デジタル
通信機器
2021/7/3 18:15

アパートのインターネット選びに悩んだら! おすすめ回線から窓口まで徹底解説します!

アパートのインターネット選びに悩んだら! おすすめ回線から窓口まで徹底解説します!

現在アパートにお住まい、もしくは引越し先のアパートでもインターネットを快適に使いたいと考えている人は多いでしょう。

アパートのネット導入状況によって、自分がどんな風に契約しなくてはいけないのか変わります。

【アパート状況別】インターネットを用意する方法

まずは、自分のアパートがどれに該当するかチェックしましょう。光回線を導入する場合は確認が必要になります。

もし、そんなに手間をかけることなく早くインターネットを導入したい人は、ホームルーターかモバイルWi-Fiにしましょう。

助手のジョン

おすすめの回線をすぐに知りたい人のために光回線・ホームルーター・モバイルWi-Fiの3種類でそれぞれまとめたからチェックしてみてね。

【それぞれのおすすめ回線】

<光回線>使っているスマートフォンに合わせて選ぼう!

※クリックで各項目にジャンプします

この記事では、アパートでインターネット引く方法とおすすめの回線を詳しく解説しています。

自分がどんな回線が適しているのかは人によって違いますので、この記事を参考に納得いくインターネット選びをしてくださいね。

※この記事は、2021年7月時点での情報です。

まずインターネットがアパートに引かれているか確認しよう

チェック

アパートで引けるインターネット回線は、3種類あります。

【アパートで引けるインターネット回線】

光回線の場合、申し込み前にアパートのインターネット状況を確認しておきましょう。

博士

Webに公開されている賃貸情報を閲覧するか、大家さんや不動産屋さんに問い合わせることで確認をすることができるよ。

ホームルーターとモバイルWi-Fiであれば、アパートのインターネット状況にかかわらず契約可能です。

【アパート状況別インターネットの導入方法】

博士

ひとつずつ簡単に解説していくぞ!

【インターネット完備】そのまますぐに使える

インターネット完備のアパートは、どの部屋でもインターネット通信を自由に利用できます。

自分でインターネット回線を申し込む必要がなく、住んだその日から利用をはじめられ、とても魅力的な物件です。

しかし、インターネット完備のアパートには注意点もあります。

【インターネット完備のアパートの注意点】

  • 他回線に比べ、速度が遅い傾向にある
  • 自分で新たに新規回線を導入することが難しい

アパートに完備されているインターネット回線が遅いと感じた場合は、別途自分でWiFiを用意することも検討しましょう。

【インターネット完備のアパートで使える回線】

  • 光回線:新規導入が許可されれば利用可能
  • ホームルーター:利用可能
  • モバイルWi-Fi:利用可能

【インターネット対応】自分で申し込みをする必要がある

インターネット対応とは、部屋にはインターネットが通っていませんが、すでに何らかの回線設備が導入されているアパートです。

そのため、部屋でインターネットを利用したい場合は自分で回線を契約する必要があります。

【インターネット対応のアパートで使える回線】

  • 光回線:大家さんから許可を得られたら利用可能
  • ホームルーター:利用可能
  • モバイルWi-Fi:利用可能

【インターネット非対応】新規申し込みorモバイル回線を使う

インターネット非対応のアパートとは、上記ふたつのアパートとは違い、どの部分にもインターネット環境が整っていません

博士

そのうえ、新たに回線工事を行うことも、ほとんど不可能に近い…!

ですので、インターネット非対応のアパートにお住まいでインターネット通信を利用したい場合は、ホームルーターかモバイルWi-Fiを利用しましょう

【インターネット非対応のアパートで使える回線】

  • 光回線:許可がおりれば可能だが、ほとんどの場合工事が不可能
  • ホームルーター:利用可能
  • モバイルWi-Fi:利用可能

つぎにアパートに引けるインターネットの種類とおすすめの人を知っておこう

インターネットの種類

自身のアパートの利用状況によって、引ける回線と引けない回線があることが分かったと思います。

博士

では、次にどの回線を引くか決めよう!

アパートで引ける3種類の回線とそれぞれがおすすめの人はつぎのとおりです。

【インターネットをアパートに引く方法】

【光回線・ホームルーター・モバイルWiFi比較表】
光回線ホームルーターモバイルWi-Fi
速度
工事の必要必要不要不要
持ち運び××

安定した高速通信でネットを頻繁に使うなら光回線にしよう!

光回線とは、光ファイバーを採用しているインターネット回線を指します。

回線の引き込み工事は必要ですが、その分大容量かつ安定した高速通信が利用できます。

助手のジョン

アパートに光回線を引くには、まずは大家さんに回線工事を行ってよいか確認を取らなければいけないよ。

許可がおりた場合は、各光回線に申し込み、開通工事を行い、ルーターの初期設定をして利用をはじめられます。

【光回線概要】
メリット・もっとも通信速度が速く、安定している
・スマホとのセット割が適用可能
デメリット・回線工事が必要
・新規の場合は工事の許可が必要
特徴・データ容量の制限がないうえに、通信速度が速く安定している回線
・容量の大きいデータ通信やオンラインゲームもサクサク利用可能

上記メリットなどを考慮したうえで、光回線がおすすめできるのは以下のような人です。

【光回線がおすすめの人】

  • アパートに光回線を引き込む許可がおりた人
  • オンラインゲームなど容量の大きいデータ通信を行う人
  • スマホとのセット割で通信費をお得にしたい人

面倒な工事不要&安定した通信なら「ホームルーター」

ホームルーターとは、「置くだけWiFi」とも呼ばれる、コンセントに挿すだけで簡単にインターネット通信が整うサービスです。

博士

光回線と違い工事が要らないので、インターネット環境の有無にかかわらず、どのアパートでも利用できます♪

申し込み後に端末が届いたら、自宅のコンセントに挿し、初期設定をすると、インターネット環境が整います。

【ホームルーター概要】
メリット・モバイルWiFiよりは速度が速く安定
・工事不要で簡単に利用できる
デメリット・光回線よりは速度が劣る
・提供会社やプランが少ないため、選択肢が狭い
特徴・コンセントに挿すだけで安定した通信が利用できる

上記メリットなどを考慮したうえで、ホームルーターがおすすめできるのは以下のような人です。

【ホームルーターがおすすめの人】

  • アパートでの回線工事ができない人
  • すぐにインターネット通信を利用したいが、安定した速度も欲しい人
  • 料金プランの選択肢が少なくても構わない人

家でも、外でも使いたいならモバイルWi-Fi!

モバイルWi-Fiとは、自宅のみならず外出先でもWiFiが利用できるモバイル回線のことです。
軽量かつコンパクトなルーターを持ち運ぶことで、どこにいてもインターネット環境が整えられます。

博士

モバイルWi-Fiはホームルーター同様、利用開始に工事は不要です。
申し込み後に端末が届いたら、簡単な初期設定をするだけで利用できますよ。

助手のジョン

それに、コンセントに挿しっぱなしにしておく必要もないんだよ!手軽だね!

博士

ただし充電式のため、充電がなくなるとインターネットが利用できなくなってしまうことに注意が必要だよ。

【モバイルWiFi概要】
メリット・持ち運び可能
・豊富な選択肢がある
デメリット・もっとも速度が不安定で遅くなりやすい
・データ容量の制限がある
特徴・家でも、外でも利用できる

上記メリットなどを考慮したうえで、モバイルWi-Fiがおすすめできるのは以下のような人です。

【モバイルWi-Fiがおすすめの人】

  • 自宅だけでなく外出先でもインターネット通信を利用したい人
  • 豊富な選択肢のなかから自分にピッタリのプランを選びたい人
  • データ容量の大きい通信をあまり利用しない人

【光回線編】アパートで使いたいおすすめのインターネット

光回線

アパートで利用する光回線を選ぶときは、使っているスマホキャリアとのセット割が適用できるものを選ぶとよいでしょう。
auの「auスマートバリュー」やソフトバンクの「おうち割 光セット」、ドコモの「ドコモ光セット割」が適用できれば、どのセット割も最大1,100円の割引を受けられますよ。

博士

たとえばドコモの「5Gギガホ」を利用中の場合、月8,415円が7,315円となるため年間で13,200円もお得になります。

よりお得にアパートで光回線を使いたい場合は、実質料金での比較も大切です。

助手のジョン

実質料金とは、初期費用や各種割引を適用した、実際に支払う料金を指すよ。

光回線各社のホームページなどに記載されているのは、ほとんどが月額料金です。

実質料金は自分で計算する必要があります。

【実質料金の計算方法】

  • 2年実質月額の場合
    (月額合計+初期費用+必須オプション-キャンペーン還元額)÷24
  • 3年実質月額の場合
    (月額合計+初期費用+必須オプション-キャンペーン還元額)÷36

今回は上記実質料金をふまえて、アパートで使うおすすめの光回線をご紹介します。
今使っているスマホキャリアごとに紹介するので、自分にあったものを選びましょう。

【アパートで使いたいおすすめの光回線】

※クリックで各項目にジャンプします

ソフトバンクユーザー:NURO光

NURO光

まずは、ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線をご紹介します。
北海道・関東・東海・関西・九州のアパートにお住まいかつ、ソフトバンクスマホを利用中の人は、「NURO光」を検討してみましょう。

【NURO光概要表】
対応エリア(戸建て)北海道・関東・東海・関西・中国・九州
月額料金5,217円
契約期間の縛り2年
初期費用契約事務手数料3,300円
工事費44,000円
実測速度下り速度479.71Mbps
上り速度413.17Mbps
2年実質月額4,013円
2年実質総額96,300円
キャンペーン・最大45,000円キャッシュバック
・おうち割 光セット
・基本工事費44,000円実質無料
・設定サポート1回無料
・NUROでんきセット割
・NUROガスセット割

※金額は税込

NURO光は、ソフトバンクのおうち割 光セットが適用できる光回線です。

また、最大2Gbpsという高速通信が利用でき、通信速度も良好なインターネット環境を整えられますよ。

【NURO光のおすすめポイント】

  • ソフトバンクスマホとの「おうち割 光セット」が適用可能
  • 最大2Gbpsという高速通信が利用できる
  • 公式特設サイトからの申し込みでキャッシュバック(最大45,000円)を受け取れる

上記にも記載しているとおり、NURO光を公式特設サイトから申し込むと、高額キャッシュバックを受け取れます。

ソフトバンクユーザーはセット割と併用してさらにお得になるため、申し込みはNURO光公式特設サイトから行いましょう。

NURO光 × NURO公式特設サイトの詳細はこちらから

NURO光がエリア外・ワイモバイルユーザーの場合:ソフトバンク光

NURO光は、ソフトバンクユーザーにとってとても魅力的ですが、現在は北海道・関東・東海・関西・九州のアパートにしか対応していません。

そのため、上記エリア以外のソフトバンクユーザーや、ソフトバンク系列の格安SIMであるワイモバイルユーザーの人は「ソフトバンク光」を検討してみましょう。

【ソフトバンク光概要表】
対応エリア(戸建て)フレッツ光ネクストと同エリア
月額料金5,720円
契約期間の縛り2年
初期費用契約事務手数料3,300円
工事費26,400円(乗り換えだと実質無料)
実測速度下り速度300.29Mbps
上り速度193.28Mbps
2年実質月額5,966円
2年実質総額143,180円
キャンペーン・おうち割 光セット
・最大37,000円キャッシュバック
・【乗り換え限定】工事費26,400円実質無料
・【乗り換え限定】違約金最大10万円補填
・高速無線ルータープレゼント
・Nintendo Switchプレゼント
・あんしん乗り換えキャンペーン
・おうち割 光セット スタートキャンペーン

※金額は税込

ソフトバンク光のエリアはフレッツ光ネクストと同エリアのため、日本全国広範囲に対応しています。

NURO光同様、おうち割 光セットが適用され、NURO光がエリア外のソフトバンクユーザーでもお得です。

ワイモバイルユーザーも、ソフトバンク光であればおうち割 光セット(A)を適用できます。

ソフトバンクスマホに比べて割引率が高く、月1,188円お得になりますよ。

【ソフトバンク光のおすすめポイント】

  • NURO光よりも対応エリアが広い
  • ソフトバンクユーザーもワイモバイルユーザーもセット割が適用可能
  • NEXTからの申し込みでキャッシュバック(最大37,000円)を受け取れる

ソフトバンク光の申込窓口も多数存在しますが、上記のとおりキャッシュバック(最大36,000円)を受け取れるNEXTがお得です。

ソフトバンク光 × NEXTの詳細はこちらから

ドコモユーザー:ドコモ光

ソフトバンクユーザーのつぎは、ドコモユーザーへおすすめの光回線をご紹介します。

ドコモユーザーは、セット割が適用できるのが「ドコモ光」のみです。

【ドコモ光概要表】
対応エリア(戸建て)フレッツ光ネクストと同エリア
月額料金5,720円
契約期間の縛り2年
初期費用契約事務手数料3,300円
工事費19,800円
実測速度下り速度246.36Mbps
上り速度187.22Mbps
2年実質月額5,574円
2年実質総額133,780円
キャンペーン・ドコモ光セット割
・最大20,000円キャッシュバック
・開通前にモバイルWiFi無料レンタル
・工事費無料+dポイントプレゼント
・高性能WiFiルーター無料

※金額は税込

ドコモ光はフレッツ光の回線を借りている光コラボ回線のため、日本全国ほとんどのアパートで利用できるでしょう。

【ドコモ光のおすすめポイント】

  • ドコモスマホとのセット割が適用できる唯一の光回線のため、ドコモユーザーはお得
  • ネットナビからの申し込みでキャッシュバック(最大20,000円)やdポイントを受け取れる
  • ネットナビからの申し込みで、開通前にモバイルWi-Fiを無料レンタルでき、インターネット環境が開通前に整う

上記のとおり、ドコモ光をネットナビの窓口から申し込むことで、キャッシュバックや開通前サポートなど、豊富な特典を受けられます

ドコモユーザーの人は、セット割とお得な特典を併用して、よりお得にドコモ光を申し込みましょう。

ドコモ光 × ネットナビの詳細はこちらから

auユーザー:auひかり

ソフトバンクユーザー・ドコモユーザーに続いて、アパートにお住まいのauユーザーへおすすめの光回線をご紹介します。

auユーザーは、まず「auひかり」を検討するとよいでしょう。

【auひかり概要表】
対応エリア(戸建て)関西・中部一部エリアを除く日本各地
月額料金5,610円
契約期間の縛り3年
初期費用契約事務手数料3,300円
工事費41,250円
実測速度下り速度379.35Mbps
上り速度270.03Mbps
3年実質月額4,180円
3年実質総額150,490円
キャンペーン・auスマートバリュー
・最大65,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・乗り換えの場合上乗せキャッシュバック
・開通月利用料金無料
・auひかり新スタートサポート

※金額は税込

auひかりはauスマートバリューが適用できるため、auユーザーはお得に光回線を利用できます。

【auひかりのおすすめポイント】

  • auスマートバリューが適用できるためauユーザーはお得
  • auひかり新スタートサポートで他社からの乗り換えの人もお得
  • NEXTからの申し込みでキャッシュバック(最大55,000円)を受け取れる

NEXTからauひかりを申し込むと、面倒な申請手続きなしで最短翌月にキャッシュバックを受け取れます
キャッシュバックを行っているauひかり申込窓口は多数存在しますが、面倒な手続きや、振り込みが遅い場合がほとんどです。
そのため、簡単かつすぐにキャッシュバックを受け取れるNEXTは、優良な申込窓口といえます。

auひかり × NEXTの詳細はこちらから

auひかりがエリア外だった場合:So-net光プラス

auユーザーは、フルコミットからのauひかり申込窓口がお得ですが、一部対応していないエリアもあります。
auひかりが対応していないエリアの人は、「So-net光プラス」を検討しましょう。

【So-net光プラス光概要表】
対応エリア(戸建て)フレッツ光と同エリア
月額料金6,138円
(1年目は2,980円)
契約期間の縛り3年
初期費用契約事務手数料3,300円
工事費26,400円
実測速度下り速度285.78Mbps
上り速度196.51Mbps
3年実質月額5,549円
3年実質総額199,770円
キャンペーン・auスマートバリュー
・v6プラス対応高速ルーター永年無料レンタル
・総合セキュリティソフト無料
・訪問設定サポート無料

※金額は税込

So-net光プラスは光コラボなのでフレッツ光と同エリアに対応しており、auひかりが利用できない地域のアパートにお住まいの人でも契約可能です。
さらに、auスマートバリューによってauユーザーはお得になります。
また、v6プラス対応高速ルーター永年無料レンタルできるため、余計な費用なしで快適なインターネット環境を整えられますよ。

【So-net光プラスのおすすめポイント】

  • auスマートバリューが適用できるためauユーザーはお得
  • auひかりよりも対応エリアが広い
  • So-netからの申し込みで、v6プラス対応高速ルーター永年無料レンタルできる

So-net光プラスの申込窓口のなかでもっともお得なのは、特典やサポート体制が充実しているSo-netからです。

So-net光プラス × So-net公式の詳細はこちらから

格安SIMユーザー:速度に定評があるNURO光

NURO光

最後は、大手キャリアスマホではなく、格安SIMを利用中の人におすすめの光回線をご紹介します。

格安SIMユーザーは、通信速度に重点をおいて光回線を選ぶとよいでしょう。

光回線のなかには格安SIMとのセット割を提供しているところもありますが、大手キャリアスマホとのセット割に比べ、割引率が劣るものが多くみられます。

たとえば格安SIM「IIJmio」は、「IIJmioひかり」とのセット割が最大月660円です。

大手キャリアスマホのセット割は最大で月1,100円割り引きされるので、やはり格安SIMのセット割はお得率が低いことがわかります。

そのため、セット割の有無ではなく通信速度で選び、よりよいインターネット環境を整えることを最優先にしましょう。

速度重視で光回線を選ぶとなると、やはり「NURO光」をまず検討するべきです。

NURO光は最大2Gbpsという高速通信が特徴です。

【光回線実測値一覧】
下り速度上り速度
NURO光479.71Mbps413.17Mbps
ソフトバンク光300.29Mbps193.28Mbps
ドコモ光246.36Mbps187.22Mbps
auひかり379.35Mbps270.03Mbps
So-net光プラス285.78Mbps196.51Mbps

実測値を比較しても、NURO光は群を抜いて良好であることがわかります。

NURO光の申し込みは、キャッシュバックを受け取れる公式特設サイトを利用しましょう。

NURO光 × NURO公式特設サイトの詳細はこちらから

NURO光がエリア外だった場合:auひかり

NURO光がエリア外のアパートにお住まいの格安SIMユーザーは、「auひかり」を検討してみましょう。

auひかりはNURO光よりも対応エリアが広がり、申し込める確率も上がります。

先述した実測値比較表をみても、auひかりはNURO光に続いて優秀な値を出しています。

auひかりの申し込みは、簡単かつすぐに高額キャッシュバックを受け取れるNEXTを利用しましょう。

auひかり × NEXTの詳細はこちらから

どちらもエリア外だった場合:So-net光プラス

auひかりはNURO光よりも対応エリアは広く設定されていますが、一部利用できない地域もまだ存在します。

NURO光もauひかりもエリア外のアパートにお住まいの格安SIMユーザーは、「So-net光プラス」を申し込みましょう。

実測値比較表をみても、NURO光・auひかりに続いて速い速度が出ているのがSo-net光プラスです。

さらに、フレッツ光と同エリアに対応しているため、日本全国で利用できます。

So-net光プラスは、特典やサポート体制が充実しているSo-netから申し込みましょう。

So-net光プラス × So-net公式の詳細はこちらから

光回線を利用するまでの手順

アパートで光回線を利用したい場合は、以下5つの手順を行いましょう。

【アパートで光回線を利用するまでの手順】

1.アパートの大家さん、もしくは管理会社に光回線の引き込みができるか確認する
光回線は、工事が必要です。

そのため、集合住宅であるアパートに光回線を引き込みたい場合は、大家さんや管理会社の許可が必要になります。

許可なく工事を行うとトラブルになる可能性が大きいため、必ず許可を取りましょう。

2.インターネット対応状況やエリアを確認する
許可がおりたら、契約を検討している光回線の対応エリアを確認しましょう。

対応エリア外のアパートにお住まいの場合、契約をしてもインターネット通信が利用できません。

3.アパートで使いたい光回線を申し込む
対応エリア内であることがわかったら、光回線の申し込みをしましょう。

光回線の申し込みはオンラインから行うことで、スムーズかつお得に契約できます。

4.アパートで開通工事を行う
申し込み後、回線工事の日程を決め、指定の日時に工事を行います。

工事は立ち合いが必要な場合がほとんどなので、事前に予定を調整しておきましょう。

5.機器の初期設定をして利用開始

工事が終わり、ルーターやモデムの設定をすると、すぐに光回線の利用をはじめられます。

【ホームルーター編】アパートで使いたいおすすめのインターネット

WiFi

光回線のつぎは、アパートでの利用におすすめのホームルーターをご紹介しましょう。

ホームルーターは、光回線と違い工事不要で、アパートのコンセントに挿すだけでインターネット環境を整えられます。

さまざまな種類が提供されていますが、光回線同様に実質料金で選ぶことが大切です。

【アパートで使いたいおすすめのホームルーター】

※クリックで各項目にジャンプします

ホームルーターなら無制限で利用ができるモバレコエアーがおすすめ

ソフトバンクエアー(モバレコAir)のキャンペーンCTA

アパートでホームルーターの利用を検討している人は、まず「モバレコエアー」を検討するとよいでしょう。

モバレコエアーはデータ容量無制限で利用できるため、思う存分インターネット通信を楽しめます

【モバレコエアー概要表】
エリアソフトバンクの対応エリア
> ソフトバンクのエリア確認はこちらから
使用回線ソフトバンク
最大速度下り最大962Mbps
セット割キャリアソフトバンク
ワイモバイル
割引額最大月1,100円
契約期間2年
初期費用端末代金59,400円
事務手数料3,300円
月額料金1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,678円
25ヶ月目以降:5,368円
2年実質総額料金71,572円
2年実質月額料金2,982円
代表的なキャンペーン・おうち割 光セット
・あんしん乗り換えキャンペーン
・最大17,000円キャッシュバック

※金額は税込

モバレコエアーは、ソフトバンクが提供している「ソフトバンクエアー」と同じ機器を採用しています。

対応エリアや通信品質もソフトバンクエアーと変わりません。

また、ソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーは、セット割の適用が可能なのも大きな魅力といえます。

ほかの代理店と異なるのは、利用料金とモバレコエアー独自のキャンペーンのみです。

ソフトバンクエアーを使いたいけれど、どこで申し込めばよいか迷っている人は、データ容量無制限かつキャッシュバックも受け取れるモバレコエアーを選ぶとよいでしょう。

【モバレコエアーのおすすめポイント】

  • ソフトバンク、もしくはワイモバイルユーザーはセット割が適用可能
  • データ容量無制限で利用できる
  • 下り最大962Mbpsの高速通信可能

モバレコエアーの詳細はこちらから

速度重視で利用したい人は「WiMAX」

BroadWiMAX

速度を重視してホームルーターを選びたい人は、「WiMAX」がおすすめです。
WiMAXは、ホームルーターとモバイルWi-Fiどちらも申し込めます。

「ギガ放題プラン」を申し込めば、月間データ容量も無制限になり、データ容量が気になる人でも安心でしょう。

しかし無制限とはいっても、3つの速度制限が設けられています。

【WiMAXの3つの速度制限】

  • 3日間で10GB以上使うと中速に制限
  • ハイスピードプラスエリアモードを7GB以上使うと超低速制限
  • 標準プランを7GB以上使うと超低速制限

中速での制限の場合は最大1Mbpsであり、スマホなどの通常利用は問題ありません。

けれども、低速制限の場合は最大128kbpsと、とても厳しい制限です。

低速に制限されてしまった場合、ホームルーターやモバイルWi-Fiが使い物にならないレベルと思っておきましょう。

WiMAXには多数のプロバイダや申込窓口が存在しますが、「Broad WiMAX」が割引や特典も豊富のため、おすすめです。

【Broad WiMAX概要表】
エリアWiMAXと同様
> WiMAXのエリア確認はこちらから
使用回線WiMAX
au
最大速度下り最大1.2Gbps
セット割キャリアau
UQモバイル
割引額au…1,100円
UQモバイル…550円
契約期間3年
初期費用端末代金0円
事務手数料3,300円
月額料金1~2ヶ月:2,998円
3~25ヶ月:3,752円
26ヶ月~:4,412円
3年実質総額料金143,424円
3年実質月額料金3,876円
代表的なキャンペーン・初期費用割引
・契約解除料負担
・端末代金0円
・現金5,000円キャッシュバック

※価格は税込

WiMAXはエリアが限られているため、お住まいのアパートがエリア内かどうか確認してから申し込みましょう。

【Broad WiMAXのおすすめポイント】

  • WiMAXのため速度が安定かつ良好
  • サポート体制も抜群
  • キャンペーンが豊富で、乗り換えや解約の人もお得に契約できる

Broad WiMAXであれば、乗り換えや解約サポートがあるため、他社からの乗り換えの人もお得です。

割引は料金割引型を採用しており、面倒な申請や受け取り忘れの心配がないことも大きなメリットでしょう。

さらに下記サイトからの申し込みで、今なら現金5,000円キャッシュバックに加え、初期費用も無料になります。

Broad WiMAXの詳細はこちらから

ホームルーターを利用するまでの手順

アパートでホームルーターを利用する手順は、以下の3ステップです。

【アパートでホームルーターを利用するまでの手順】

1.ホームルーターのエリアを確認する

ホームルーターの場合は工事が不要のため、大家さんの許可を取る必要はありませんが、必ず対応エリアを確認しましょう。

2.アパートで使いたいホームルーターを申し込む
対応エリア内であることがわかったら、申し込みをしましょう。

ホームルーターの申し込みはオンラインから行うことで、スムーズかつお得に契約できます。

3.コンセントに挿し、初期設定をして利用開始

申し込み端末が届いたら、アパートの部屋にあるコンセントに挿し、機器設定をすると、すぐに利用をはじめられます。

【モバイルWi-Fi編】アパートで使いたいおすすめのインターネット

WiFi

最後は、アパートで使うのにおすすめのモバイルWi-Fiをご紹介しましょう。

モバイルWi-Fiを選ぶ際は、実質料金はもちろん、データ容量も大きなチェックポイントです。

今回は、実質無制限のWiMAXと一般的に十分な容量とされる月間100GのモバイルWi-Fiの中でおすすめのものをピックアップしました。

【アパートで使いたいおすすめのモバイルWi-Fi】

※クリックで各項目にジャンプします

速度を求めるなら「Broad WiMAX」

BroadWiMAX

ホームルーター同様、速度を重視してアパートで使うモバイルWi-Fiを選びたい人は、「Broad WiMAX」がよいでしょう。

料金は多少上がりますが、「ギガ放題プラン」を申し込めば、無制限で利用できることもメリットです。

【Broad WiMAX概要表】
エリアWiMAXと同様
> WiMAXのエリア確認はこちらから
使用回線WiMAX
au
最大速度下り最大1.2Gbps
セット割キャリアau
UQモバイル
割引額au…1,100円
UQモバイル…550円
契約期間3年
初期費用端末代金0円
事務手数料3,300円
月額料金1~2ヶ月:2,998円
3~25ヶ月:3,752円
26ヶ月~:4,412円
3年実質総額料金143,424円
3年実質月額料金3,876円
代表的なキャンペーン・初期費用割引
・契約解除料負担
・端末代金0円
・現金5,000円キャッシュバック

※金額は税込

【Broad WiMAXのおすすめポイント】

  • WiMAXのため通信速度が良好
  • サポートやキャンペーンが充実
  • 乗り換えや解約の人もお得に申し込める特典が用意されている

Broad WiMAXはサポートやキャンペーンが充実し、料金割引型を採用しています。

面倒な申請や受け取り忘れの心配もなく、お得に利用できるでしょう。

Broad WiMAXの詳細はこちらから

小容量50GBなら「MONSTER MOBILE」

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)

50GBまでの小容量で良いという場合は、20GBからのプランを用意している「MONSTER MOBILE」がおすすめです。

縛りなし・ありの両方が用意されていて、縛りありのほうが割安になります。

迷ったときは、いつ解約しても違約金がかからない縛りなしのプランを選びましょう。

【MONSTER MOBILE概要表】
使用回線ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間なし/1年
月間データ容量20GB50GB
速度制限条件月20GB以上の利用月40GB以上の利用
月額料金2,640円(縛りなし)/2,090円(縛りあり)3,190円(縛りなし)/2,640円(縛りあり)
初期費用3,300円
キャッシュバック金額0円
2年間の実質料金69,300円(縛りなし)/55,550円(縛りあり)83,050円(縛りなし)/69,300円(縛りあり)
2年間の実質月額2,772円(縛りなし)/2,222円(縛りあり)3,322円(縛りなし)/2,772円(縛りあり)

※価格は税込

縛りありの契約期間は1年間なので、他社と比べて負担が軽くなりますよ。

1年以上契約を継続するなら縛りありを選んだほうがお得です。

MONSTER MOBILEを申し込む

中容量100GBなら「クラウドWiFi」がおすすめ

クラウドWiFi

100GBのWiFiのなかで1番のおすすめは「クラウドWiFi」です。

【クラウドWiFi】

【クラウドWiFiの概要】
使用回線ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間なし
月間データ容量100GB
速度制限条件月100GB以上の利用
月額料金3,718円
初期費用3,300円
キャンペーンなし
2年間の実質料金96,250円
2年間の実質月額3,850円

※価格は税込

注意点は、容量が上限に達したあとの速度です。

最大128kbpsという強い速度制限がかかるため、注意しましょう。

助手のジョン

128kbpsはWebサイトを見るのもつらくなるような速度だよ!

100GBなら、毎日3GB以上を消費できます。

動画を見る機会が多い人や、テレワークをする人でも対応できる容量ですよ。

クラウドWiFiを申し込む

中容量100GBを料金重視で選ぶなら「Mugen WiFi」

Mugen WiFi

アパートで使うモバイルWi-Fiはなるべく安いほうがよい人は、「Mugen WiFi」を検討しましょう。
Mugen WiFiは料金が安いことが特徴ですが、月100GB利用でき、容量が少ないわけでもありません。
料金の安さも容量も満足できる設定なので、料金重視の人に向いているモバイルWi-Fiです。

【Mugen WiFi概要表】
エリアドコモ・au・ソフトバンクの対応エリア
> ドコモのエリア確認はこちらから
> auのエリア確認はこちらから
> ソフトバンクのエリア確認はこちらから
使用回線ドコモ
au
ソフトバンク
最大速度下り最大150Mbps
セット割キャリア
割引額
契約期間2年
初期費用端末代金0円
事務手数料3,300円
月額料金3,718円
2年実質総額料金86,250円
2年実質月額料金3,450円
代表的なキャンペーン・30日間無料お試し
・最大10,000円キャッシュバック

※金額は税込

【Mugen WiFiのおすすめポイント】

  • 料金も安いうえに月100GBまで利用可能
  • お試しキャンペーンがあり、気軽に申し込める
  • クラウドSIM系モバイルWi-FiのためWiMAXよりもつながりやすい

Mugen WiFiはクラウドSIM系のモバイルWi-Fiです。

クラウドSIM系とは、大手キャリアの回線すべてを利用し、その場でもっともつながりやすい回線を自動選択するモバイルWi-Fiを指します。

そのため、WiMAXより対応エリアも広く、つながりやすいこともメリットといえるでしょう。

Mugen WiFiの詳細はこちらから

大容量200GBなら「ChatWiFi」がおすすめ

chatwifi

200GB縛りなしで契約したいなら「ChatWiFi」を選びましょう。

こちらもいつ解約しても違約金がかかりません。

【ChatWiFiの概要】
使用回線ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間なし
月間データ容量200GB
速度制限条件著しくネットワークを占有する通信を行った場合
月額料金4,928円
初期費用4,378円
キャンペーンなし
2年間の実質料金127,578円
2年間の実質月額5,103円

※価格は税込

hi-ho Let’s Wi-Fiと同じように、3大キャリアのメイン回線を使用してインターネットに接続できます。

契約はギガ容量に応じてモバイルルーターとSIMカードのいずれかを選択可能です。

博士

ルーターの持ち運びがいらないSIMカードは特に便利だね!

200GBは1日6~7GBを消費できる大容量プランです。

Netflixなどで動画を見る機会が多いという人にもおすすめします。

ChatWiFiを申し込む

大容量200GBを料金重視で選ぶなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」がおすすめ

hi-ho Let’s Wi-Fi

200GBを料金重視で契約したいという人にはhi-ho Let’s Wi-Fiがおすすめです。

契約途中で解約すると違約金がかかりますが、実質料金は抑えられます。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの概要】
使用回線ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間2年
月間データ容量200GB
速度制限条件1日で7GB以上の利用
月額料金1〜12ヶ月目:3,278円
13ヶ月目以降:4,730円
初期費用0円
キャンペーン
月額料金割引キャンペーン
2年間の実質料金100,826円
2年間の実質月額4,033円

※価格は税込

hi-ho Let’s Wi-Fiの端末は世界100ヶ国以上の海外でそのまま利用することも可能です。

海外でも使い慣れたルーターを利用したいという人も、hi-ho Let’s Wi-Fiをおすすめします。

博士
海外で利用した分は、追加で料金(1日1GBで1,067円または1,320円)が請求されるぞ。

hi-ho Let’s Wi-Fiを申し込む

モバイルWi-Fiを利用するまでの手順

アパートでモバイルWi-Fiを利用するまでの手順は、以下のとおりです。

【アパートでモバイルWi-Fiを利用するまでの手順】

1.モバイルWi-Fiのエリアを確認する

モバイルWi-Fiもホームルーター同様、利用に工事は不要のため、大家さんの許可を取る必要はありません。

しかし、申し込み前に必ず対応エリアを確認しましょう。

2.アパートで使いたい光回線を申し込む

対応エリア内であることがわかったら、モバイルWi-Fiの申し込みをしましょう。

申し込みはオンラインから行うことで、スムーズかつお得に契約することが可能です。

3.充電後、初期設定をして利用開始

申し込み端末が届いたら、初期設定をし、すぐに利用をはじめられます。

なお、モバイルWi-Fi端末の充電が切れてしまわないように、必ず充電しておきましょう。

まとめ

アパートでインターネット通信を行うには、光回線・ホームルーター・モバイルWi-Fiと3つの方法があります。

アパートのインターネット状況や通信速度、外出先での利用有無などで自分に合ったものを選びましょう。

なお、光回線の場合は工事が必要になり、アパートのインターネット状況はもちろん、大家さんの許可が必須です。

光回線の工事ができなかった場合は、以下のモバイルWiFiを契約しましょう。

【アパートで使いたいおすすめのモバイルWi-Fi】

※クリックで各項目にジャンプします

まずはどの程度の容量が必要なのか、ふだんのネットの使いかたを整理して考えることが大切です。

縛りなしはいつ解約しても違約金がかからないので、特におすすめの契約になります。

アパートで使えるインターネットの種類や申し込み方法、おすすめの回線までまとめて知りたい人は、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。