話題
2018/9/19 21:30

アイドルオタク最大限の愛情表現“ケチャ”を一身に受け止めるライブモンスター・上月せれな

日々新しいスターが生まれて大活躍を繰り広げているが、次は一体誰がメディアを騒がすことになるのだろうか。この記事では、いま話題の女性有名人を紹介! 今回紹介するのは、アイドルの上月せれな。

 

若干19歳にしてベテラン並みのステージ経験を誇るソロアイドル

出典画像:上月せれな 公式Twitterより

 

“ライブモンスター”の異名を持つソロアイドルの上月せれな。彼女はデビュー当時から数えきれないほどのライブをこなしており、定期公演、ワンマンライブ、フェスを問わず様々なステージで活躍してきた。時には台湾など海外で公演を行うこともあり、その驚異的なバイタリティはアイドル業界でも高い評価を獲得している。

 

まだ19歳という若さにもかかわらず、ベテラン並みのステージ経験を持つ上月。国内最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL」には3年連続で出演し、今年の7月に開催されたアニソンフェス「ANISON B.B. FESTIVAL」ではトップバッターで登場している。玄人ファンが多く集まる話題のフェスでも、彼女は持ち前のステージ度胸で難なく会場を盛り上げた。

 

上月のライブでは、ファンが一体感を持って盛り上がっている光景も有名。最大限の愛情表現である“ケチャ”が飛び交うのはもちろん、まるで人生を懸けているかのような“ダッシュケチャ”を披露するファンも少なくない。ちなみに“ケチャ”とは、ステージ上のアイドルに向かって手やペンライトをひらひらと振りながら祈りをささげる動作。彼女のライブに訪れたアイドルオタクたちは、ここぞとばかりに全身全霊ではしゃぎ倒している様子。

 

「#本日のライブモンスター」というハッシュタグをTwitterで検索すると、彼女のスタッフがアップしているライブの光景が視聴可能。活き活きとしたファンたちも一緒に映されているので、気になる人は1度チェックしてみると面白いかも。

 

また上月は、スマートフォンやパソコンから手軽にライブ配信ができる「TwitCasting(通称・ツイキャス)」で1000日連続配信を達成している。ファンとの繋がりを大切にする彼女に対し、ネット上では「せれちゅはライブも多いし毎日ツイキャスにいたから、ホントに身近に感じられる」「1人であれだけ熱いライブパフォーマンスを魅せられるなんてスゴいと思う。その上ツイキャスでも癒してくれて、こんな最高のアイドルは他にいない!」と絶賛する声が続出。

 

ファンから放たれるあふれんばかりの熱量を受け止めながら、これからも第一線で活躍してほしい。

 

プロフィール
名前:上月せれな(コウヅキセレナ)
生年月日:1999年7月1日
出身:長野県

TAG
SHARE ON