ビジネス
エクセル時短術
2016/11/21 20:20

【Excel】「合計」だけじゃもったいない!計算時間が驚くほど縮まる「オートSUM」超活用術

エクセルの表計算でよく使う関数といえば、合計を求めるSUM(サム)関数ですよね。「オートSUM」ボタンを使って簡単に合計を入力できます。では、累計や小計、総合計はどう計算していますか。実はこれらも「オートSUM」ボタン使って簡単に算出することができます。「オートSUM」ボタンを活用して一発で計算してみましょう。

 

累計を計算する

累計を計算するには、「オートSUM」ボタンを使い、計算範囲を「絶対参照:相対参照」と指定します(絶対参照・相対参照の詳細についてはコチラ)。

094-01
↑ 累計を求めるセルを選択します

 

094-02
↑ 「ホーム」タブの「オートSUM」ボタンをクリックします

 

094-03
↑ 「=SUM(B2)」などと入力されます(数式は表によって異なります)

 

094-04
↑ 数式を「=SUM($B$2:B2)」に修正し、Enterキーを押します

 

094-05
↑ 累計が計算されます。セルを選択し、■をドラッグしてコピーします

 

094-06
↑ 累計が表示されます。セル左上に緑三角形が表示されますが、エラーではないので無視します

 

小計を計算する

小計は、計算範囲を選択し、「オートSUM」ボタンをクリックします。

094-07
↑ 小計の計算範囲を選択します。一つ目はドラッグして選択し、二つ目以降はCtrlキーを押したままドラッグして追加します。最後に「オートSUM」ボタンをクリックします

 

094-08
↑ 小計欄に小計が表示されます

 

総合計を計算する

小計が表示されている場合は、総合計を求めるセルを選択し、「オートSUM」ボタンをクリックするだけで総合計が計算されます。

094-09
↑ 総合計を求めるセルを選択し、「オートSUM」ボタンをクリックします

 

094-10
↑ 小計のセルが選択されたSUM関数が入力されます。Enterキーを押します

 

094-11
↑ 総合計が表示されます

 

累計、小計、総合計の計算、いかがでしょうか。「オートSUM」ボタンで簡単に計算できます。試してみましょう。

TAG
SHARE ON