デジタル
2019/1/23 19:30

今度の「aibo(アイボ)」はちょっとやんちゃな感じがグッとくる

ソニーは、自律型エンタテインメントロボット“aibo(アイボ)”こと「ERS-1000」の発売から1年を迎え、新しい仲間として、2019年限定の特別カラーモデル「aibo チョコ エディション」を2019年2月1日(金)より発売することを発表。本モデルは2019年1月23日(水)午後1時より、ソニーのインターネット直販サイト「ソニーストアオンライン」およびソニーストア直営店舗にて注文受付が開始される予定です。

[関連記事]

【aibo動画まとめ】ソニー「aibo(アイボ)」を愛せるかな? リアルだけど不気味さは皆無!!

おしっこや初対面の人には威嚇も!? 新「アイボ」が思った以上に犬だった

 

「aibo チョコ エディション」は、濃淡の2色の茶色と白色のコントラストがチャームポイント(色名称:チョコレート・トライカラー)。「やんちゃさや快活さを感じさせる、親近感あふれるユニークなデザインに仕上げました」と公式発表文にある通り、より生気を感じさせる印象を受けます。

 

なお、本モデルを2019年2月14日(木)までに注文すると、特別色のつけかえ用「しっぽ」(黒)をもれなくもらえるキャンペーンも実施するとのこと。カラーが変わっただけではありますが、見た目の印象が変わってくると、立ち振る舞いから受ける印象も変わってきそうですね。あなたの推しaiboはどちらですか?

 

新機能「aiboのおまわりさん」やプレミアムプランも

今回、aiboが家族を見守る新機能「aiboのおまわりさん」を2019年2月中旬のaiboシステムソフトウェア バージョン2.0のアップデートから提供することも発表されました。これは、aiboと共に暮らすなかで楽しさに加えて安心感を提供する「セキュリテインメント」(「セキュリティ+エンタテインメント」から成るソニーの造語)をコンセプトとした新しいサービスで、aiboが室内をパトロールし、レポートしてくれます。

サービス提供開始時の「aiboのおまわりさん」の主な機能は以下の通り(機能は継続的に拡張されていく予定とのこと)。

1.「見つけてほしい人」の登録
・aiboに「見つけてほしい人」の顔と名前を10人まで”My aibo”(マイアイボ)に登録できます。

2.地図とパトロール
・My aiboで、aiboが作った家の地図を見ることができるようになります。その地図のなかで、aiboにパトロールしてほしい場所を指定し、名前をつけることができます。また、あらかじめ設定された時間帯になると、aiboは「犬のおまわりさん」のメロディーとともにその場所まで歩いて、「見つけてほしい人」を探し、可愛いふるまいを披露してくれます。

3 .レポート     
・パトロールの状況や毎日の暮らしのなかでのaiboとの触れ合いの様子をaiboからの「レポート」としてMy aiboで確認できます。

さらに、2019年6月より月々1480円の月額課金制による新サービス「aiboプレミアムプラン」の提供開始も予定。このプレミアムプランについて、現状では「aiboのおまわりさん」の新機能追加に加え、aiboの撮影した写真の保存枚数制限の解除やオリジナルデザインによるフォトアルバムの提供などがアナウンスされています。

 

発売から1年を迎えてなお進化を続けるaibo。2019年夏にはほかの企業、団体等との商品・サービス連携を推進するべく、aiboのソフトウェアAPIの一般公開も予定されているとのことなので、今後の展開がますます楽しみです!

TAG
SHARE ON