ファッション
2019/1/29 19:00

【2019年春夏】本格派アウトドアブランド 「マムート」がアーバンデザインするとこうなる

寒さがまもなくピークになる時期ですが、それを越えれば春に向けて、日が長く、暖かくなっていくだけ! ということで、アパレル業界では春夏シーズンに向けたアイテムが続々と発表されています。今回のレポートは開催自体は少し前になりますが、老舗アウトドアブランドとして人気の高いMAMMUT(マムート)の「SPRING/SUMMER 2019 PRESS PREVIEW」に中村 優さんと潜入し、話題のアイテムをレポート。

 

↑会場は昨年11月、神宮前に移転したマムートの本社ショールーム。オシャレな空間には2019年に向けた最新アイテムが勢揃い

 

2019年の最注目はマムートの機能性と都会的なセンスを融合した「DELTA X」

本格的なアウトドアマン御用達のマムートはアウトドアブランドの頂点に君臨する実力派として知られ、過酷な環境でも高い機能性を発揮してくれます。そんな同社が2019年の新コレクションとして誕生させたのが「DELTA X」。山のフィールドで培われた機能性に都会的なデザインを融合することで、カジュアルに楽しめるスタイルを提案。街着として楽しめるファッショナブルな仕上がりになっていました。高い機能性はそのままなので、ランニングやサイクリング、トレーニングウエアなどのスポーツウエアとしてもジャストフィットします。

ユニセックスのハーフジッププルオーバーは、表皮に軽量かつしなやかなシルバーのリフレクター生地を使用し、デザインの美しさと夜間での高い視認性を両立。また、マムート独自のGEORGANIC 3D テクノロジーであるワンピースパターンを採用し、快適なフィット感と圧倒的な動きやすさを実現しています。

 

ハーフジップのインナーには“X”をモチーフにしたベンチレーションをあしらうとともに、アシンメトリーなジッパー式のカンガルーポケットなど機能美とテクニカルなデザインを融合するなど同社の技術力が満載。価格は11万円(税別)。

 

DELTA Xはレディーズ用も充実

このDELTA X、ラインナップはメンズが中心なのかと思っていましたが、ユニセックスやレディース用も数多く用意。スポーツ女子にもおすすめしたいアイテムがテンコ盛りでした。

↑メンズ用としてラインナップされていたジャケット。アースカラーの落ち着いた雰囲気はタウンウエアとしてもおすすめです。素材にゴアテックスを使用しているので突然の雨や雪でも安心。機能性とデザインをミックスしたマムートらしいアイテム。価格は12万5000円(税別)

 

驚いたのが、DELTA Xのレディースモデルは女性専用デザインなこと。メンズ用のダウンサイジングではなく、身体のラインが美しく見えるように配慮されたシルエットは、本格的なアウトドアウエアとはひと味違った魅力にあふれていました。色も落ち着いたアースカラーだけでなく、発色の良いピンクなども用意されているのでカジュアルに楽しめます。

 

↑レディースモデルとして用意されていたフーデッドジャケット。派手すぎないピンクがキュートな印象です。フロントのリフレクター素材を使ったラインが絶妙なアクセント。価格は5万5000円(税別)

アパレル以外にも注目アイテムはコチラ

ここからはアパレル以外の注目アイテムを一気に見ていきましょう。マムートはメンズ、レディース以外にキッズ用アイテムも用意しているので、家族でお揃いコーデを楽しめます。

 

↑マムートのアイコンとして知られるマンモス親子が行進するキュートなTシャツ。カジュアルながら吸水撥水性能を兼ね備えているので、ランニングやトレーニングにもおすすめです。価格は5900円(税別)

 

↑DELTA Xのバックパック。豊富なカラバリと実用性が大きな魅力。取り外し可能なポケットがポーチとしても使え、ボトムのファスナーを開けるとレインカバーが取り出せるので雨の日もバッグが濡れる心配もありません。老舗アウトドアブランドならではの機能性が満載

 

↑豊富なサイズやデザインをラインナップする人気のシリーズにニューカラーが登場。アルプスに生息するスネーク柄をあしらったクールなデザインが印象的。価格は8500円~2万8000円(税別)

↑マムートと言えば本格的な山岳やクライミングをサポートするアイテムを忘れることはできません。その信頼性と耐久性は命を守る重要な相棒として高い支持を得ていますが、今回の発表会では、その要素に加えてカジュアルなカラバリが登場。価格はザイル/1万5000円~2万3000円(税別)、ヘルメット/1万1000円(税別)、ハーネス/1万3500円(税別)

 

本格的な登山やクライミングを楽しむアスリートから支持されるマムートですが、実用性だけでなく“遊び心”を融合したアイテムを取り揃えているのも大きな魅力。2020年に開催される東京オリンピックではスポーツクライミングが競技として追加されることもあり、男性だけでなく女性の競技者も増加しています。カラフルなザイルやヘルメット、デザイン性に優れたハーネスが新たに追加され、女性アスリートに向けたキュートなアイテムはモチベーションのアップに貢献することでしょう。

 

また、本格的な登山をターゲットにしたシューズにも注目。マムートが老舗アウトドアブランドとして蓄積したノウハウを基に開発した「FLEXTRON TECHNOLOGY」を採用したクライミングシューズは、人間工学に基づいたスチール製のスプリングソールを用いることでアウトソールのグリップ力を向上。安全性とパフォーマンスのアップを実現しています。

↑2019年の春夏コレクションではシューズも充実。マムート独自の「FLEXTRON TECHNOLOGY」を採用したハイキングシューズは履き心地も抜群。デザイン性にも優れ、スニーカー感覚で楽しめます。価格は2万2000円~3万5000円(税別)

 

1862年、スイスの地でロープブランドとして創立されたマムート。150年を超える長い年月に培われた経験と実績により、現在は総合アウトドアブランドとして世界中のアウトドアマンに愛され続けています。そんな同社の2019年春夏モデルは、アウトドア×アーバンなテイストながら中身はやっぱり本格派という内容。日常の1着に、アウトドアの1着にマムートはオススメですね。

 

↑ショールームのエントランスには1862年の創業から現在までの歴史を振り返るディスプレイアイテムが並びます。創業者であるキャスパー・タナーさんと記念撮影♪

 

取材・撮影/並木政孝

TAG
SHARE ON