乗り物
クルマ
2020/5/12 19:45

AIで愛車の査定価格をチェック! 「ガリバー ドライブスルー査定」は非対面でOKな新サービス

中古車自動車販売業ガリバー(IDOM)は、クルマから降りずに、愛車の査定ができるドライブスルー形式の非対面査定サービス「ガリバー ドライブスルー査定」を、香川県高松市・ガリバー高松中央通り店(香川県高松市東ハゼ町17-24)に併設し、サービス提供を開始中。

 

ドライブスルー査定は、リアル店舗とデジタルが融合した新感覚の査定サービスです。クルマに乗りながら査定ステーションに設置してあるマイクに向かってクルーに話しかけると、ガリバーが独自に開発したAIが査定価格を算出、約3分で査定価格がモニターに表示される仕組み。ドライブスルー査定で算出された査定価格は、LINEに保存することができ、売却までの様々な悩みを気軽にクルーに相談することも可能です。昨今の新型コロナウイルス感染症に不安を抱える状況下、入店から価格の確認、退店まで全て非対面で行えます。

↑査定の流れ。車検証の準備→車検証情報を教える→車両情報を教える→査定価格の確認→査定価格を保存と、約3分で終了

 

そもそもこのドライブスルー査定に活用されているガリバー独自開発の査定AIは、「ガリバーオート」アプリとして提供されているものです。 ガリバーオートは近くに店舗がないユーザーにも、プロの品質をそのままに、無料で利用可能できるアプリ。ガリバーが独自開発したAI査定は、ガリバーの査定実績やマーケットデータのみならず、クルマの販売ニーズや生のユーザーの声など人の“感覚”を融合したロジックで構成されています。また、希少(輸入車・高級車)車両、ダメージ車両などは、「専門人」が査定するため、全車種100%の査定カバー率が特徴です。

 

ドライブスルー査定は外出時の立ち寄り、雨天時、同乗者に幼い子どもがいるなど、来店のハードルが高いと感じる際にも活用できる便利なサービスです。現在は香川県だけですが、今後他都道府県にも増やしていく可能性もあるとのこと。

 

TAG
SHARE ON