スポーツ
2017/6/15 16:00

BBQやキャンプでも使える「マルチなランニングシューズ」ってどれ? 高コスパの3足を厳選!

ファッション性が高く、ランニングと普段履きの両方で活躍する新作ランニングシューズを紹介。ここでは着用シーンをフィールド(BBQやキャンプ)に絞って、各モデルの使える理由を解説します。BBQやキャンプへ行くときの大本命シューズは、トレイルランニング用モデル。アウトドア遊びはもちろん、普段のロードでも走れる汎用性の高いシューズをピックアップしました。(製品画像やリンクをクリックすると楽天市場の検索ページに遷移できます)

 

0608-yamauchi-133

 

アウトドア遊びの足元はトレランシューズで決まり!

登山やキャンプ人気に比例して、トレイルランニングを楽しむ人が増加。街中とは異なり、自然と対峙しながら走るには、それ相応の機能を搭載したシューズが必要です。

 

「つま先を保護する機能や、岩場など悪路を走ることを想定した厚めのソールが特徴です。春夏モデルに関しては、メッシュのアッパーで通気性を高め、雨で濡れても水をシューズ内に留めない構造もポイント」(スタイリスト 近澤一雅さん)

 

野外フェスやキャンプはもちろん、街中でのアウトドアミックススタイルでも、トレランシューズが活躍。ボリューム感やビビッドカラーが着こなしのポイントになります。

 

【その1】独自のミッドソール構造で凸凹道もスムーズに走れる

0608-yamauchi-134

ホカオネオネ
チャレンジャー ATR 3
1万9440円

ロードやトレイルを問わず、あらゆる路面環境に適応。独自のミッドソール構造、足とシューズを一体化させるフィッティングで、快適な走りへと導きます。アウトドア映えするカラーリングとゴツさも魅力です。

 

0608-yamauchi-135

4mmもある溝が優れたグリップ性を発揮。悪路での安定性を維持するアウトソールです。

 

0608-yamauchi-136

中足部のフィッティングを高めて安定させるスピードフレーム構造。通気性の高いアッパーも魅力です。

 

【注目ポイント】他ブランドと一線を画す履き心地とデザイン

「自然な足運びをガイドする独特のソール形状。海外で数々のギア賞を獲得してきただけに、機能はもちろんデザイン性も秀逸です。足元で主張するボリューム感もユニーク! 他ブランドとの差別化が図れますね」(近澤さん)

 

【その2】スマート顔ながらも悪路を走破する機能派

0608-yamauchi-138

コロンビア モントレイル
マウンテンマゾヒストIII
1万4040円

長距離の凸凹した路面を走破するために開発されたモデル。ミッドソールのクッション性、ホールド性のバランスが高く、荒れたトレイルでも安定した走行を実現。イエローの差し色がアクセントになるスタイリッシュなデザインです。

0608-yamauchi-140

足裏全体にトレイルシールドが施され、岩場の突き上げから足裏を保護。グリップ力と耐久性に優れています。

 

【その3】ポップな色使いで春夏の野外遊びで活躍

0608-yamauchi-137

ザ・ノース・フェイス
ウルトラ カーディアックII
1万6200円

質実剛健な作りと肉厚のソールが特徴。高い衝撃吸収性と反発性を誇ります。ミッドソールが固めなので、フォームが定まらないエントリーランナーにこそオススメしたいモデルです。フィールド映えするビビッドカラーも魅力。

 

0608-yamauchi-140

衝撃吸収性に優れた肉厚なEVAミッドソールを採用。フラットな路面での安定性に抜群の威力を発揮します。

 

【解説してくれた人】

スタイリスト

近澤一雅さん

スポーツをはじめ、アウトドア系のスタイリングで活躍。今回は機能性とファッション性の両面をじっくりチェックしてもらいました。