デジタル
通信機器
2022/4/29 18:30

auひかりの引っ越しのお得な手続き方法を解説! 費用はいくらかかる?

auひかり引っ越しアイキャッチ
引っ越しが決まると、引っ越し業者を手配したり荷物を梱包したり、電気やガスなどの移転手続きでとても忙しくなりますよね。

インターネット回線の移転も忘れてはいけません。引っ越し先でもなるべく早くインターネットが使えるように、早めに手続きを取りたいですよね。

今までauひかりを利用していた方は、手続きはどうするのか、撤去費用などはどれくらいかかるのか気になりませんか。

ナビ博士
ナビ博士
auひかりを引っ越し先で使えるように移転する流れは、このようになっておるぞ!
auひかりの移転から利用開始までの流れ
※「au one net」を利用中の場合

  1. au公式サイトの「お引っ越し情報入力フォーム」にアクセスし、KDDIに連絡する
  2. KDDIでの受付完了
  3. KDDI担当者より「回線工事日」と「新しい電話番号」の連絡
  4. 「ご利用開始のご案内」と宅内機器一式が宅配便で届く
  5. 自宅にて光回線工事
  6. 宅内機器を接続する
  7. 利用開始

しかし、auひかりの引っ越し手続きは移転だけではありません。場合によっては、一度解約して新規契約したほうが費用が抑えられることもあります。

auひかりの引っ越し手続きの方法と費用について、詳しく解説していきます!

auひかりにお得に申し込むならフルコミット!
auひかり

フルコミットならお得な特典満載!

  • 最大63,000円のキャッシュバック有り!
  • 最短翌月に受け取れるので忘れない!
  • 簡単手続きでお得に申し込める!

※この記事は、2022年4月1日時点での情報です。

この記事の監修者
小川正人
新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイト「XERA」を運営。一時期は光回線を3社、携帯電話を12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)
この記事でわかること
  1. auひかりの引っ越し手続きは移転と解約・新規契約の2通りある!
  2. auひかりのお得な申し込み先はフルコミット
  3. auひかりは新規契約できないエリアがある!提供エリアを事前に確認しよう
  4. auひかりの提供エリアの確認方法
  5. auひかりの引っ越しで移転と解約・新規契約でおトクなのはどちら?
  6. au公式サイトから移転手続きする場合
  7. auひかりを解約して引っ越し先で新規契約する場合
  8. auひかり公式サイトから移転手続きする流れ
  9. au one netを利用中の方
  10. au one net以外のプロバイダーを利用中の方
  11. auひかりを解約して新規契約する手続きの流れ
  12. auひかりを解約する
  13. auひかりを新規契約する
  14. auひかりで初期費用を実質無料にする方法
  15. auひかりの引っ越しで気をつけるべき注意点とは?
  16. ①電話番号が変わることがある
  17. ②引っ越し先のマンションの契約タイプで速度が変わる
  18. ③混み合う時期は申し込みから開通まで時間がかかる
  19. ④引っ越し先が賃貸住宅の場合は工事前に承諾を得る必要がある
  20. ⑤契約期間によっては違約金や工事費用の残債が発生する
  21. 引っ越し先がauひかりのエリア外だった時におすすめの光回線4社
  22. So-net光プラス!auスマホの月額料金が割引になる!
  23. ドコモ光!ドコモのスマホがお得に使える!
  24. ソフトバンク光!ソフトバンクやワイモバイルユーザーの味方!
  25. NURO光!下り2GBpsの高速光回線!
  26. 引っ越しに関する相談をしたい場合の問い合わせ先
  27. auひかりの引っ越し手続きでよくある質問
  28. 引っ越しが決まったら、いつauひかりに連絡すればいい?
  29. auひかりで引っ越しすると電話番号は変わる?
  30. 引っ越し先する時に違約金や撤去費用はかかる?
  31. auひかりが引っ越しでエリア外で使えない時は?
  32. まとめ

auひかりの引っ越し手続きは移転と解約・新規契約の2通りある!

auひかりの引っ越し手続きは、 次の2通りがあります。

  • auひかりの公式サイトから引っ越し手続きをする
  • auひかりを解約して引っ越し先で新規契約をする

一般的にはauひかりの公式サイトや契約中のプロバイダーから行います。

しかし、auひかりの初期費用を支払い終えているならば、旧住所でのauひかりを解約し新住所で新規契約をすることで費用が抑えられることがあります。

解約新規の場合、同じ名義では契約できないので別名義で申し込む必要があります。

auひかりのお得な申し込み先はフルコミット

auひかりを新規契約するなら、代理店を通すのがおすすめです!現金キャッシュバックなど、お得な特典があります。

フルコミットなら、最大63,000円のキャッシュバックが最短翌月に受け取れて、手続きも簡単です!

\最大63,000円キャッシュバック/

auひかりは新規契約できないエリアがある!提供エリアを事前に確認しよう

「引っ越し先でもauひかりを使いたい」という場合、まず始めにしなければいけないのが「提供エリア検索」です。

auひかりはフレッツ光とは別の独自回線を使っているため、中部や関西の一部や沖縄県では提供エリアに入っていないことがあります。

auひかり(ホーム)の提供外の地域は、ざっくりこのようになっています。

<auひかり(ホーム)の提供外の地域>
中部長野県、岐阜県、静岡県、愛知県
関西三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
九州沖縄県

提供エリア外だった場合は、移転も新規契約もできません。

上記以外のエリアでも、まれに提供外になることもありますので、必ず引っ越し先の住所がエリア内か確認しておきましょう。

auひかりの提供エリアの確認方法

auひかりのエリア外の地域内でも、引っ越し先のマンションにauひかりが導入されていて利用できることがあります。

ナビ博士
ナビ博士
マンションタイプでは申し込めなくても、ホームタイプなら申し込めることもあるんじゃ!

auひかりの提供エリアは、詳しくはauひかりの公式サイトで「戸建て」か「マンション」か選び、郵便番号を入力して検索してください。
提供エリアの検索
引用:KDDI株式会社

提供エリア検索|インターネット回線|KDDI

auひかりの引っ越しで移転と解約・新規契約でおトクなのはどちら?

通常、auひかりを解約するには、違約金や工事費の残債の一括払いなどの費用がかかります。

しかし、解約しても違約金や工事費の残債の支払いがないことがあります。

ナビ博士
ナビ博士
違約金や工事費の残債の支払いがなくて解約費用が高額でなければ、一度解約したほうがキャッシュバックなどでおトクになるんじゃ!

では、移転と解約新規で、実際にかかる費用を比較してみましょう。

au公式サイトから移転手続きする場合

auひかりの公式サイトからの引っ越し手続きする費用は、次のとおりです。

引っ越し先での初期工事費ホームタイプ:41,250円
マンションタイプ:33,000円
登録料3,300円
引っ越し元の初期工事費の残債(実質無料)

※価格は全て税込

移転の場合は解約違約金や撤去工事費などはかかりませんが、引っ越し先での初期工事費と登録料は必要です。

引っ越し元の初期工事費用の残債は、引っ越し先での利用額から減額あるいは還元されるので、実質無料になります。
(参照:契約期間が定められているプランをご利用中の方のお引っ越し手続きについて

auひかりを解約して引っ越し先で新規契約する場合

auひかりを解約・新規契約するには、引っ越し先での初期工事費と登録料のほか、次の費用がかかります。

解約違約金0円、または7,700円〜16,500円
初期工事費の残債ホームタイプ:41,250円 – (688円 × 契約月数)
マンションタイプ:33,000円 – (1,375円 × 契約月数)
撤去工事費(ホームタイプ)31,680円
高速サービス解除料2,750円
引っ越し先での初期工事費ホームタイプ:41,250円
マンションタイプ:33,000円
登録料3,300円

※価格はすべて税込

なお、解約月の月額料金は日割りにならないので、同額の料金がかかります。ただし解約違約金は、更新月の間なら無料です。

ナビ博士
ナビ博士
初期工事費は、ホームタイプで60ヶ月以上、マンションタイプで24ヶ月以上契約していれば、支払いは完了してるから残債の支払いはないんじゃ!

撤去工事費は、マンションタイプはかかりませんがホームタイプは更新月の解約でも免除になりません。

代理店からのキャッシュバックを活用できれば、かなり負担を減らせます。

更新月の確認方法については「My au」で確認できます。詳しくは、ひかりの契約情報(更新月、契約日)を確認したい|よくある質問をご覧ください。

解約新規は、「解約」と「新規契約」の2つの手続きが必要になるので、時間が余計にかかる可能性があります。

解約新規を選ぶ方は、費用とかかる時間も考慮して、早めに手続きを進めましょう。

auひかり公式サイトから移転手続きする流れ

移転手続きは、利用中のプロバイダーが、au one netとそれ以外で若干変わります。それぞれ分けて解説します。

いずれにしても、auショップでは手続きできないのでご注意ください。

au one netを利用中の方

プロバイダーがau one netの方は、ネットと電話で手続きできます。

ネットの場合の大まかな流れは次のとおりです。

  1. au公式サイトの「お引っ越し情報入力フォーム」にアクセスし、KDDIに連絡する
  2. KDDIでの受付完了
  3. KDDI担当者より「回線工事日」と「新しい電話番号」の連絡
  4. 「ご利用開始のご案内」と宅内機器一式が宅配便で届く
  5. 自宅にて光回線工事
  6. 宅内機器を接続する
  7. 利用開始

注意点として、KDDIでの受付完了から工事日の連絡まで、約1〜3週間かかります。また工事日決定から工事当日まで、約2〜4週間かかります。

ゲット君
ゲット君
なるべく早く移転先で開通させるなら、余裕を持って申し込んだほうがいいね!

「新しい電話番号」は、電話番号の変更が必要な場合のみ通知されます。

電話での手続きは、KDDIお客様センターになります。

KDDIお客様センター
0077-777(年中無休)
※コミュニケーター対応時間:9:00〜18:00上記の番号が利用できない場合:0120-22-0077

こちらに連絡して、移転手続きを行ってください。

au one net以外のプロバイダーを利用中の方

利用中のプロバイダーがau one netではない場合は、各プロバイダーのカスタマーサービスセンターに連絡してください。

リンク先のページで、各プロバイダーの移転手続きができます。

auひかりを解約して新規契約する手続きの流れ

auひかりを解約し、引っ越し先で新規契約する手順について解説します。

どちらのプロバイダーを利用中の場合も、まずはプロバイダーに連絡をしましょう。auひかり(ホーム)を利用していた方は、引き込み設備の撤去工事が必要です。

auひかりを解約する

解約の手順は次のとおりです。

  1. 各プロバイダーに連絡する(ネット・電話)
  2. 引き込み設備の撤去工事の実施(ホームタイプのみ)
  3. 機器を返却する

プロバイダーがau one netの方の連絡先はこちらです。

KDDIお客様センター
0077−7068(通話料無料)
オペレーター対応時間:9:00〜18:00上記の電話が繋がらない場合:0120-22-0077

au one net以外の連絡先は、提携プロバイダの連絡先一覧から確認できます。

また、以下のプロバイダはWebからでも解約手続きができます。

次に設備の撤去工事を行いますが、撤去工事が発生するのはホームタイプのみで、マンションタイプで契約していた方の撤去工事はありません。

ただし、マンションなどの集合住宅にお住まいでもホームタイプで契約していた場合は、撤去工事が発生しますのでご注意ください。

ナビ博士
ナビ博士
契約タイプがホームタイプかマンションタイプかわからなければ「My au」で確認できるんじゃ!

解約手続きが完了すると、KDDIから機器返却用の着払い伝票が届くので、機器を返却します。

機器の返却手順は次のとおりです。
機器返却の方法
引用:auひかり

auひかりを新規契約する

auひかりの新規契約は、フルコミットなどの代理店からがおすすめです。
フルコミット
引用:フルコミット

代理店からの申し込みは、auひかりの公式キャンペーンと合わせて、高額キャッシュバックなど代理店独自のキャンペーンの適用もあります。

代理店を通した、auひかりの新規契約の流れはこちらです。

  1. フルコミットなどの代理店から申し込む
  2. KDDI担当者より「回線工事日」と「新しい電話番号」の連絡
  3. 「ご利用開始のご案内」と宅内機器一式が宅配便で届く
  4. 自宅にて光回線工事
  5. 宅内機器を接続する
  6. 利用開始

フルコミットなら最大63,000円のキャッシュバックが受けられて、しかも最短翌月に受け取ることができます。

\最大63,000円キャッシュバック/

ただし万が一申し込みをキャンセルする場合、回線工事が終了した開通後だと解約扱いになってしまい、解約金や工事費の残債などが請求されるので注意しましょう。

auひかりで初期費用を実質無料にする方法

初期費用相当額割引
引用:auひかり

ここまで「解約したほうがオトクな場合がある」と述べてきましたが、移転の場合もおトクなキャンペーンがあります。(新規契約の場合も適用されます)

auひかりが独自に行なっているキャンペーンで、初期工事費用相当額が割引になるというものです。

ホームタイプの場合
適用条件:auひかりでネットと電話を申し込む
内容:ネットと電話の料金から初期費用相当額41,250円を割引
ホームタイプ割引
引用:auひかり
マンションタイプの場合
適用条件:auひかりマンションに申し込む
内容:ネットサービス、または電話サービスの料金から初期費用相当額33,000円を割引
マンションタイプ割引
引用:auひかり
ナビ博士
ナビ博士
au one net以外のプロバイダーも、独自にお得なキャンペーンを行っていることがあるんじゃ!

auひかりを解約せず、移転する方にも適用できますので、見逃さないようにしましょう。

auひかりの引っ越しで気をつけるべき注意点とは?

auひかりの引っ越し手続きには、移転でも解約新規でも注意しておいたほうが良い点があります。

次の5つです。

トラブルを避けるためにも、手続き前にしっかり確認しましょう。

①電話番号が変わることがある

引っ越し先が同一区画内の近隣であれば、同じ番号を利用できます。

ただし、電話番号について、auひかりの公式にこのような注意書きがあります。

電話番号について
NTTの電話番号を引き継いでauひかり電話サービスをご利用の場合は、他社の電話サービスに番号ポータビリティが可能ですが、KDDIで発番の電話番号でauひかり電話サービスをご利用の場合は、他社の電話サービスに番号ポータビリティはできません。(引用元:インターネットの解約をご検討中のお客さまへ|auひかり)

つまり、移転や解約の際、auひかり電話の番号の継続ができるかはこのようになります。

  • NTTの番号を引き継いでいて、近隣へ引っ越す→継続できる
  • auひかりの契約と同時にKDDIが発番した→継続できない

auひかりで取得した番号は移転や解約で消失するので、新たに番号を取得する必要があります。

また市などをまたぐ引っ越しの場合も、市外局番が変わるので電話番号が変わります。

②引っ越し先のマンションの契約タイプで速度が変わる

auひかりが導入済みのマンションに引っ越して利用する場合は、契約タイプで速度が異なります

マンションタイプは、G、E、V、マンションギガ、マンションミニギガなどさまざまで、それぞれ料金や速度が違います。

速度は下り最大100Mbpsから1Gbpsまで変わるので、引っ越しする前と後で速度が全く変わってしまうこともありえます。

ナビ博士
ナビ博士
引っ越し先のマンションのタイプがどれになるかは、auひかりのサイトで調べることができるんじゃ!

auひかり マンション

マンションプランの場合、自分でタイプを選んで契約することができません。引っ越し前に確認しておいたほうが安心ですね。

③混み合う時期は申し込みから開通まで時間がかかる

引っ越し業者も、混み合う時期はなかなか手配できないことがありますが、インターネット回線の手続きでも同じことが言えます。

特に3〜4月は引っ越しシーズンで、工事まで1〜2ヶ月待ちということもあります。

突然引っ越しが決まると、なにもかも手続きが大変ですが、特に混み合う時期は引っ越しが決まった時点ですぐに連絡したほうが良いでしょう。

ゲット君
ゲット君
自宅のWi-Fiが2ヶ月も使えないなんて、今まで光回線を利用していたら考えたくないなー。

④引っ越し先が賃貸住宅の場合は工事前に承諾を得る必要がある

引っ越し先が賃貸住宅の場合、勝手に光回線の工事を行うことはできません。

集合住宅で光回線を利用するなら、そもそも物件に回線設備が整っているか確認しなければなりません。

一般的には、設備だけ導入されていて、自分で開通工事を行えば利用できる物件がほとんどですが、中には光回線を契約できない物件もあります。

ナビ博士
ナビ博士
家賃の中に光回線の料金が含まれていて、そのままネット回線が使えることもあるぞ!

まずは管理会社に連絡して、回線設備を確認しましょう。

賃貸住宅でもauひかりが導入済みであればほぼ問題なく工事できますが、フレッツ光など違う回線の場合は工事が断られてしまうこともあります。

⑤契約期間によっては違約金や工事費用の残債が発生する

前述のように、auひかりを解約する場合は、更新月以外は違約金が発生します。設備の撤去費用も発生します。

またホームタイプの解約は契約期間が60ヶ月未満、マンションタイプの解約は24ヶ月未満の場合、工事費の残債を一括払いする必要があります。

更新月のために引っ越しの時期をずらすことは難しいので、更新月でない場合や工事費の残債がある場合は、解約ではなく移転のほうがお得になることがあります。

代理店のキャンペーンなども参考に、あわてて解約して大きな出費をしないように気をつけましょう。

引っ越し先がauひかりのエリア外だった時におすすめの光回線4社

今までauひかりを使っていたけど、引っ越し先がエリア外だった……という場合は、残念ですがauひかりを使い続けることはできないので、解約になります。

では、auひかりから乗り換えるのにおすすめの光回線をTwitterの口コミとともに紹介します。

ナビ博士
ナビ博士
おすすめはこの4社じゃよ!

順に解説します。

So-net光プラス!auスマホの月額料金が割引になる!

So-net光プラス
引用:So-net光プラス

auスマホのユーザーでauひかりを利用していた方は、断然So-net光プラスをおすすめします。

So-net光プラスには「auセット割」が適用できるので、So-net光プラスとauのスマホを同時に契約することで、毎月のSo-net光プラスの料金が割引になります。

割引額は毎月最大1,320円(税込)で、タブレットやauのガラケーにも適用されます。

解約違約金負担や初期工事費実質無料のキャンペーンもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

ドコモ光!ドコモのスマホがお得に使える!

ドコモ光
引用:GMOインターネットドコモ光オンラインコンシェルジュ

ドコモユーザーでドコモのスマホを利用中であれば、やはりドコモ光が一番お得です。

「ドコモ光セット割」の適用で、「ドコモのギガプラン」を契約している家族全員のスマホ料金が、永年最大1,100円(税込)割引になります。

ドコモ光に申し込むなら、ドコモ光の代理店である「GMOインターネット ドコモ光オンラインコンシェルジュ」からの申し込みがおすすめです。

GMOインターネットドコモ光オンラインコンシェルジュから申し込み限定で2,000円のキャッシュバックがあり、さらに新規工事費は無料です。

dポイント2,000ポイントプレゼントもあるので、ぜひ検討してみましょう。

ソフトバンク光!ソフトバンクやワイモバイルユーザーの味方!

ソフトバンク光
引用:STORY

ソフトバンクやワイモバイルのユーザーならば、ソフトバンク光をおすすめします。

ソフトバンクのスマホを使っている方なら、ソフトバンク光とセットで「おうち割 光セット」が適用できて、家族全員のスマホ料金が毎月1,100円割引になります。

ソフトバンク光の代理店STORYからの申し込みなら、初期工事費が実質無料で、さらに37,000円のキャッシュバックがあるので、合計最大63,400円もの還元があります。

ソフトバンクユーザーは絶対見逃せない特典なので、チェックしてくださいね。

NURO光!下り2GBpsの高速光回線!

NURO光
引用:NURO光

NURO光は、2021年のオリコン顧客満足度ランキング第1位を獲得した「安くて速い」と定評のある光回線です。

契約から1年間は980円という低料金で、下り最大2Gbpsというスピードはなかなか他社では見られない速さです。

最大43,000円のキャッシュバック、基本工事費実質無料、違約金最大6万円補填など、特典も盛り沢山です。

開通まで少し時間がかかるのが難点ですが、開通までの最大3ヶ月、980円でホームルーターをレンタルできるサービスもあります。

引っ越しに関する相談をしたい場合の問い合わせ先

「引っ越しの手続方法がわからない」
「引っ越し先でauひかりが利用できるか確認したい」

など、直接電話で相談する場合はこちらです。

登録情報の変更
電話:0077-7063(無料・年中無休・9:00〜18:00)
発信できない場合:0120-22-0077
契約の見直し・終了
電話:0077−7068(無料・年中無休・9:00〜18:00)
発信できない場合:0120-22-0077

auひかりの引っ越し手続きでよくある質問

auひかりの引っ越し手続きで、口コミや知恵袋などから特に多い質問をまとめました。

それぞれ解説していきます。

引っ越しが決まったら、いつauひかりに連絡すればいい?

引っ越しが決まった時点で、すぐに連絡するのがベストです。

特に引っ越しが多くなる3〜4月は、移転や新規契約を申し込んでも工事日がなかなか決まらないことがあります。

auひかりで引っ越しすると電話番号は変わる?

auひかりを契約したときに、NTTが発番した電話番号を引き継いでいた場合は、移転後も番号を引き継ぐことができます。

ただし、市などをまたぐ引っ越しや、KDDIが発番した電話番号を利用していた場合は、移転や解約で電話番号を引き継ぐことができません。
(参考:電話番号が変わることがある

引っ越し先する時に違約金や撤去費用はかかる?

移転の場合は、違約金や撤去工事費はかかりません。

解約する場合は、更新月以外は違約金がかかります。撤去費用は更新月でもかかります。

また初期工事費の残債がある場合は、一括で支払う必要があります。
(参考:⑤契約期間によっては違約金や工事費用の残債が発生する

auひかりが引っ越しでエリア外で使えない時は?

引っ越し先がauひかりのエリア外だった場合は、解約して別の光回線を契約するしかありません。

おすすめは利用中のスマホとセットで割引になる会社や、安くて速いと評判のNURO光です。

(参考:引っ越し先がauひかりのエリア外だった時におすすめの光回線4社

まとめ

引っ越しが決まったら、電気やガスと一緒に、なるべく早くインターネット回線も手続きしましょう。

auひかりを契約していて引っ越しをする場合、公式サイトから移転手続きを取るのが一般的ですが、一度解約して新規契約するとキャンペーンなどでお得になることがあります。

初期工事費の残債がない、更新月に解約できるなど、解約費用が大きくなければ、一度解約して代理店からの新規契約も考えてみましょう。

フルコミットは、auひかりの新規契約で最大63,000円のキャッシュバックがあります。

最短翌月に受け取れるので忘れることもありません。ぜひ活用してみてくださいね。

auひかりにお得に申し込むならフルコミット!
auひかり

フルコミットならお得な特典満載!

  • 最大63,000円のキャッシュバック有り!
  • 最短翌月に受け取れるので忘れない!
  • 簡単手続きでお得に申し込める!