ライフスタイル
2019/5/23 18:30

香りからして別格。熟成を経た「赤いピース」は葉巻のような高級感

「熟成」と聞くと、何をイメージしますか? 一般的にはウイスキーをはじめとするお酒でしょう。昨今では牛肉や寿司でも熟成させた味わいが人気です。では、タバコでは? タバコ自体、葉を寝かせる嗜好品ですが、特別に熟成を打ち出す商品はなく、なじみは薄いですよね。それがこのたび、「ピース」から熟成に特化した限定品が発売されるのです。今回はそんな意欲作の話を。

↑会場に鎮座していたのは、一風変わった赤いパッケージのピース

 

開封した瞬間からあふれる香りに驚いた!

訪れたのは「Peace Aroma Lounge 2019」。新商品発表の場であるとともに、抽選で選ばれたピースユーザーに、味を楽しんでもらうイベントです。その主役は「ピース・アロマ・ヴィンテージ」。5月22日から全国で数量限定発売され、20本で1000円というプレミアムなプライスにも注目です。

↑「ピース・アロマ・ヴィンテージ」。平型缶に20本入り1000円となり、タール値12mg/本、ニコチン値1.4mg/本

 

一番の特徴は熟成。通常の紙巻たばこと比較して長期となる、5年以上熟成させた厳選バージニア葉を100%使用。平型缶を外箱で包装するパッケージを採用し、缶を開けた瞬間からバージニア葉の香りが鼻孔をくすぐります。

↑赤い果実を思わせる、フルーティで妖艶なアロマ。新感覚で、ビックリしました

 

特徴的なパッケージのワインレッド色は、5年以上熟成させたバージニア葉の芳醇で深みのある香りを表現しているそう。吸ってみると、今度は正統派のタバコ葉フレーバーが印象的。どっしりとした深みとなめらかな香味があって、リッチな吸いごたえです。

↑凝縮感も魅力。事実、バージニア葉がぎっしりと詰まっていて、持っただけでもその密度がわかります

 

また、これだけ深みのある味わいで、タール値は12mgとそれなりにありながら、嫌な重さはまったく感じないスムースな吸い心地も魅力的。これは高品質な葉を使っているからでしょうか。気になるところです。

 

オーク樽熟成のフルボディワインをイメージ

イベントには開発者が登壇し、インタビューすることができました。JTでピースの開発リーダーを担当する、小澤義美さんです。改めて製品特徴や味の秘密など聞いてみました。

↑小澤義美開発リーダー。「タバコ本来のおいしさを、ゆっくりと味わっていただきたいという思いで取り組んできました」とあいさつ

 

「開発のスタートは2016年ごろだったと思います。イメージしたのはフルボディの赤ワインをオーク樽で熟成させたような香り。そこから表現したのが、フローラルな華やかさと滑らかな芳香。あとは、かすかに残る渋味も特徴ですね」(小澤さん)

 

タバコ界ではバージニア、バーレー、オリエントが3大品種と言われています。そのなかで、ピースのブランドとしての特徴といえば、バージニア。これを昇華させる形で、より甘く華やかな香りに仕上げたのが本作とのこと。では、あの心地いい吸いやすさは、高品質な葉を使っているからなのでしょうか。

 

「実は、良質な葉だけを使っても、芳醇なタバコにはならないんです。バージニア葉を100%使っていますが、なかにはまあまあの品質や惜しい葉も入っており、それをうまくブレンドすることで完成させるんです。産地は詳しく開示できないのですが、アメリカやブラジルなど様々ですね」(小澤さん)

 

その作り方は、ウイスキーのブレンドに共通するものがあるといえそうです。では、5年熟成というのはどういった味わいに起因してくるのでしょうか。

 

 

「全体的な味の輪郭と、深みのある豊かな香りですね。今回、缶を採用しているのですが、まずはぜひ缶のなかからあふれ出る香りを楽しんでみてください。まったく新しい、ピースの魅力を知っていただけると確信しています」(小澤さん)

↑発売前の事前アンケートで届いた、ユーザーからのイメージ。ボルドーのワイン、ウイスキー、バニラなどその声も多彩

 

嗅ぐだけで、その違いがわかることには筆者も納得。また、葉がぎっしり詰まった凝縮感やなめらかな味わいには、葉巻に通じるものがあるとも感じました。1000円と、それなりの価格はしますが、唯一無二の味わいは愛煙家には試していただきたいところ。実物を見かけたら、ぜひチェックを!

 

TAG
SHARE ON