スポーツ
サッカー
2017/3/2 20:00

これがジダン監督流! レアル・マドリー選手の能力を引き出す“パス”がおもしろい

ジネディーヌ・ジダンの監督としてのキャリアは、いまのところ順調そのものだ。

 

昨年1月、成績不振により解任されたラファエル・ベニテス氏に代わり、レアル・マドリ―の監督に就任。それまでトップチームを率いた経験がなかったことから指導力が注目されたが、なんといきなり欧州最高峰の舞台「UEFAチャンピオンズリーグ」で優勝してしまった。

 

今シーズンもリーグでは首位バルセロナと勝ち点1差の2位(※3月2日時点。消化試合はバルセロナよりも1試合少ない)。チャンピオンズリーグでもベスト16の第1戦でナポリに3-1の勝利を収めている。

 

ジダン監督のスタイルは「調整型」といえるだろうか。現役だったユヴェントス時代に指導を受け、レアル・マドリーでも2013-14シーズンに自身が副監督として仕えたカルロ・アンチェロッティ監督に近く、選手それぞれの立場を尊重しつつチームとして最大限に力を発揮できるよう調整するタイプだ。

 

ジダンは2011年5月にスポーツディレクターに就任して以降、レアル・マドリーで長い時間を過ごしており、選手たちとは継続的にコミュニケーションをとってきた。選手たちにとっても、あのジダンと一緒にボールを蹴ることができることは夢のような時間でもある。先日のトレーニングでも、そんなことが感じられる場面があった。

 

シンプルなシュート練習だが、そこにはジダンの姿!

 

しかも主力選手の一人であるブラジル代表の左サイドバック、マルセロがパスを出すと、まるでシュートのようなボールを返し、そのリターンを今度は浮かせてパス。この挑戦的なシチュエーションに応えるようにマルセロは、GKがお手上げの見事なボレーシュートを決め手みせた。

 

これだけを見ても、ジダン監督と選手たちの良好な関係がうかがえる。

 

1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節のラス・パルマス戦では、47分にギャレス・ベイルが退場しながら、終盤にクリスティアーノ・ロナウドの連続弾で2点差を追いつき、3-3の引き分けに持ち込んだレアル・マドリー。

 

公式戦での45試合連続得点はリーガ新記録! ジダン監督率いるチームは今シーズン、リーガのタイトル奪還とともにチャンピオンズリーグ連覇を目指す。

TAG
SHARE ON