アウトドア
2020/5/15 10:30

丸めて持ち運ぶ洗濯機!? 上下左右に振って洗う「LOGOS シェイク洗濯袋」レビュー

キャンプ用品やアウトドアグッズを始め、様々なアウトドアグッズを販売する「LOGOS」。ちょっとした困りごとを解決する、ユニークなアイデア商品が人気を博しています。中でも同社が手がけた「LOGOS シェイク洗濯袋」は、“かばんに収納できる洗濯機”という驚きの売り文句で話題に。ネット上でも「気軽に洗えるから、出張先に持っていく衣服をちょっと減らせる」「連泊する時は手放せないね」と大好評の洗濯袋を、実際に使ってレビューしていきます!

 

●少量の洗い物に大活躍!「LOGOS シェイク洗濯袋」(LOGOS)

出張中やアウトドアシーンなど、気軽に洗濯できなくて困る場面は意外に多いですよね。出先で洗濯できない時は持っていく衣服を増やすしかないので、どうしても荷物がかさばってしまいがち。しかし今回ピックアップした「LOGOS シェイク洗濯袋」(3600円/税別)があれば、出先でも気軽に衣服を洗って着回せますよ。

 

同商品は柔らかくて丈夫なTPU素材を使っており、広げた時のサイズは約72(縦)×44cm(幅)。容量も約7Lと大きめですが、収納すると折りたたみ傘程度の超コンパクトサイズに収まります。

 

 

使い方は簡単で、まず袋の口を大きく開いて洗濯物と洗剤を投入。袋の3分の1程度まで洗濯物を入れたら、続いて水を入れていきましょう。袋には中の様子が見られるひし形の窓がついているので、洗濯物がどれくらい入っているか一目でわかります。

 

 

 

袋の口を閉じて窓のある方向に4回ほど折り込み、バックルを留めてひたすらシェイク。十分に洗った後、袋の下部にあるバルブを緩めて水を抜いてください。泡がなくなるまですすいだら、袋ごと丸め込んでしっかり脱水。水はバルブからしか出てこないので、周りを濡らしたくない場所でも安心して洗濯できます。

 

どこでも洗濯できるのがうれしい同商品ですが、普段の生活でも役に立つシーンは豊富。他の洗濯物と一緒に洗えないデリケートな衣類や、特に汚れが酷いアイテムを洗う時などに大活躍してくれます。

 

実際に購入した人からは、「アウトドア用に買ったけど、家で使う機会の方が多いかも。汚れた靴下は他の衣類と一緒に洗いたくないから助かってます」「脱水まで簡単にできるのはすごいよね。出張先で衣類が洗えるから、持っていく荷物がグっと減らせた」「旅行や出張など、連泊する際は必須のアイテムです」といった声が相次いでいました。

 

衣服やタオルを入れて中の空気を抜けば、圧縮袋としても使える「LOGOS シェイク洗濯袋」。シーンを問わず活躍する超コンパクト洗濯袋を、ぜひチェックしてみてください。

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

TAG
SHARE ON