話題
2018/9/28 21:30

“カメ止め旋風”の立役者! ヒロイン役の女優・秋山ゆずきが放つ魅力にファン爆増中

日々新しいスターが生まれて大活躍を繰り広げているが、次は一体誰がメディアを騒がすことになるのだろうか。この記事では、いま話題の女性有名人を紹介! 今回紹介するのは、女優の秋山ゆずき。

 

話題の映画「カメラを止めるな!」でヒロインを好演

出典画像:秋山ゆずき 公式Twitterより

 

これまで舞台や短編作品をメインに、地道な女優活動を続けていた秋山。そんな彼女の名前を一気に知らしめることになったのが、映画「カメラを止めるな!」だった。同作は公開当初の上映館が、都内でわずか2館のみのインディーズ作品。ところが口コミで人気に火がつくと200スクリーン以上まで拡大し、製作費300万円に対して興行収入21億円超えの特大ヒット作へと成長を遂げている。

 

今なおヒットを記録し社会現象化している同作で、秋山はヒロインの女優役を熱演。話題の中心にある“1カット32分”にもおよぶ長回しシーンでは、ゾンビの襲撃をかわしつつ反撃に転じて血まみれ状態に。タンクトップにホットパンツという、ホラー作品のヒロインらしい露出度の高い衣装も観客の興奮を呼ぶことになった。

 

複雑な構成のなかで活き活きとヒロインを演じた秋山は、作品とともに注目を浴びることに。ネット上には「こんな体当たり演技ができる若手女優がいたとは」「『カメ止め』に出てくるキャラクターみんな大好きだけど、可愛さとセクシーさもあってゆずきちゃん推しになりました」「ヒロインのコは個性が光ってて良かったなぁ。違う女優さんだったら評価変わってたかも」「正直に言わせてもらうとホットパンツから伸びる太ももに釘づけだった」といった声が相次いでいる。

 

「カメラを止めるな!」は無名の役者が起用されていたが、特大ヒットを受けてそれぞれの俳優がメディアに引っ張りだこに。秋山は9月4日放送の「踊る! さんま御殿!!」に、主演俳優・濱津隆之とともにゲスト出演を果たしている。さらに沢口靖子主演のドラマ「科捜研の女」10月14日放送回への出演も決定し、秋山はツイッターでファンに報告しながら「本当に… こんな事が起きるなんて…。ずっとずっと夢の中に居るみたいです」と喜びを噛みしめていた。

 

ちなみに秋山はかつてグラビアアイドルとして活動していた時期もあり、2013年11月にはイメージDVD「ゆずゆず」を発売。布面積の小さい水着でスレンダーボディを見せつけたほか、ハイレグ感の強い衣装でY字開脚を披露するなど大胆な姿を披露している。

 

先日行われた舞台挨拶で、「『カメ止め』では胸をちょっと盛らせていただいて」「Dカップくらいに」と自ら暴露していた秋山。新作ではどんな“女優魂”を見せてくれるのか、楽しみにしていよう!

 

プロフィール
名前:秋山ゆずき(アキヤマユズキ)
生年月日:1993年4月14日
出身地:埼玉県
身長:155cm
趣味:写真編集、動画編集
特技:クラシックバレエ、水泳

TAG
SHARE ON