本・書籍
2019/1/7 21:45

人生には3度転機があり、あなたは3つの運命を背負っている――「ゲッターズ飯田の五星三心占い 決定版」

新しい年が始まった。多くの人が気になるのが「今年の運勢」ではないだろうか。初詣でおみくじを引いた人も多かろう。

 

私自身、「占いなんて、当たるも八卦当たらぬも八卦」などと心のどこかで思いつつも、雑誌の最後に星占いがあれば読んでしまうし、機会があるならば占い師と呼ばれる人に占ってもらいたい。そして、できればよく当たると評判の占い師がいい。

 

ここ数年、芸能界きっての占い師といえば、ゲッターズ飯田氏だろう。今年の正月番組でもよく見かけた。占われたタレントはみな「当たってる…!」と驚いているし、彼が毎年出している占い本は、私の知人にも愛読者がいる。

 

はて、どれほど当たるものなのか。ゲッターズ飯田氏の占いの集大成ともいえる本『ゲッターズ飯田の五星三心占い 決定版』(朝日新聞出版・刊)が出版されたというので、この年末年始はじっくり占いに勤しんでみた。

 

 

「五星三心占い」とはなんだ?

そもそも占いにはいろいろなジャンルがある。星占いに手相、タロット、四柱推命などなど。

 

はたしてゲッターズ飯田氏の占いは何かというと、「五星三心占い」というものなのだとか。

 

なんでも、中国に昔から伝わる陰陽五行説「木、火、土、金、水」の5つに、それぞれ「陰陽」がある、つまり合計10パターンあるというのが「五星」。

 

加えて、心のリズムを表す「天、海、地」の3つに、それぞれ「陰陽」があると考えて6パターン。さらに「金銀(表裏)」で合計12パターン。

 

これら10パターンと12パターンを掛け合わせた全120タイプに分けられたものが、ゲッターズ飯田氏の五星三心占いなのだそうだ。おなじみ星占いが12パターンだから、120パターンといえばかなり詳細な占いであることがわかる。

 

 

誰しも3つの運命を背負っている

『ゲッターズ飯田の五星三心占い 決定版』では、3つの命数をカギに占い結果を見ていく。というのも、人生は幼少期~青年期、青年期~壮年期、壮年期~老年期の3段階で変化する、つまり人は3つの運命を背負っているのだとゲッターズ飯田氏。

 

このことから、「一生変わらない部分」の上に、第1の命数「ベースとなる性質」(1つ目の人生)があり、その上に乗るのが第2の命数「個性」(2つ目の人生)、そして一番上には第3の命数「才能」(3つ目の人生)が乗る。これらすべてを混ぜ合わせたのが、私という人間そのものというわけだ。

 

なお、3つの運命の切り替わり時は人によって異なるため、何歳から何歳までが第1の命数なのか、今の自分がどの命数の時期にあたるのかは一概には言えないのだそう。

 

自分の本質を覗くのは少々怖い気もするが、早速、自分の命数を調べて占い結果を読んでみた。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON