マンガ
2017/6/26 17:12

【体験レポート】ネット通販大好きマンガ家が「スマホで外でもドアホン」を導入したら……?

ネット通販が拡大するなか、配送時の届け先不在による「再配達問題」が深刻になっています。これを受けて、荷物を受け取る側も、指定した配達時間内のちょっとした外出はもちろん、シャワーやトイレに入ることもためらわれがち。「スマホで外でもドアホン」は、そんなストレスを解消します!

 

【今回お試ししたアイテム】

20170621_y-koba2_03_R

パナソニック
ワイヤレスモニター付テレビドアホン


モニター親機をネットにつなぐと、来客時にスマホへ通知。映像と音声でリアルタイムに応対可能です。来訪者の映像はモニター親機に録画。

 

スマホはいつでも肌身離さず持っているから聞き逃さない

少しの間だけ外出して、戻ってきたら宅配便の不在票が入っていた。自宅にいたのに作業をしていて来客に気付かなかった。そんな経験を持つ人は多いでしょう。ネット通販を頻繁に利用するマンガ家の鈴木みそさんもそのひとり。

20170621_y-koba2_11
↑マンガ家・鈴木みそさん。夫婦揃ってネット通販のネット通販のヘビーユーザー。1日数回の配達があり、気軽に外出できないのが悩み

 

「自宅の地下1階に仕事場があるので、作業しているときは気づかないことがあります。そのため、大事な荷物が届くときは、逃さないようスタンバイしていなければなりません。マンガを描くのに集中できないことがツラいですね」 (みそさん)

 

そんなジレンマを解決するのが、来客時にドアホンとスマホが連動して通知されるパナソニックの「スマホで外でもドアホン」です。「作業中でも外出する際もスマホは肌身離さず持っているので、気づかないことはほぼないです。ジョギング中にすぐ応対できるのも便利。コレ欲しい!」(みそさん)

20170621_y-koba2_01

20170621_y-koba2_02_2

 

 

【まとめ】

「スマホで外でもドアホン」はココが便利!

■屋外にいても来客がわかる

20170621_y-koba2_06_R

ドアホンが押されるのとほぼ同時にスマホへ通知。外出先はもちろん、自宅内で作業しているときなどもすぐ気づけるので、再配達となってしまうことを防げます。

 

■リアルタイムで応対できる

20179621_y-koba2_05_R

スマホを通じて来訪者とリアルタイムで会話できます。宅配業者に再配達の依頼をしたり、帰宅した子どもとコミュニケーションを取ったりすることが可能です。

 

■映像は自動で録画される

20170621_y-koba2_04_R

モニター親機の本体メモリーに1件約30秒の動画を100件、SDカード(別売)に3000件(※1)の録画が可能。誰が来訪して、何を言ったのか、後からチェックすることができます。
※1:SDカードの容量によって異なる

 

■製品の詳細はコチラ

 

【プラスαでさらに便利】

ワイヤレスカメラで拡張してホームセーフティ!

テレビドアホンと合わせてワイヤレスカメラ(別売)を使えば、 生活がより便利で安全に。ここではオススメの2アイテムを紹介!

 

スマホと双方向でコミュニケーションできる

20170621_y-koba2_08_R

パナソニック
おはなしカメラ
KX-HC500-W

屋内用の見守り&コミュニケーションカメラ。外出中にスマホからカメラに発信できるだけでなく、カメラのワンタッチボタンを押して登録したスマホを呼び出しにも対応。双方向会話が行えます。遠隔から子守唄を鳴らす機能も搭載。

20170621y-koba2_10_R
↑自宅にいる子どもと手軽に会話できます。留守中にペットの様子を見守 ることも可能

 

LEDライトを搭載し、夜間もモニター可能

20170621_y-koba2_07_R

パナソニック
センサーライト付き屋外ワイヤレスカメラ
VL-WD813

LEDライトを搭載するワイヤレスタイプの屋外用カメラ。テレビドアホンと連動することで、室内のモニターやスマホで映像と音をチェック可能。検知時の様子はモニター親機のSDカードに自動で録画されます。

20170621_y-koba2_09_R
↑外の様子を映像と音でチェック。暗いときは赤外線LEDライトが点灯し、白黒映像に

 

 

TAG
SHARE ON