グルメ
スイーツ
2018/9/5 11:00

熱海で「プリン」が熱い!温泉よりも沸騰している「最新みやげ」を要チェック

海と温泉を楽しめる、首都圏からも近い名観光地といえば熱海。一時期は客足が最盛期の半分以下まで落ち込んだと言われていますが、ここ数年で活況を取り戻しており、特に若い世代に人気だそうです。そう聞けば、「また行ってみようかな」なんて思う人も少なくないはず。そして観光といえば、おみやげが欠かせません。実はこのカテゴリにもヒット作が生まれており、なかでも絶好調なのが「熱海プリン」です。

↑「熱海プリン」は全7種。中央が「熱海プリン いちごのプリン」で、左が「風呂まーじゅプリン」。ともに350円で、ソースが付いてきます

 

その人気ぶりはすさまじく、同じ熱海内に2号店がオープンするほど。ということで、その熱さを実感するべく新店に行ってみました。

 

“みんなで楽しむおふろ”を表現したユニークな店内

1号店の「熱海プリン」がオープンしたのは、2017年7月。こちらが熱海駅より徒歩3分の立地なのに対し、今年7月28日にオープンした「熱海プリンカフェ2nd」は徒歩12分の場所です。駅からは少々歩くものの、2ndが出店したのは「熱海銀座商店街」の通り沿い。

↑「熱海銀座商店街」。人だかりができているのが「熱海プリンカフェ2nd」です

 

この通りは、駅周辺よりも宿泊施設が多いうえに海から近い、熱海のメインストリートといえるスポットです。駅周辺だけでなく、この商店街も盛り上げていきたい。そんな想いが伝わってきました。

↑正面左側はテイクアウトスタンド。中央はおみやげが陳列されているコーナーで、右側はイートインスペースです

 

なお、1号店は売店スタイルで食事ができないのに対し、2ndは店名がカフェとなっているようにくつろげます。店に入って驚くのは、ユニークなデザイン。イートインスペースが、まるでお風呂のような設えになっているのです。

↑風呂屋のようなタイルが施された約15席のベンチ型シート。テーブルはなく、風呂桶をお盆代わりに使うという点も特徴的です

 

なんでも、古きよき温泉街である熱海にとけ込むようなどこか懐かしく、そしてかわいらしいデザインを。との想いで、温泉をテーマに“みんなで楽しむおふろ”を表現したのだそう。そして新店のカフェメニューも、やはり古きよき喫茶店文化を彷彿とさせる仕上がりでした。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON