家電
調理家電
2018/11/19 21:40

「材料入れるだけ」でドヤれる味に! 「日本一」と名高い食パン店がホームベーカリーのレシピを開発

皆さんは、高級「生」食パン専門店「乃が美」(のがみ)をご存知ですか? 5年前に大阪で創業したパン店さんで、1本864円(2斤)の「生」食パンが話題となり、いまや全国104のフランチャイズ展開。1日5万本を売り上げる人気のパン店さんです。

 

ホームベーカリーの食パンのレシピを「日本一」と呼ばれる店が監修

この人気の味が、自宅で再現できるかもしれません。パナソニックは、10月1日に発売したホームベーカリー「SD-MDX101」(実売価格4万1950円)の発売に合わせて、ホームベーカリーで作る「生」食パンのレシピ監修を「乃が美」に依頼し、「生」食パンレシピ「おうち乃が美」が完成したのです。

↑「乃が美」監修の「生」食パン、「おうち乃が美」とはどんな味なのでしょうか?

 

「生」食パンと聞いてもピンと来ない人も多いのではないでしょうか。実は「生」食パンは「乃が美」が生み出した新食感の食パンのこと。もちろん本当に“生”というわけではなく、生チョコや生キャラメルのように、口の中でとろけるような食感を表現しています。

 

「乃が美」シェフの中井裕之さんによると、「5年前の開発当初は、1本800円の食パンなんて売れるわけがないとバカにされ、確かに1日30本しか売れない日もあった」とか。それでもこの味を信じて作り続けるうち、食べた人から「日本一おいしい」と言われるように。次第に口コミで評判が広がってメディアでも取り上げられるようになり、いまでは、数々の賞を受賞するほど人気になっています。

↑「味には絶対的に自信がありました」と話す中井シェフ

 

パナソニック

ホームベーカリー SD-MDX101

実売価格4万1950円

 

温度管理機能にシェフは「危機感を感じた」

レシピを開発するにあたって中井シェフは初めてホームベーカリー(新モデル「SD-MD101」)を使ったそうですが、「説明書を見ながら材料を入れてボタンを押しただけなのに、おいしいパンが焼き上がって驚いた」そう。特に感心したのは、外気温を検知しながら庫内温度を管理する機能で、「これはまさにパン職人が一番苦労するところ。それをホームベーカリーは自動でやってしまうのか、と。そのうちパン職人を超えてしまうんじゃないかと危機感を感じました(笑)」(中井シェフ)。また「イースト自動投入」も、室温のバラつきやタイマー予約に関係なく、安定した焼き上がりを実現するパナソニック独自の機能です。

↑「レーズン・ナッツ容器」(左)の隣にある「イーストディスペンサー」(右上にある穴)にイーストを入れておくと、適切なタイミングで本体内にイーストが自動で落ちます。室温が高いときやタイマー予約時も、過度の発酵を抑えることが可能

 

こうして誕生したのが、家庭のホームベーカリーで作る「生」食パンレシピ、「おうち乃が美」です。「乃が美」の高級「生」食パンのレシピとは異なるものの、コクのある三温糖、美容と健康によいとされる沖縄の塩「ぬちまーす」を採り入れるなど、材料にこだわったそう。通常の食パン同様、材料を入れてボタンを押すだけで、自宅でも「生」食パンが作れてしまうのです。

↑「おうち乃が美」は、砂糖に三温糖、塩に「ぬちまーす」など選び抜いた材料を使用します

 

↑計量した材料を次々に入れていく中井シェフ。「初めてホームベーカリーで焼いたパンをスタッフに食べてもらったら、さすがシェフ! と言われました。でも、材料を入れてボタンを押しだだけです(笑)」

 

プログラムを見直してしっとり食感と口どけの良さを実現

この「生」食パン「おうち乃が美」を可能にしたのは、新モデル「SD-MDX101」に搭載した「パン・ド・ミ」メニューの進化にありました。「パン・ド・ミ」とは、皮が薄くてパリッとした、フランス語で「中身のパン」のこと。パンのクラスト、いわゆる皮を楽しむフランスパンに対して、中身となるクラムに味わいを求めるパンです。今回、このプログラムを見直したことで、「生」食パンならではのしっとり食感と口どけの良さを実現しています。

↑新「パン・ド・ミ」メニューでは、イースト投入後のねかしの時間を十分に取り、発酵時間を短縮することで、甘くリッチな味わいに

 

↑そのほかの新機能として、甘さが調節できる米麹タイプの「甘酒」メニューと、自分で設定した「ねり」パターンを5個まで記憶できる「マイねり」機能を追加

 

実際の味はどうなのでしょうか? さっそく試食させていただきました。見た目はごく普通の、皮の焼き色が少し薄いパンですが、白いクラム部分はキメが細かい! そして口に入れてみると、驚くほどしっとりして、とろけるような滑らかさが味わえます。中井シェフによると、パンは切ったところから乾燥してしまうため、手でちぎりながら食べるのがオススメだそう。また焼きたてを食べるより、焼き上がって1時間~1時間半冷ましたほうが、甘味が増すそうです。

↑手でちぎるとクラムの伸びがよく、しっとりした手触り。味も食べたことがないほどに甘くてしっとりしています

 

↑アレンジレシピとして、抹茶を生地に練り込んだ、抹茶&甘栗入り「おうち乃が美」(画像右)と、生地の甘さと、オレンジピール、レモンピールのほろ苦さがマッチするレシピも

 

材料を入れるだけで、パン職人もうなるパンが焼けるパナソニックのホームベーカリー。これを使って、誕生日会やクリスマス会、年末年始で人が集まったとき、さりげなく「おうち乃が美」の「生」食パンを出したらどうでしょう? みんなの驚く顔が目に浮かびますね。

 

協力:楽天市場

TAG
SHARE ON