家電
2019/12/11 18:30

今後はニオイも期待して! ブルーエア空気清浄機が「ココナッツのフィルター」で「焼肉臭も1分」の脱臭力を獲得

スウェーデンの空気清浄機専売メーカーBlueair(ブルーエア)の日本総代理店セールス・オンデマンドは、除臭能力を高めた「X90i」シリーズを発売しました。もともとブルーエアといえば、空気清浄機の性能を示す世界基準「CADR(Clean Air Delivery Rate」において、600シリーズが最高値以上を獲得するなど高い清浄性能で知られています。本モデルは高い空気清浄性能はそのままに、「除臭に特化した」機能を搭載しているそう。果たしてどれだけニオイが取れるのか? 新製品発表会で体感してきました!

↑今回発売するのは、左から適用畳数75畳の「Blueair Classic 690i」(公式ストア価格10万8800円・税抜)、同33畳の「Blueair Classic 490i」(同8万2800円)、同25畳の「Blueair Classic 290i」(同6万4800円)の3モデル

 

ブルーエア

Blueair Classic 290i

実売価格7万1280円

 

「加湿機能なしで5万円越え」のシェアはかなり厳しい

まず日本ではどんな空気清浄機が売れているのか、市場動向についてセールス・オンデマンド代表取締役社長の室﨑 肇社長による説明が行われました。同社が行ったアンケートによると、空気清浄機を購入した人のうち、約7割が加湿機能付きを購入しており、加湿機能なしは3割以下。また価格帯については、1万円以上3万円未満が約5割であるのに対し、5万円以上は13.8%とかなり少数であることが分かりました。

↑1万円以下の購入者もいるため、6割近くが3万円以下の空気清浄機を購入している計算に

 

「これはブルーエアにとっては非常に困ったデータです」と室﨑氏。というのも、ブルーエアの空気清浄機には加湿機能がついておらず、フラッグシップモデルは5万円を大きく上回っています。

 

「つまり加湿機能がなく5万円を超えるモデルのシェアは計算上、わずか3.9%しかない(加湿機能なし28.8%×5万円以上の高価格帯購入者13.8%=3.9%)ということになってしまいます」(室﨑氏)

 

消臭脱臭機能を強化して競争力を高めたのが「X90i」

続いてユーザーの空気清浄機に求める機能の優先順位を調査したところ、興味深い結果が見えてきました。まずメーカー問わず空気清浄機全体に対する優先順位を見てみると1位「空気清浄機能」、2位「消臭脱臭機能」、3位「除菌殺菌機能」と、「加湿機能」への期待はさほど高くありません。さらに優先順位第1位で選んだのは、7.7%しかいませんでした。

 

一方のブルーエア製品購入者も優先順位は、1位「空気清浄機能」、2位「除菌殺菌機能」、3位「消臭脱臭機能」と、近い結果になったものの、注目すべきは、優先順位第1位に選んだ人の割合。「空気清浄機能」への期待値が圧倒的に高く、90%が選んでいます。それもそのはず、ブルーエアの空気清浄機の空気清浄性能は世界トップクラス。ダストフィルターをあらかじめプラス帯電させておき、吸い込んだ空気に含まれる汚染物質をマイナス帯電させる独自技術により、0.1㎛以上の微粒子を99.97%除去する性能を備えています。

↑求める機能の優先順位。全体(左)に比べて、Blueair購入者(右)は優先順位1位が「空気清浄機能」90%と、かなり重視しているのがわかります

 

この結果から、世界60か国以上で愛用されているブルーエアが日本においても高く評価されていることがわかった反面、消臭脱臭機能を選んだ割合は0%と脱臭への期待値が低いことも判明。そこでここを強化して競争力を高めるべく、今回ブルーエアが投入したのが、強力な消臭脱臭機能とハイスピードな空気清浄性能を兼ね備えた「X90i」シリーズなのです。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
    SHARE ON