雑貨・日用品
2018/5/19 18:00

洗濯の手間をサクッと軽減! アイデア満載の洗濯便利グッズ4選

洗濯って面倒だよなぁ、と感じている人は多いはず。かといって後まわしにすると、どんどん衣類がたまってさらに手間がかかってしまいます。そこで今回は、洗濯ばさみの代わりに特殊なクリップがついたランドリーハンガーや、洋服を入れたまま洗濯機に放り込める衣類ケースなど、洗濯の手間を軽減してくれる商品をご紹介。アイデアグッズが盛りだくさんなので、ぜひチェックしてみて下さい。

出典画像:森田アルミ工業 公式サイトより

 

[その1]

洗濯物を干す手間が軽減されるランドリーハンガー

出典画像:Image Craft 公式サイトより

Image Craft
いちどにありがとう32
Image Craftの「いちどにありがとう32」は、1度にたくさんの洗濯物が干せるランドリーハンガーです。洗濯ばさみの代わりについたクリップの先端部分には、柔らかい「エラストマ樹脂」を使用。グリップ力に優れている上、洗濯物に跡がつきにくいのも嬉しいポイントです。上部にはクリップの並びに沿った開放バーを搭載。開放バーを握ると、1列分(4カ所)の洗濯物をまとめて取り外せます。

 

<注目ポイント>

・優れたグリップ力
・1列ごとにまとめて外せる
・クリップが1つ1つ脱着可能
クリップも開放バーも軽い力で動くので、手先の力が弱い人やケガなどで自由に手が使えないときでも楽々使用可能。クリップは1つ1つ本体から取り外せます。単体のクリップが別売りされているので、壊れてしまっても安心。

 

[その2]

ワイヤーが物干しざおに大変身

出典画像:森田アルミ工業 公式サイトより

森田アルミ工業
pid 4M
森田アルミ工業の「pid 4M」は、ワイヤーを伸ばして洗濯物を干せる室内物干しです。本体プレートとフックプレートを向かい合った壁面に取りつければ、洗濯物を干したい時にワイヤーを引っ張り出してフックにかけるだけ。ワイヤーをかけた後は本体プレートをロックすると最大10kgの荷重にも耐えられます。

 

<注目ポイント>
・ワイヤーの長さは4.0m
・シンプルなデザイン
・ワイヤーの巻き戻りがゆっくりで安全
どんな空間にも溶け込むシンプルなデザインで、ワイヤー収納時は全く邪魔になりません。ワイヤーを引っ張っている時にうっかり手を離してしまっても、ゆっくりと巻き戻るように設計されているので安全です。ネジを使って壁に設置するので、壁の材質には注意が必要。

[その3]

洋服を入れたまま洗濯機に放り込める衣類ケース

出典画像:無印良品 公式サイトより

無印良品
そのまま洗える衣類ケース
無印良品の「そのまま洗える衣類ケース」は、洗濯ネットの素材を使用した持ち運びに便利な衣類ケース。旅行などから帰ってきた時に、衣類をケースに入れたまま洗濯できます。カラーバリエーションはブルーとグレーの2タイプで、シンプルなデザインも特徴の1つ。

 

<注目ポイント>
・洗濯ネットの素材を使用
・衣類を入れたまま洗濯可能
・性別を問わないシンプルなカラーバリエーション
無印良品から発売されている、「パラグライダークロスたためる仕分けケース」の中サイズにピッタリ収まります。仕分けケースの中に衣類ケースを収納すれば、省スペースで未使用の服と着用後の服を分けることが可能。

 

[その4]

えりやそでの頑固な汚れをキレイにする専用ブラシ

出典画像:ダイヤコーポレーション 公式サイトより

ダイヤコーポレーション
音波振動えり・そでブライトⅡ
ワイシャツのえりやそでの頑固な汚れをキレイにしてくれる専用ブラシ「音波振動えり・そでブライトⅡ」。頑固な汚れに適した“パワーモード”と、生地に優しい“ソフトモード”の2段階で皮脂汚れを浮かせます。ブラシは毛先が細い特殊な毛を使用しているので、繊維の奥までしなやかに届いて生地の傷みを軽減。

 

<注目ポイント>
・皮脂汚れを音波振動で浮かせる
・衣類に優しい極細毛
・水洗いできるので手入れも簡単
長くブラッシングしすぎないよう、30秒ごとに振動して教えてくれる「お知らせ振動」、2分間で自動停止する「オートパワーOFF機能」が搭載されています。また、ブラシ部分は取り外し可能。スペアも別売りされているので、古くなったブラシと交換して使えます。

TAG
SHARE ON