしょうか。そこで注目したいのが、卓上で調理自体を“エンタメ”として楽しめる調理家電。最近はコンパクトな少人数向けも増えてきています。手のひらサイズの流しそうめん器から、プチ居酒屋を開けるグリル、食パン1枚でできるホットサンドクッカーなどを、家電のプロが11点紹介!