ファッション
2015/12/12 11:25

たった一字に想いを込めて。日本の職人による技巧が光る「漢字時計」

gnw_151116_03_01

数字の代わりに、文字盤に大きく浮かぶ一文字の漢字。こちらは職人によるハンドメイドの腕時計「漢字時計」です。

 

「漢字時計」は漢字の一画一画が時計の針と連動している構造になっており、通常はこのような形。

gnw_151116_03_02

時を刻むとともに形が崩れて行き、1時間に一度、短針と長針が重なるときに漢字の形に戻ります。

gnw_151116_03_03

流通しているフォントとも微妙に異なる、毛筆で書いたように達筆な漢字は、全体のバランスはもちろん「止め」「ハネ」「払い」まで、とても美しい形をしています。

 

日本の美、漢字時計のルーツはクラシックカー

gnw_151116_03_04

作者の小柳健一さんが制作の道へ進んだのは、もともと器用だった手先を活かしバイクの修理や改造を自分でおこなうようになったことがきっかけ。

 

クラシックカーへの造詣も深く、クラシックカーの運転代行として各界のVIPの運転手をやっていました。

 

時代を超えて愛される魅力をもつ車に日々触れるなかで「日本の美しさを表現でき、かつ世界的に見ても独創的な製品が創れないだろうか?」と試行錯誤を重ね、生まれたのがこの「漢字時計」でした。

 

一字一字それぞれ表意文字として意味と成り立ちを持つ漢字と、道具としての時計を組み合わせてしまう独創的な発想と、それを実現させてしまった技術力に脱帽です。

 

ここぞという勝負時に身に付けたい「縁起を担ぐ漢字」、または大切な方の名前や文字の意味に共感する「思い入れのある漢字」などを肌身離さず身に付けられます。記念品や贈答品にもぴったり。

 

時計にできる漢字は用意されているラインアップのほか、画数などに制限はあるもののオーダーメイドでも受付中。画数が多い「鬱」の字の製品モデルもあることから、およそどんな漢字でもOKなのではないでしょうか? 価格は税込で18 万円〜です。あなたなら、一体どの漢字を選びますか?

 

【関連リンク】
漢字時計公式オンラインショップ

TAG
    SHARE ON