デジタル
パソコン
2021/6/24 15:15

Dynabookから家の中の好きな場所で買い物や動画視聴を楽しめる14型ノートPC「dynabook M」登場

Dynabookは6月24日、店頭向けノートPCの2021年夏モデルとして、14型のモバイルノートPC「dynabook M」シリーズを発表。7月中旬から発売します。ビックカメラ.comでの価格は、上位モデルの「dynabook M7」が19万2280円(税込)、下位モデルの「dynabook M6」が14万8280円(税込)です。

 

Dynabookは、テレワークやリモート授業をはじめとする、さまざまなオンラインコミュニケーションが日常的になり、PCの活用範囲がこれまで以上に広がっていることを受けて、「ホームモバイルノートPC」というカテゴリーを新設。dynabook Mシリーズを、家の中の好きな場所に移動してネットショッピングや動画の視聴を楽しめるモデルと位置付けています。

 

13.3型の従来モデル「dynabook R3」に比べて一回り大きな14型ディスプレイを搭載しながら、表面積は小さくするなど、コンパクトなボディを実現。本体サイズ約幅323.6×奥行き220.6×高さ19.9mmとなっています。また、重量は約1.47kgからと、家の中で持ち運びやすい重さに仕上がっているうえ、バッテリーは約15時間駆動のため、電源を気にすることなく好きな場所で使用できます。

 

このほか、内蔵のステレオスピーカーに最適化した高音質化アプリ「DTS Audio Processing」や、最新の無線LAN規格「Wi-Fi6」、入力しやすいキーボード、180度開くディスプレイ機構などを採用しています。

 

dynabook M7の主なスペックは、インテル Core i7-1165G7 プロセッサー、8GBメモリー、512GB SSD、Windows 10 Home 64ビット。

 

一方のdynabook M6のスペックは、インテル Core i3-1115G4 プロセッサー、8GBメモリー、256GB SSD、Windows 10 Home 64ビットです。

インターフェイスは共通で、microSDカードスロット、USB 3.1×2、有線LAN、USB Type-C×2(Thunderbolt 4対応)、HDMI出力、マイク入力/ヘッドホン出力をそろえています。

 

TAG
SHARE ON