スポーツ
2018/12/26 17:00

真冬のスポーツ観戦を「快適」かつ「お得」に楽しむオススメ防寒アイテム5選

冬のスポーツイベントといえば、ラグビーやサッカー、マラソンなど、屋外で行われる競技も多くある。そんな白熱のゲームを暖かい部屋でテレビ観戦するのが年末年始の恒例行事という方も多いだろう。できることなら生で観戦したいが、開放的なスタジアムで長時間同じ場所に留まって観戦するのは寒さが心配。そのため、なかなか行動に移せない方も多いのでは?

 

生で観戦した時のその迫力や緊張感、臨場感は一度体験したら忘れられないもの。それはもちろん分かっているけど……。そこで、そんな寒さ対策の心配を払拭すべく、真冬のスポーツ観戦は初めてという人のための、寒さに負けないアイテムを紹介しよう。

 

 

防寒のポイントはいくつかあり、それぞれの対策グッズの種類や価格はさまざま。タウンファッションの量販店や100円ショップなどで手軽に手に入る防寒グッズもあるが、ここではより万全で快適な防寒対策として、機能性が高く、見た目にもオシャレ、さらには普段使いにも活躍する汎用性の高いアイテムを、アウトドアブランドやスキー・スノーボードブランドからチョイスした。この冬は、万全の防寒対策を知って、心も身体も熱くなる生のスポーツ観戦に挑戦しよう!

 

<防寒アイテム選びのココがポイント>

・安易に量販店や100円グッズを選ぶなかれ!

・機能充実のスキー&スノーボードブランドからチョイス!

・しっかりしたアイテムを選べば、普段使いでも活用できる!

 

[01 吸湿発熱インナー]

薄手ながら高い保温性とドライ感を実現

モンベル(mont-bell)

ラウンドネックシャツ スーパーメリノウール

実売価格4968円

 

<注目ポイント>

・薄手なのに抜群の保温性を実現

・厳選した天然ウールを使用

・吸湿発熱性に優れるスーパーメリノウールを採用

タウン用の防寒インナーウェアでは、高い性能を持ちながら安価な物も続々と登場しているが、アウトドアブランドからリリースされているインナーウェアは、やや高めだがより高い機能が備わっているので検討したい。アウトドア総合メーカー、モンベルのこのインナーウェアは、過酷な環境に対応するための機能が満載。厳選された天然素材のウールを使用することで、薄手ながら高い保温性を実現した。登山やハイキングから、旅行、日常生活まで一年を通して幅広く活躍する。

 

[02 クッション]

自動的に空気で膨らむエアークッション

フィールドア(FIELDOOR)

エアークッション

実売価格1620円

 

<注目ポイント>

・空気の出し入れはバルブを回すだけ

・中材のウレタンフォームによる高い座り心地

・コンパクト収納で持ち運びも便利

競技場のシートはプラスチック製など簡易な物が多く、寒さもお尻から伝わってくる。そのためマットは必需品。100円均一などでも折り畳み式のマットを扱っており、それでもある程度の防寒にはなるが、さらに座り心地などを考えると、アウトドアブランドのエアークッションがオススメだ。2つのバルブを開くだけで自然に膨らみ、中材には高密度ウレタンフォームが使用されているので普通のエアークッションよりもクッション性がよく、厚さが5cmあるのでシートからの冷気をより遮断してくれる。

 

[03 ブランケット]

クライミングブランドならではの高機能

ブラックダイヤモンド(Black Diamond)

フィルパワー ダウンブランケット

実売価格3980円

 

<注目ポイント>

・高品質ダウン使用の軽量&高保温

・洗濯可能なのでいつでも清潔

・152×177cmのゆったりサイズ

ヒザ掛け、肩掛けとして重宝するブランケットもスポーツ観戦には欠かせないアイテム。旅行時や自宅などさまざまなシーンでも使用できるので、機能にもこだわりたい。FP700のこのブランケットは、クライミング用品で有名なブラックダイヤモンド社製。FP700のFP(フィルパワー)とは、羽毛のかさ高性を示す単位で、数値が高ければ同じ重さでも保温効果の高さが期待できる。目安は500以下が低品質、700以上は高品質ダウンといわれている。サイズは大きめなので、ヒザ掛けなら2人並んで使用することも可能だ。

 

[04 ネックウォーマー]

スノーボード人気No.1ブランドの存在感

バートン(Burton)

ネックウォーマー

実売価格2430円

 

<注目ポイント>

・シンプルなフリースタイルタイプのデザイン

・透湿性と速乾性が高く常にドライな状態をキープ

・スノーボードNo.1のブランド力

首回りの防寒もポイントの一つ。マフラーでも冷気を遮断してくれるが、より首回りをしっかりと覆ってくれるのがネックウォーマーだ。頭からかぶるので、人込みの中、マフラーよりも紛失の可能性も低い。スキーヤー、スノーボーダーにはお馴染みのアイテムで、このバートンはスノーボード界ナンバー1の人気ブランド。形やデザインはシンプルだが、ブランドタグが存在感を示している。競技者が使用しているだけに機能性も高く、透湿性と速乾性の高いDRYRIDE THERMEX素材の採用で、常にドライな環境をキープしている。

 

[05 ダウンコート]

タウンユースなどシーンを問わず活躍

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

アッセントコート

実売価格3万6936円

 

<注目ポイント>

・カバー率の高いコート丈のデザイン

・環境に配慮したリサイクルダウンを使用

・タウンユースでも安心のファッション性

観戦時における防寒具の代表といえばベンチコート(スタジアムコート)。控え選手が試合中にベンチで暖を取るなど、馴染みのアイテムで、多くのスポーツメーカーから出ているが、タウンユースで活用するのは少し抵抗のあるものも。そこで、機能性はもちろん、タウンユースでも活躍できるデザインのコートをご紹介。このザ・ノースフェイスのダウンジャケットは、アウトドアでも対応できる高性能を持ちながら、街着としてのファンション性も兼ね備えているので、シーンを問わず、幅広く活躍してくれるだろう。

 

協力:楽天市場

TAG
SHARE ON