家電
掃除機
2019/2/12 18:00

玄関も掃除できるとは! シャープ、紙パック式キャニスターの進化を示す

シャープは、紙パック式キャニスター掃除機 EC-VP510を2月21日に発売します。実売予想価格は税抜で5万円前後。

↑紙パック式キャニスター掃除機 EC-VP510

 

軽量素材をパイプ部に採用し、手元にかかる負担を大幅に軽減

本機は、同社紙パック式では初めて航空機などにも使用されている軽量素材「ドライカーボン」をパイプ部に採用し、掃除中の手元の軽さを追求。ホース・パイプ・吸込口の合計質量である“手元質量”を1.2kgに抑えました。これにより、掃除中の手元にかかる荷重は、わずか400gとなり、従来モデル比で約44%低減。より腕への負担が少なく、ラクに掃除できるようになりました。

 

玄関専用のアタッチメント「スグ換え玄関ブラシ」を新搭載

また、今まで掃除しづらかった土足の玄関用に、専用ブラシアタッチメント「スグ換え玄関ブラシ」を新搭載。ブラシには、コシのある硬い毛を採用しており、玄関特有の固まった泥汚れなどもゴシゴシこすってお掃除できます。また、付属のブラシケースに入れて、玄関にすっきり置いておくことが可能。ブラシは、身体をかがめずに立ったまま簡単に着脱でき、付属のブラシケースに入れて玄関に置いておけるので、汚れやゴミに気付いたとき、サッと掃除ができます。

さらに、ラグマットなどの段差を吸込口を持ち上げずにラクラク乗り越えられる「ラグ越えヘッド」、身体をかがめずに立ったままワンタッチで吸込口が外れ、パイプ先端がブラシに切り換わる「スグトルブラシ」を搭載。また、手元から先の重心バランスを見直すことで、パイプ部分を自立させて掃除を中断できる「マジックバランス」を搭載しています。

 

コードレススティックの重さが気になっていた方、従来のキャニスター式、紙パック式になじみがある方、また、玄関の汚れが気になっていた方、手にとってみてはいかがでしょうか。

 

TAG
SHARE ON