ゲーム&ホビー
玩具
2019/10/1 18:30

ブームの域を超えてカルチャー化! 業界最注目の「ボードゲーム」新3大トレンド

海外の人気タイトルが続々と日本語版を発売!

ここ数年、ブームが拡大中のボードゲーム。業界の最新トレンドを、ボードゲームジャーナリスト・小野卓也さんに聞きました。

 

【私が解説します!】

ボードゲームジャーナリスト/小野卓也さん

曹洞宗洞松寺の33代住職であり、国内最大級のボードゲーム情報サイト「Table Games in the World」を運営。ゲームのルール翻訳なども手がけています。

 

「この1年は特にSNSやYouTubeからヒットにつながったゲームが多い印象です。写真1枚、もしくは数十秒動画を流せばどんなゲームなのかわかるキャッチーな国産パーティーゲームが話題になる傾向にあります。目にした人が自分もやってみたいと思える簡単さがウケているのでしょうね」(小野さん)

 

国産ゲームのヒットに後押しされるように、海外ゲームの国内リリースも増加傾向にあるといいます。2018年に日本国内で発売された新作海外ゲームは、カードなどがローカライズされた“日本語版”だけで100タイトルを超えます。

 

「プレイ人口が増えたことで、海外の人気タイトルの日本語版は一定数の売り上げが見込めるようになりました。ドイツで長く絶版になっていた知る人ぞ知る作品が立て続けに日本語版のみで発売されるなど、世界でも類を見ない現象が起こっています」(小野さん)

 

短時間ゲームの流行により広がる国産ゲームの存在感

個人やサークルが手がけた同人ゲームも、盛り上がっています。

 

「昨年、国内で発表された同人ゲームは、1000タイトル超え。もう全貌を把握している人は誰もいないのが現状です」(小野さん)

 

春と秋に開催されるゲームマーケットには、世界中のパブリッシャーが新作をチェックしに訪れます。

 

「日本人デザイナーが得意とする、内容物やルールを極限まで減らしてシステムでうならせる“ミニマルゲーム”が、世界的な潮流と合致し注目されています。業界で最も権威ある賞・ドイツ年間ゲーム大賞の大賞作に国産ゲームが選ばれる日も近いかもしれませんね」(小野さん)

 

 

直感的に、しかも何度でも楽しめる!「超入門カードゲーム」

 

【その1】プレイ画像が3万RT超え!ひと目で伝わるキャッチーな大喜利ゲーム

クラグラ 

たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。

3400円

プレイした人による画像を貼ったツイッターでのつぶやきが3.4万リツイートされ、一気に世間の注目を浴びた即席大喜利ゲーム。手札を自由に組み合わせ、10秒でプロポーズの言葉を無理やり考えて発表します。

 

「拡張セット」とは?

ゲームの遊びの幅を広げるために追加する、専用のカードやパーツ。基本セットだけでもの足りなくなったときや、人数を増やして遊びたいときに活躍します。なお、拡張セットだけでは遊べない場合が多いです。

 

「たった今~」の拡張版には、ラブラブな単語を収録した「ラバーズピンク」、ブラックな単語を収録した「ストーカーブラック」(各2200円)があります

 

【その2】キムタクとニノが遊んで話題に!カタカナ語のお題を日本語でうまく伝えよう

TUKAPON  

ボブジテン その3

1944円

テレビ番組で木村拓哉と二宮和也が遊んだことで話題に。「カタカナ語のお題を日本語だけで説明する」という数秒で伝わる簡単ルールが視聴者を惹きつけ大ヒット。第3弾にはジョージカード(下)が付属します。

 

↑山札にジョージが現れた場合は、漢字のみで説明しなくてはいけません。送り仮名もNGです

 

【その3】負けても面白い!? カードを組み合わせて〝映える”偉人を召喚!

Azb.Studio 

ソクラテスラ ~キメラティック偉人バトル~

2916円

奇妙な名前の“オリジナル偉人”を誕生させるバトルカードゲーム。若者を中心にツイッターで話題に。偉人は右腕、胴体、左腕に分かれたカード(+装備カード)が揃うと召喚でき、他プレイヤーの偉人と勝負します。

 

↑今春発売の拡張版「死のプレゼンテーション」(2200円)では、偉人25名を追加可能

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON