グルメ
2017/1/20 11:30

「米+おかず」で意外と日本人好み? 南米・コロンビアの知られざる食文化を現地リポート

「海外の食べ物ってあんまり美味しくない」

 

これは海外を旅行したほとんどの人が思うことではないでしょうか? 筆者も同じくそう思います。海外を旅行してみて、タイ、イタリア、スペインなど一部の国の料理は美味しかったです。しかし、ほかの大半の国の料理は「食べられるけど美味しいとはお世辞にもいえない」というのが率直な感想です。

 

もちろん好みの問題もありますが、日本の食べ物が美味しすぎてハードルが相当に高くなってしまっているというのもあると思います。日本は近所のコンビニにでも美味しい食べ物がズラッと並んでる国ですから。

 

しかし、どうやらコロンビアに関しては、その「食べられるけど美味しいとはお世辞にもいえない国」から外してもよいのでは? と思うようになりました。しかも、コロンビアの食事は意外にも日本との共通点もあるのです。今回はそんなコロンビアの食事情についてご紹介します。

20170118_y-koba_colombia_R3

 

コロンビアは日本と同じで米+おかずが定番メニュー

日本人ならやっぱり米が食べたいですよね。実は、コロンビア人も米が好きで、ランチには炊いた米が必ずと言っていいほど含まれています。

 

そして、スーパーに行ってみると米がズラッと並んでいる光景を目にします。これは同じ中南米圏のメキシコが、タコスなどのトウモロコシを原料とする食べ物を主食としていることから考えても、かなり日本に近しいといえるのではないでしょうか?

 

コロンビアのランチでは、その米にプラスして、煮豆や肉、サラダが同じプレートに盛られています。レストランでランチを食べる場合には、それらが盛られたメインプレートの前に、スープとジュースも配膳されます。

 

では実際のランチの例をご紹介しましょう。

 

①牛肉ステーキランチ

20170118_y-koba_colombia2_2_R3

 

②レバーランチ

20170118_y-koba_colombia3_2_R3

 

③豚三枚肉のから揚げ「チチャロン」ランチ

20170118_y-koba_colombia4_2_R3

 

上記写真のランチだとスープ、ジュース付きで8000ペソ(約314円)。メインプレートのおかずの肉は牛肉、豚肉、鶏肉のステーキから選ぶことができます。「チチャロン」という豚の3枚肉を揚げた肉料理もコロンビア人に人気です。

 

ただ、チチャロンは見るからに油でコッテリしているため、ヘルシー志向な女性には不人気なよう。コロンビアでは、ヘルシー志向な女性がけっこう多いようで、「私、肉食べないの」という女性をたびたび見かけます。

 

スープが抜群に美味しい

筆者はコロンビア料理のなかでも特にスープが抜群に美味しいと思います。ちょっと疲れた日にレストランで美味しいスープを飲むと、なんだか自然と疲れもとれる、そんな気がしますね。

 

また、コロンビア人にとってもスープは「おふくろの味」を象徴しているのです。

 

スープ①アヒアコ

https://www.flickr.com/photos/reindertot/2689980308/

By Reindertot Flickr

筆者が最も好きなコロンビアのスープはアヒアコです。鶏肉とジャガイモが入ったクリームスープで、日本のシチューのような味がします。

 

スープ②サンコーチョー

Sancocho

By pravin.premkumar Flickr

サンコーチョーはコロンビアだけではなく中南米で食べられている、肉、ジャガイモ、にんじん、ユカ、トウモロコシを煮込んだスープ。鶏がらスープのようなダシが非常に美味しいです。コロンビアの場合、石鍋に入れて配膳されることが多く、趣があります。

 

スープ③モンドンゴ

La gástrica sopa de mondongo... @ Soppas, SV

By Roberto Rodríguez Flickr

モンドンゴはモツ煮込みです。濃厚な味で、もつ鍋が好きな人はおそらくこのモンドンゴも好きになることでしょう。モンドンゴはレストランによって味やニオイが異なりますが、そこそこ良いレストランのモンドンゴだと、まるで日本の美味しいもつ鍋のようです。

 

おやつは全体的に微妙、でも例外も

コロンビアの売店で売られている菓子パンをはじめとするおやつは、正直なところ美味しくありません。仲良くしているコロンビア在住のドイツ人の友達は「コロンビアのパンは段ボールだ」と酷評しています。ドイツ人は相当パンにこだわりがあるらしく、どうしてもコロンビアのパンを許せないようです(笑)

 

そんなパッとしないコロンビアのおやつですが、2つだけ例外があります。

 

おやつ①ブニュエロ

Buñuelos cocinándose

By Cirofono Flickr

コロンビアで筆者がよく食べているおやつは小麦粉とチーズを混ぜたものを油で揚げたブニュエロです。外はカリッと、中はふんわりとしていて非常に美味。程よくチーズの味が効いて、甘すぎないところもグッドです。

 

おやつ②エンパナーダ

Empanadas

By Nicholas Lundgaard Flickr

エンパナーダはトウモロコシ粉の生地でひき肉やジャガイモの具材を包み油で揚げたもの。路上の屋台でもよく販売されており、小腹が空いた時につまむおやつです。ワカモレというアボカドのソースやバーベキューソースなどをつけて食べると非常に美味しいですね。

 

コロンビア料理は日本でも味わえる!

ご紹介したようにコロンビア料理には美味しい料理がたくさんあるのですが、ひとつだけ問題点もあります。それは野菜を使った料理が極端に少ないことです。野菜を摂取したい場合は自炊するか、もしくはサブウェイにサンドウィッチを食べに行って野菜を摂取するしかありません(笑)。

 

コロンビア料理はレアなものの、日本にもいくつかレストランがあります。興味のある方はコロンビア料理のレストランに行ってみてはいかがでしょうか? ぜひ、コロンビアのおふくろの味ともいえるスープのアヒアコを食べてみてください!