グルメ
菓子
2018/8/22 11:00

【9/3はグミの日】各社の「限定新商品」を一足先に試食! 93人に93個のグミが当たる企画も開催

様々なお菓子のなかで、近年人気が高まっているのがグミ。データからも明らかで、調査会社の富士経済によると、2017年のグミの市場規模は2016年比で15.2%増の433億円。2022年には、529億円まで伸びると予測されています。このトレンドを支えているのが、日本グミ協会と各メーカー。毎年9月3日をグミの日と定め、今年も盛大な取り組みが企画されます。その目玉となる限定の新商品をチェックしに、発表会に行ってきました!

 

 

新作グミは限定発売が惜しいハイレベルなおいしさ

グミの日に向けて発売されるのは4つの企業の商品で、すべて8月20日から。スーパーを中心に、全国の取り扱い店舗に並ぶそう。メーカーは春日井製菓、カバヤ食品、カンロ、UHA味覚糖と、そうそうたる顔ぶれです。ひとつずつチェックしてみました。

↑春日井製菓「つぶグミ」

 

↑限定の「和ソーダミックス」。ゆず、梅、和梨という、3つの和の果物を使った特別なソーダグミで、味は甘さが控えめの大人なテイスト

 

グミの日の限定版は、どのメーカーの商品もオリジナルパッケージとなり、定番ブランドグミの既存味と新味を比較できる2袋入りとなります。たとえば、春日井製菓はソーダミックスのほかに和ソーダミックスが同梱されるという形。

↑カバヤ食品「タフグミ」

 

↑3袋並んだ中央のパッケージに2つのタフグミが入っています。右側が新味の「エナジードリンク味」

 

タフグミは大粒で強い弾力の、男らしい味が特徴です。新作はエナジードリンク味ということで、爽やかな酸味を効かせた「レッド」、マイルド甘味の「オレンジ」、シャープ刺激の「グリーン」の3種類。全体的に、よりパワフルな仕上がりだと感じました。

↑カンロ「ピュレグミ」

 

↑フェミニンなイメージのピュレグミですが、新作の「ビターレモン&コーラ」はダークカラーがベースのデザインで、男性ウケもよさそう

 

新味のビターレモン&コーラは、強炭酸コーラを思わせる刺激的なフレーバーが、苦みのあるレモンの酸味とマッチ。つぶグミの「和ソーダミックス」と似たような、大人テイストな仕上がりでした。

 

↑UHA味覚糖「コロロ」

 

↑新作は「洋梨」。コロロといえば、本物の果実のようなテクスチャーが魅力ですが、実力はいかに

 

驚いたのは、洋梨の果肉感までもが再現されていたこと。上品な甘みや、みずみずしさの完成度も高くてコロロらしさは健在でした。

↑マイクを持っているのは、日本グミ協会会長の武者慶佑さん。武者さんの司会で、各メーカーの担当者さんが、グミの日と新作に対する熱い想いを語りました

 

8月20日より一斉に発売される4つの新商品ですが、すべて数量限定のため売り切れる前に要チェックです。1袋で定番フレーバーとの味比べもできるので、ふだんはあまりグミを食べないという人もこの機会にぜひ! ちなみに、グミの日は9月3日ですが月曜ということで、前日の9月2日(日曜日)に原宿で前夜祭的なイベントが開催されます!

 

グミの食べ放題をはじめおいしい企画が盛りだくさん

タイトルは、その名も「原宿グミパ」。イベントスペースの「レンタルスペースさくら 原宿竹下」で、9月2日の14:00~18:00まで開催されます。また、8月20日からは原宿の竹下通り商店街にグミの日の横断幕を飾り、お祭りムードに盛り上げるという企画も開催。

↑「原宿グミパ」の目玉は、グミの食べ放題! そのほか各社によるグミのブース出展、フォトキャンペーンの写真展示、グミクイズなどが予定されています。入退場は自由ですが、混雑時は並ぶ可能性もあるのでご注意を

 

もしイベントに参加できなくても、うれしい企画が用意されています。それが93人に当たる、各社選りすぐりのグミ93個のプレゼント! これはお気に入りのグミの写真を「#グミの日」でSNSに投稿することでチャンスが生じる応募キャンペーン。

↑指定のTwitterアカウント、またはInstagramアカウントをフォローし、指定のハッシュタグを付けて投稿するキャンペーン

 

プレゼントキャンペーンはすでに開催されており、グミの日当日の9月3日まで。93個もあれば、かなり贅沢なグミライフを過ごせるはず。そのほか「AbemaTV」の番組や、仮想ライブ空間「SHOWROOM」で活躍するバーチャル SHOWROOMERなどとコラボレーションするなど、たくさんの企画が盛り込まれています。気になる人は公式サイトをチェックするといいでしょう。

 

TAG
SHARE ON