アウトドア
2019/10/9 20:00

アーバンリサーチが蓼科にキャンプ場を開業! アウトドアブーム最高潮のいまお洒落に楽しめる理想郷に行ってきた

アウトドア人気の高まりで、各地にキャンプ場が新規開業している昨今、非常に注目度の高い施設がオープンしました。なんと、アパレルを中心に手掛けるアーバンリサーチによるものです。様々な設備が整ったロッジ、キャビン(宿泊小屋)、テントサイトを中心に、魅力をお伝えしていきましょう。

 

↑場所は長野県・八ヶ岳のふもと。蓼科(たてしな)湖畔に隣接した、開放感満点のロケーションです

 

店舗やフェス運営の知見を生かした唯一無二のキャンプ場

名称は「TINY GARDEN 蓼科」。新宿からであればクルマや電車で約2時間半の場所にあり、標高は1250m。澄みきった空気と清らかな水、白樺の木々がリラックスなひとときにいざないます。

 

↑湖と森の間につくられていて、その敷地は4800坪と広大

 

「TINY GARDEN」と聞いて「知ってる!」と思ったら、それはアウトドアが好きな証拠でしょう。「アーバンリサーチ」は2013年から毎年「TINY GARDEN FESTIVAL」というキャンプイベントを開催しており、つまり今回はその常設版。店舗やフェスの運営で培った知見を生かし、これまでにないキャンプ場をつくったのです。

 

↑もともとあったキャンプ場を前オーナーから譲り受け、リノベーション。キャビンなど、以前の施設を生かして新装した部分もあります

 

見どころのひとつがロッジ。ここはチェックイン/アウトなどの受付をするだけでなく、カフェ、ショップ、レンタル、客室、温泉といった設備も整っています。

 

↑ロッジは温泉旅館をリノベーションした空間。外観からカフェのテラスが見え、2階は客室。地下には蓼科温泉の温浴施設があります

 

なかでも、ほかにはない特徴がショップ。バイヤーが選りすぐったハイセンスなアウトドアグッズなどのほか、なんと「TINY GARDEN 蓼科」開業に合わせて立ち上げた「EKAL」という新ブランドのファッションアイテムも販売されています。

 

↑そこはもはやアパレルのショップ。ちなみに「EKAL」は湖畔をテーマにしており、表記はLAKEの逆読み。ブランドを立ち上げてしまうとは、さすがアーバンリサーチ!

 

↑フードや雑貨のコーナーも。食品もプライベートレーベルの「DOORS GROCERY」をはじめ、ラインナップ豊富
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON