デジタル
通信機器
2021/4/10 18:00

【2021年最新】光回線をマンションで使うならここ! 知っておきたい注意点も徹底解説!

マンションでおすすめの光回線はこれだ

マンションで光回線を利用したい場合、マンションに光回線が「導入されている」か「未導入」かで対応が異なります

光回線の導入状況に応じた対応方法に加えて、マンションで契約するおすすめの光回線もあわせてご紹介。

またマンションに光回線が導入できない場合は、工事不要で利用できるモバイル回線も検討しましょう

本記事では光回線以外の選択肢や、マンションで光回線を使う際の注意点もあわせて解説しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

マンションで光回線を使いたい!まずはここをチェックしよう

マンションで光回線を使いたい場合は、まずマンションに光回線が導入されているかどうかの確認が必要です。

博士

光回線が導入されている場合と、未導入の場合で選択肢が違ってくるよ。

助手のジョン

まずはマンションに光回線が導入されているかチェックしよう!

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

それぞれのパターンを一つずつみていきましょう。

光回線がすでに導入されている場合

マンションに光回線が導入されている場合、そのまま光回線を利用できます

博士

・共用スペースまで導入されている場合
・部屋まで導入されている場合
導入されている場合はこの2パターンがあるよ!

光回線が共用スペースまで導入されている場合は部屋までの配線工事が必要です。

既に光回線が部屋まで導入されている場合は、契約をすれば利用可能

またマンションの光回線は、導入されている設備によって通信速度が異なります。

通信速度について詳しくは「マンションの設備によって通信速度は変わる」の項目で解説しているので見てみてくださいね。

インターネット無料のマンションもある

マンションの中には「インターネット無料」と記載のある物件もあります

インターネット無料の物件であれば、利用料金にインターネット料金も含まれているのでそのまま利用可能です。

また「インターネット対応」と記載されている場合は、インターネットを使う環境にできるという意味合いなので共用スペースまでしか光回線が導入されていません。

博士

インターネット対応物件の場合は、部屋まで開通させる配線工事が必要になるよ!

なおインターネット無料の物件は、家賃にインターネット料金が上乗せされている場合もあるのでチェックしてから申し込みましょう。

光回線が導入されていないマンションの場合

マンションに光回線が導入されていなかった場合は、以下の順番でチェックしていきましょう。

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

①光回線の導入が可能か確認しよう

まずマンションに光回線が導入されていなかった場合は、光回線の導入が可能な物件か確認しましょう

博士

光回線が導入できるかは、大家さんやマンションの管理会社に問い合わせすると確実だよ。

賃貸物件だと建物や管理の都合上開通工事ができない場合もあり、光回線が導入できないことも。

光回線の導入が可能であれば、次の「どの光回線が使えるか確認しよう」に進みましょう。

光回線の導入不可の物件だった場合は「光回線が導入できない場合は他の手段を考えよう」の項目で対処方法をチェックしてくださいね。

②どの光回線が使えるか確認しよう

マンションに光回線が導入可能だったら、次にマンションにどの光回線が対応しているか確認しましょう

大家さんや管理会社に問い合わせしたり、光回線各社のWebから確認することも可能です。

光回線各社のWebから調べる方法は「マンションでどの光回線が使えるか事前に確認する!」こちらの項目からチェックしてくださいね。

また光回線のマンションタイプが対応していない場合は、戸建てタイプの契約が可能な場合もあります

ただ無条件で戸建てタイプを使えるわけではなく、高層階など工事が困難な場合や、マンション自体が工事不可の場合などは利用できないことに注意が必要です。

③光回線が導入できない場合は他の手段を考えよう

光回線の開通工事ができないなど光回線が使えない場合は、光回線以外のインターネット回線を検討しましょう

工事の必要がなく使えるインターネット回線でおすすめは以下の2つです。

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

助手のジョン

ホームルーターもモバイルWi-Fiも工事不要で使えるよ!

光回線は自宅まで回線を引き込んで利用するため、安定した高速通信が可能です。

ホームルーターやモバイルWi-Fiは開通工事が不要なので、気軽に利用できますよ。

詳しくは「マンションで光回線が使えない場合は他の回線を検討しよう」の項目をチェックしてくださいね。

【2021年最新】マンションで使えるおすすめの光回線

マンションで利用できる光回線で、おすすめの回線をご紹介します。

まずは主要な光回線を、料金・速度・スマホセット割などで比較した表を見てみましょう。

回線契約期間月額料金実質月額
※1
特典スマホセット割工事費初期費用提供エリア平均通信速度(下り)
※2
ドコモ光2年4,400円4,084円20,000円
キャッシュバック

docomo
16,500円3,300円全国214.23Mbps
auひかり2年4,180円2,106円最大60,000円
キャッシュバック

au
33,000円3,300円北海道・東北・関東
甲信越・北陸・中国
四国・九州
194.37Mbps
NURO光
(NURO 光 G2 V)
2年5,217円3,868円45,000円
キャッシュバック

SoftBank
44,000円3,300円北海道・関東・東海
関西・九州
491.39Mbps
NURO光
(NURO 光 for マンション)
2,090~2,750円1,666〜2,300円25,000円
キャッシュバック
ソフトバンク光2年4,180円2,753円48,000円
キャッシュバック

SoftBank
26,400円3,300円全国236.61Mbps
ビッグローブ光3年4,378円4,073円最大30,000円
キャッシュバック

au
29,700円3,300円全国215.02Mbps
So-net光プラス3年48ヶ月目まで:2,728円
48ヶ月目以降:4,928円
3,859円月額割引
au
26,400円3,300円全国253.14Mbps
@nifty光3年4,378円4,043円30,000円
キャッシュバック

au
16,500円2,200円全国161.38Mbps
フレッツ光(西日本)2年12ヶ月目まで:4,235円
13〜24ヶ月目:4,565円
25ヶ月目以降:4,378円
5,447円16,500円880円西日本210.42Mbps
フレッツ光(東日本)4,235円5,289円東日本
OCN光3年3,960円4,169円20,000円
キャッシュバック
16,500円3,300円全国238.46Mbps
ぷらら光4,960円3,888円
(3年)
35,000円
キャッシュバック
16,500円全国209.54Mbps
DMM光2年4,158円4,608円
DMM mobile
月額550円割引
19,800円2,200円全国260.78Mbps
楽天ひかり3年1年目:1,980円
2年目以降:4,180円
4,358円
楽天モバイル
月額基本料1年無料
16,500円880円全国190.87Mbps

※ すべて税込価格
※1 実質月額は契約期間に応じて算出
※2 平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

光回線にはさまざまな種類がありますが、スマホとのセット割がある回線だとスマホ代が毎月割引になるためお得です。

利用しているスマホとのセット割があるおすすめの光回線は以下のとおり。

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

格安SIMのスマホを利用している場合は実質料金を重視して選ぶといいですよ。

それぞれのおすすめ光回線について一つずつみていきましょう。

docomoのスマホを利用なら「ドコモ光」がおすすめ

ドコモ光ネットナビ

引用:ネットナビ

docomoのスマホを利用している場合は、ドコモスマホとのセット割が適用になる「ドコモ光」がおすすめです。

ドコモ光の基本情報は以下のとおり。

ドコモ光
提供エリア全国
月額料金戸建て5,720円
マンション4,400円
最大通信速度1Gbps
※一部の地域限定で10Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り)214.23Mbps
セット割docomo
月額最大1,100円割引

※ すべて税込価格
※ 平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

ドコモ光のおすすめ申込窓口は「ネットナビ」で、オプション加入不要で20,000円のキャッシュバックが受け取れます

マンションタイプの月額料金は4,400円ですが、キャッシュバック特典を利用すると2年の実質月額料金は4,084円となりお得です。

さらに今ならドコモ光の公式特典として「新規工事費無料キャンペーン」も開催されているため、工事費がかかりません

博士

ドコモ光の工事費無料キャンペーンは不定期開催だから、開催されているときに申し込むとお得だよ!

ネットナビから申し込む場合はIPv6に対応した高性能のWiFiルーターも無料でレンタルできるので、あわせてチェックしてみてくださいね。

ドコモ光のキャンペーンを詳しくみる

auのスマホを利用なら「auひかり」がおすすめ

auひかりNEXT

引用:NEXT

auのスマホを利用している場合は、auスマホとのセット割(auスマートバリュー)が適用になる「auひかり」がおすすめです。

auひかりの基本情報は以下のとおり。

auひかり
提供エリア・北海道
・東北(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)
・関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県)
・甲信越(新潟県、山梨県)
・北陸(石川県、富山県、福井県)
・中国(鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県)
・四国(香川県、徳島県、愛媛県、高知県)
・九州(福岡県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県)
月額料金戸建て1年目 5,610円
2年目 5,500円
3年目以降 5,390円
ホーム1ギガ:ずっとギガ得プランの場合
マンション4,180円
マンション タイプV・都市機構の場合
最大通信速度1Gbps
※一部の地域限定で10Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り)194.37Mbps
セット割auスマートバリュー
月額最大1,100円割引

※ すべて税込価格
※ 平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

おすすめの申込窓口である「NEXT」から申し込むと、最大60,000円のキャッシュバックが受け取れます。

NEXTは、高額キャッシュバックが魅力の代理店です。

オプションを付けずにネットだけの申し込みでも50,000円の高額キャッシュバックを受けることができます

NEXTのキャッシュバックの内訳は以下のとおりです。

auひかりマンション「ネット」+「電話」
を申し込み
「ネット」のみ
申し込み
40,000円
+プロバイダ別
キャッシュバック特典
30,000円
+プロバイダ別
キャッシュバック特典

通常のキャッシュバックに加えて、契約するプロバイダによってさらにキャッシュバックを受け取れます

プロバイダごとの特典は以下のとおりです。

プロバイダタイプ対象プラン特典
so-netマンションお得プランA右記どちらか選択キャッシュバック
20,000円
キャッシュバック
20,000円

無線LANルーターレンタル
最大12ヵ月無料
BIGLOBEマンションお得プランAキャッシュバック
20,000円
@niftyマンションお得プランA右記いずれかを選択キャッシュバック
20,000円
月額1,350円割引(税抜)×11ヶ月

常時安全セキュリティ24×11ヶ月無料
キャッシュバック10,000円

Wi-Fiルータープレゼント
月額850円割引(税抜)×11ヶ月

Wi-Fiルータープレゼント

auひかりのキャンペーンを詳しくみる

SoftBankのスマホを利用なら「NURO光」

NURO光

引用:NURO光

SoftBankのスマホを利用しているなら、スマホとのセット割のある「NURO光」がおすすめです。

NURO光の基本情報は以下のとおり。

NURO光
提供エリア・北海道
・関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
・東海(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)
・関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)
・九州(福岡県、佐賀県)
月額料金戸建て5,217円
マンション2,090円〜
最大通信速度2Gbps
※一部の地域限定で6Gbps、10Gbps、20Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り)491.39Mbps
セット割SoftBank
おうち割 光セット
月額最大1,100円割引

※ すべて税込価格
※ 平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

NURO光には「NURO 光(G2 V)」と「NURO 光 for マンション」のプランがあります。

プランの違いは以下のとおりです。

コース名NURO 光
(G2 V)
NURO 光
for マンション
コース対象NURO光が
導入されていない
マンション
NURO光が
導入済みの
マンション
月額料金5,217円2,090~2,750円
(利用人数によって異なる)
契約事務手数料3,300円3,300円
最大通信速度2Gbps2Gbps
開通までの期間最短1~2週間1~3ヶ月程度

それぞれのプランについて、次の項目で解説していきますね。

快適な通信速度を求めるなら「NURO 光 G2 V」

NURO光

引用:NURO光

NURO 光(G2 V)は戸建て・マンション共に利用できるプランです。

戸建てプランとして部屋にNURO光を引き込むため、マンションタイプと異なり各戸と回線を共有しません

そのため夜間など回線が混雑しやすい時間帯でも、通信速度が遅くなりにくい特長があります

月額料金は5,217円とNURO 光 for マンションと比較すると高額ですが、NURO光公式から申し込むと45,000円のキャッシュバックが受け取れるため実質月額料金は3,868円です。

博士

安定して高速通信をしたいならNURO 光 G2 Vがおすすめだよ!

またNURO 光 G2 Vはマンションにも戸建てタイプでの導入が可能なため、マンションに光回線が未導入だった場合や、マンションタイプの最低利用人数である4人以上が集まらなかった場合でも申し込みが可能。

快適で安定した通信環境を構築することができますよ。

NURO光のキャンペーンを詳しくみる

ユーザーが増えるほど安い!「NURO 光 for マンション」

NURO光

引用:NURO光

NURO 光 for マンションは、既にマンションにNURO光が導入されている場合に利用できるプランです

マンション内でユーザーが増えるほど月額料金が安くなり、10人以上利用者がいると月額料金は2,090円とお得に利用できます。

NURO光

引用:NURO光

4人以上6人以下の場合の月額料金は2,750円ですが、NURO 光(G2 V)と比較しても安くすむため料金を重視する場合にはおすすめ。

ただしマンション内で回線を共有して利用するため、利用数の多い夜間などは混雑して速度が遅くなる場合もあることを覚えておきましょう。

格安SIMのスマホを利用なら実質料金が安い「NURO光」をチェックしよう

格安SIMのスマホを利用している場合は、実質料金の安い「NURO光」がおすすめ

NURO 光 for マンションの最安プラン(10人以上契約の場合)だと、公式のキャッシュバック特典を含めると実質月額料金は1,666円と安く利用可能です。

ただNURO光は利用可能エリアが限られていて、北海道・関東・東海・関西・九州以外の地域は契約できません。

エリア外だった場合は次に料金が安く独自回線である「auひかり」か、料金が安くキャンペーンが充実している「ソフトバンク光」がおすすめですよ。

博士

NURO光がエリア外ならauひかり、どちらもエリア外ならソフトバンク光がおすすめだよ。

助手のジョン

auひかりとソフトバンク光については次の項目で紹介するね!

NURO光がエリア外の場合は「auひかり」! どちらもエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

NURO光は実質料金が安くおすすめですが利用可能エリアが限られているため、NURO光がエリア外だった場合は「auひかり」を検討しましょう

auひかりは代理店NEXTから申し込むと最大60,000円のキャッシュバックが受け取れるため、実質料金が2,106円と安くなります

もしNURO光もauひかりもエリア外だった場合は「ソフトバンク光」がキャッシュバック額が多くおすすめです。

ソフトバンク光も代理店NEXTからの申し込みがおすすめで、NEXTから申し込むと48,000円のキャッシュバックがオプション不要で受け取り可能

NEXTのキャッシュバックを含めるとソフトバンク光の実質月額は2,753円です。

どの光回線が使えるか確認して、実質料金を重視するなら上記を参考に選んでみてくださいね。

マンションで光回線が使えない場合は他の回線を検討しよう

マンションで開通工事ができないなどの理由で光回線が使えない場合は、モバイル回線を検討しましょう

助手のジョン

一人暮らしで光回線まではいらない場合や、引っ越しが多い場合にもモバイル回線はおすすめだよ!

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

それぞれの特徴について詳しく解説していきましょう。

工事不要で自宅でたっぷりネットが使える「ホームルーター」

自宅でたっぷりインターネットを利用したい場合は「ホームルーター」がおすすめです。

ホームルーターは電源コンセントにさすだけで利用でき、光回線のように開通工事は必要ありません

モバイル回線にはホームルーターとモバイルWi-Fiがありますが、モバイルWi-Fiに比べてホームルーターは障害物に強く室内で電波が届きやすいのが特徴です

博士

自宅だけで使うならホームルーターを選ぼう!

コンセントに直接さして使うためバッテリー残量を気にせず利用できます。

実質料金が安い「モバレコエアー」がおすすめ

モバレコエアー
引用:モバレコエアー

ホームルーターを利用するなら、実質料金が安い「モバレコエアー」がおすすめです

モバレコエアーの基本情報は以下のとおり。

モバレコエアー
提供エリア全国
月額料金
(端末購入の場合)
1〜2ヶ月目:2,167円
3〜24ヶ月目:3,679円
25ヶ月以降:5,368円
契約期間2年
契約事務手数料3,300円
最大通信速度962Mbps
(Airターミナル4/一部地域)
平均通信速度
(下り)
41.78Mbps
(ソフトバンクエアー/Airターミナル4)
スマホセット割SoftBank、Y!Mobile
おうち割 光セット
月額最大1,100円割引

※ すべて税込価格
※ 平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

モバレコエアーなら17,000円のキャッシュバックが受け取れて、2年の実質月額料金は3,078円で利用できます

光回線のように開通工事がないためもちろん工事費は無料。

モバイルWi-Fiによくあるデータ容量の制限もないためたっぷりインターネットを楽しめます。

ただデータ利用量の制限はありませんが、ネットワークが高負荷となった場合にサービス安定提供のために通信速度が低下する場合があることを覚えておきましょう。

またソフトバンクエアーの回線は「AXGP」という電波を利用して提供しているサービスで、SoftBankのLTE回線とは別回線のため利用できるエリアが限られています。

ソフトバンクエアーの提供エリアは、AXGPを提供しているWireless City Planning株式会社の提供エリアマップから確認が可能です。

※タップで、Wireless City Planning株式会社の提供エリア確認ページへジャンプします。

モバレコエアーを契約したのにもしもエリア外だった場合は、8日以内であれば初期契約解除制度で解約が可能なので安心してくださいね。

モバレコエアーのキャンペーンを詳しくみる

外出先でも使える!工事不要の「モバイルWi-Fi」

外出先でもインターネットを利用したい場合は、持ち運びできる「モバイルWi-Fi」がおすすめ

モバイルWi-Fiは自宅に限らずどこでも利用できるため、場所を限らず使いたい場合に選びましょう。

もちろん工事不要で、申し込んで機器が届いたらすぐに利用開始できます。

またモバイルWi-Fiにも多くの種類がありますが、以下の2つがおすすめです。

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

月間100GBたっぷり使えて速度制限なしの「Mugen WiFi」がおすすめ

Mugenwifi

引用:Mugen WiFi

モバイルWi-Fiは月間100GBまでたっぷり使える「Mugen WiFi」がおすすめ

Mugen WiFiの基本情報は以下のとおり。

Mugen WiFi
提供エリア全国
月額料金3,718円
契約期間2年
契約事務手数料3,300円
※MUGEN新生活応援キャンペーン適用で0円(先着2,000台限定)
最大通信速度150Mbps
平均通信速度(下り)16.73Mbps
キャンペーン最大10,000円
キャッシュバック

※ すべて税込価格
※ 平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

Mugen WiFiはクラウドSIMのモバイルWi-Fiなので、3キャリアのエリアで利用できどこでもつながりやすいのが特徴です。

博士

docomo・au・SoftBankが使えるエリアでつながるから利用範囲が広いんだよ。

またデータ利用量である月間100GBに達するまで速度制限がなく、利用量を気にせず使えるのも嬉しいポイント。

Mugen WiFiは月間100GB使えるモバイルWi-Fiの中でも最安級で、現在開催している最大10,000円のキャッシュバックを含めると2年の実質月額が3,318円と安く利用できますよ。

Mugen WiFiのキャンペーンを詳しくみる

速度重視の場合は「Broad WiMAX」がおすすめ

broadwimax
引用:Broad WiMAX

通信速度を重視したい場合はWiMAXが利用できる「Broad WiMAX」がおすすめ

Broad WiMAXの基本情報は以下のとおり。

Broad WiMAX
提供エリア全国
月額料金(ギガ放題プランの場合)利用開始月:2,999円の日割り
1〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
1〜2ヶ月目:4,413円
契約期間3年
契約事務手数料3,300円
初期費用20,743円
※Web割キャンペーンの適用で0円
最大通信速度
(Speed Wi-Fi NEXT WX06の場合)
440Mbps
平均通信速度(下り)
(Speed Wi-Fi NEXT WX06の場合)
32.56Mbps
キャンペーン・5,000円キャッシュバック
・月額割引
・Web割キャンペーン(初期費用0円)

※ すべて税込価格
※ 平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

WiMAXはデータ通信量が実質無制限で利用できます

3日間で10GB利用すると通信制限がかかってしまいますが、制限下でも概ね1Mbpsの速度が出るため大容量通信でなければ通常通り利用可能。

また通信速度が速いことも特徴の一つで、最新機種であるSpeed Wi-Fi NEXT WX06の場合をみても十分な速度が出ていることがわかります。

博士

WiMAXを利用するならプランは「ギガ放題プラン」がデータ利用量実質無制限でおすすめだよ。
機種もたくさんあるけど、選ぶなら「最新機種」を選ぼうね!

助手のジョン

2021年3月時点では「Speed Wi-Fi NEXT WX06」が国内メーカーの最新機種だよ!

おすすめの窓口であるBroad WiMAXから申し込めば、月額割引に加えて5,000円のキャッシュバックも受け取れるため3年の実質月額は3,876円とお得に利用可能です。

初期費用が20,743円発生しますが、開催中のキャンペーン「Web割キャンペーン」を適用すると0円で利用できます。

ただしWeb割キャンペーンは契約期間中に解約してしまうと、キャンペーンの違約金が発生してしまうので注意が必要です。

Broad WiMAXのキャンペーンを詳しくみる

マンションで光回線を使うときの注意点4つ!

マンションで光回線を利用する場合には知っておくべき注意点があります。

知らないと損してしまったり、不満が残ってしまう場合もあるのでしっかりチェックしましょう。

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

マンションでどの光回線が使えるか事前に確認する!

マンションで光回線を利用する場合には、まずどの光回線が使えるか事前にチェックしましょう

どの光回線が使えるかの事前チェックを怠ると、使いたい光回線があるのに転居先のマンションは非対応で使えなかった、となってしまいます。

利用したい光回線が使えるエリアかどうかまず確認することが大切です。

博士

マンションでどの光回線が使えるかは、光回線のWebページで確認できるよ。

助手のジョン

マンションの大家さんや管理会社に問い合わせする方法もあるね

本記事では主要な光回線の確認方法をご紹介します。

光回線確認方法
フレッツ光
光コラボレーション回線
フレッツ光(東日本)のWebページから確認
トップページから郵便番号を入力
フレッツ光(西日本)のWebページから確認
マンションを選んでから郵便番号を入力
auひかり1.auひかりのWebページにいく
2.真ん中付近の「WEBでお申し込み」をクリック
3.提供エリア検索になるので、郵便番号等入力して確認
NURO光1.NURO光のWebページにいく
2.真ん中付近の「新規お申し込み・エリア確認」をクリック
3.提供エリア検索になるので、郵便番号等入力して確認

ドコモ光やソフトバンク光はフレッツ光の回線を利用している光コラボレーション回線のため、フレッツ光のエリアを確認すれば利用可能か判断できます。

auひかりやNURO光は独自回線で光回線を提供しているため、上記の方法でエリア確認をしてくださいね。

開通工事を行うには許可が必要!

マンションで光回線を使いたい場合、部屋まで開通している場合を除いて必ず開通工事が必要です

博士

部屋まで回線が引き込まれている場合は工事の必要はないよ。

既にマンションの共用スペースまで開通している場合は部屋まで開通させる配線工事が必要で、マンション自体に光回線が導入されていない場合ももちろん工事が必要。

開通工事を行いたい場合は、大家さんや管理会社へ必ず確認してくださいね。

また賃貸物件なら退去時には原状回復が必要な場合もあることに注意しましょう。

転居予定がある場合は光回線はおすすめできない

光回線を利用したいと思っても、もし近いうちに転居予定がある場合は光回線をおすすめできません

ほとんどの光回線は契約期間が2〜3年ですが、期間内に転居の可能性があるなら解約時に違約金を支払う必要があるからです

さらに開通工事費の分割支払いが終わっていないうちに解約してしまうと、工事費の残債が一括請求されてしまいます。

そのため、工事不要で利用できるモバイル回線を検討する方がおすすめです。

博士

外出や出張が多い場合には、持ち運んでどこでも使えるモバイルWi-Fiがおすすめだよ。

もしどうしても光回線を利用したい場合は、解約時の違約金を支払うことを含めて契約するか、転居時に違約金負担のある光回線へ乗り換えることを検討しましょう。

マンションの設備によって通信速度は変わる

マンションの光回線は部屋までの配線方式によって3つのタイプがあり、それぞれで通信速度が異なります

マンションでは「光回線方式」と「VDSL方式」と「LAN方式」の3ついずれかの方法で設置されていて、それぞれの回線速度は以下のとおりです。

最大通信速度接続方式
光回線方式1Gbps光ファイバーのみ
VDSL方式100Mbps光ファイバー+電話回線
LAN方式100Mbps光ファイバー+LANケーブル

光回線方式は光ファイバーのみで接続するため最大通信速度が速いのが特徴。

VDSL方式は共用スペースまで引き込んだ光回線を電話線を利用して部屋まで配線しており、LAN方式はLANケーブルを利用して配線しています。

そのためVDSL方式とLAN方式の場合は光回線方式に比べて速度が出ないことも覚えておきましょう。

マンションの光回線についてよくある質問

マンションの光回線についてよくある質問をまとめてみました。

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

使いたい光回線が対応していないマンションだった場合はどうしたらいい?

マンションが希望する光回線に対応していない場合、戸建てタイプを契約できる場合があります

通常マンションではマンションタイプを契約しますが、光回線によっては戸建てタイプで対応可能です。

戸建てタイプを契約すると回線を占有できるため速度が遅くなりにくく、安定して高速通信が可能。

ただ高層階や建物状況で工事が難しい場合や、管理会社から許可をもらえない場合は利用できないことに注意しましょう。

戸建てタイプが利用できるかどうかは、希望する光回線へ問い合わせしてみてくださいね。

マンションの光回線の通信速度は遅いの?

マンションの光回線は回線を各戸で分け合って利用しているため、利用者の多い時間帯は混雑しやすく通信速度が遅くなりがちです

また光回線の設備状況によっても回線速度が変わります。

マンションの光回線は部屋までの配線方法によって3つのタイプがあり、「光回線方式」「VDSL方式」「LAN方式」のそれぞれで速度が違うため、チェックしておくといいですね。

配線方式による速度の違いについては「マンションの設備によって通信速度は変わる」の項目で解説しています。

「インターネット対応/完備」ってどういうこと?

マンションの説明にある「インターネット対応」はマンションの共用スペースまでインターネットが導入されているという意味です。

「インターネット完備」は部屋まで導入されているため、すぐにインターネットを利用できます。

  • インターネット対応…共用スペースまで導入済み
  • インターネット完備…部屋まで導入済み
  • インターネット未導入…インターネットが導入されていない

インターネット完備のように部屋まで導入されている場合は工事が必要ありませんが、それ以外は共用スペースまで導入されていても、部屋まで導入する配線工事など必ず工事が必要です。

まとめ

マンションで光回線を利用したい場合は、まずマンションに光回線が導入されているかどうか確認しましょう

導入されている場合は、共用スペースまで導入されているか部屋まで導入済みかで対応は変わりますが、マンションに導入されている光回線が利用可能です。

光回線が導入されていない場合は、以下の手順で今後の対応を確認しましょう。

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

また光回線を選ぶ場合は、スマホとのセット割がある回線だとスマホ代が毎月割引になるためお得です

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

もし光回線が利用できないマンションだった場合は、工事不要で申し込んだらすぐに利用できるモバイル回線を検討しましょう

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

一人暮らしで光回線までは不要の場合や、転勤が多い場合にもモバイル回線はおすすめですよ。

自分にあったインターネット回線を選んで快適に過ごしましょう。