ライフスタイル
2019/9/27 17:00

初めての店で「必ず聞くべきこと」って? 夜の社交場・スナックの「基本マナー」と「名店を探すコツ」の噺

気軽に行けてリーズナブルに楽しめるということで、密かに注目を集めている夜の社交場「スナック」。その魅力や楽しみ方を解き明かしていくのが本連載です。3回目となる今回も、ガイド役はスナック研究の第一人者である⾸都⼤学東京の法学部教授・⾕⼝功⼀氏。スナックに憧れる40代独身のGetNavi web編集者・小林史於(こばやし・しお)による谷口教授へのインタビューを通し、スナックの楽しみ方を紹介します。

 

第1回はスナックの成り立ちをはじめとする基礎、第2回はスナックの現在の課題や未来をお聞きました。ここからはいよいよ実践編ということで、実際に谷口先生の行きつけのスナックへと移動し、実地でレクチャーを受けていきます!

本稿は、もっとお酒が楽しくなる情報サイト「酒噺」(さかばなし)とのコラボ記事です。

連載の第1回、第2回はコチラ

↑⾕⼝功⼀教授。⾸都⼤学東京・法学系教授、スナック研究会代表。専門は法哲学。著書に「日本の夜の公共圏 スナック研究序説」「ショッピングモールの法哲学」(ともに白水社)など

 

「いいスナック」とは「リラックスできる店」のこと

↑谷口先生行きつけのスナックへ。緊張の面持ちで扉を開ける小林

 

小林 ここからは、スナックの選び方とスナックを楽しむコツを聞いていきたいと思います。まずは先生、ズバリ「いいスナックの条件」とは何でしょうか?

 

谷口 結論から言えば、「その人にとって一番リラックスできるスナックがいいスナック」です。つまりは、行きつけの店ですね。というのも、スナックって基本的には生活圏内にあって、地元の人と飲むのが本来あるべき姿だと思うんです。自宅で飲んでいるかのように、くつろいで落ち着ける場所であること。ある意味、家飲みの延長線上にあるといえるでしょう。

 

小林 反対に「良くないスナック」というのはどんな店ですか?

 

谷口 これは当たり前ですけど、あまりにも汚いスナックはダメですね。生活臭が出すぎなほど散らかっているとか。家のようにリラックスできる居心地のよさは大切ですが、あくまでもスナックは商売。他人の生活空間のようなお店に入ってしまった場合、僕は早めに切り上げ、次のスナックに行きます。

 

旅先の一番店を探すなら、ちょっといい寿司屋で聞くのがオススメ

小林 では、生活圏にない場所でスナックを探す場合、たとえば旅先の場合は、どういった観点でスナックを探せばいいですか?

 

谷口 ひとつ挙げるなら、何十年もやっているような老舗を探すことですね。というのも、飲食店は経営が難しいですから、寿命が短いんです。そのなかで長く続けていること自体がスナックの実力の高さを物語っているわけです。しかも、どの地域にも地元の名士が来るような一番店があって、そういったスナックのママは当然人柄も素晴らしいんですよ。

 

小林 長く続いている店を探す、なかでも地域の一番店を狙う、ということですね。でも、スナックってインターネットにもあまり情報がないですよね。地域の一番店はどうやって見つければいいんでしょう?

 

谷口 ちょっと高級なお店、たとえばカウンターのあるお寿司屋さんに行って聞くのがオススメです。開店すぐなど早めに行って、行儀よくひと通り食事を楽しみましょう。頃合いを見計らって大将に、『この辺りで、いいスナックはありませんか?』と聞けば、たいてい教えてくれます。それなりのお寿司屋さんならお客さんも立派な方が多いですから、地域の一番店もご存じですよ」

 

小林  急がば回れ、ということですね。一番店にたどり着くには、それなりのお金と労力が必要だと。

 

谷口 付け加えるなら、ジャケットを着ていくなど、ある程度身だしなみは整えたほうがいいですね。信用が大切な業界なので、心配な要素がある人を紹介したくないですから。その点に気をつけていれば、一見客で行ったとしてもひとつの縁なので、いいスナックを教えてくれるでしょう。そして、紹介先のスナックに着いたら、どこのだれに教えてもらったときちんと伝えましょう。その店が初めてだったとしても、ママの対応が違ってきます。会話もスムーズになるでしょうし。

 

小林 確かに、紹介があればお店側も安心しますよね。

 

谷口 私の場合、地方は講演会や会合で行くことが多いので、主催の方や参加者に紹介してもらうことがよくあるんです。それもあって、まっさらの一見客でスナックに行くケースはほぼありません。講演会でなくとも、現地の知り合いに聞いたり、それこそ寿司屋で聞いたり、何かの縁を頼ったりすることがほとんどですね。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON