雑貨・日用品
2020/1/29 10:30

家の鍵閉めたっけ? Twitterで約6.6万「いいね」の「火の元・戸締りチェッカー」、アナログすぎるが、それがいい

キッチン用品やインテリアグッズなどを販売しているコモライフの「火の元・戸締りチェッカー」は、物忘れの防止に役立つアイテムです。ユーザーがTwitterで使用感をつぶやいたところ、約6.6万「いいね」を獲得した同商品。ネット上からは「電気の消し忘れが少なくなりそう」「出かけた時に戸締りをしたか不安にならない」と好評の声が。話題になった同商品の魅力に、さっそく迫っていきましょう!

 

●「火の元・戸締りチェッカー」(コモライフ)

外出中に「ちゃんと家の鍵を締めたかな?」「電気をつけたままだったかも…」と不安になることがあるはず。同商品を利用すれば、戸締りなどを行ったかどうかをすぐに確認できます。オレンジ色を基調としたチェッカーは、丸みを帯びた長方形のデザイン。サイズは約5.5(縦)×10(横)×0.6cm(厚さ)ほどで、手のひらと同じくらいの大きさです。

 

↑項目のシールは全部で17種類

 

チェッカー以外にも、キーホルダーと項目シールが付属していました。キーホルダーをチェッカーの端部につけると、様々なアイテムに装着可能。シールは「電気」「玄関」といった主要なものから、「こたつ」「ストーブ」などの細かい項目まで選べます。全部で17種類ありますが、自分で書き込める“フリー項目”も用意されているのはありがたいですね。チェッカーにはシールを6か所貼れるので、忘れやすい項目をチョイスしてください。

 

 

使い方は“スライダー”を動かし、外出前に確認した項目を「×」から「○」へ変更するだけ。試しに使ってみると、“カチッ”と音を立てながらスライダーを移動できました。スライダーはとてもガッチリしており、勝手にスライドすることはなさそうです。また「×」がピンク色で「○」が青色になっているため、ひと目でチェッカーを確認できるのもGOOD。ちなみにフリー項目に書く内容次第で、様々な用途に使えます。例えば「朝」「昼」「夕」と書き込めば、薬の飲み忘れを防止できるかもしれません。

 

 

実際購入した人からも大好評で、「子どものランドセルにつけたら効果覿面! 宿題や忘れ物が少なくなりました」「かなり忘れ物が減った気がする。やっぱり可視化するのは大事」「項目シールの種類がとっても豊富。2つ買って利用するのもアリです」「自分用にカスタマイズできるので超便利! 忘れっぽい私には必須アイテム」といった評価が寄せられています。

 

“見える化”でやるべきことを確認できる「火の元・戸締りチェッカー」。うっかりしがちな人は、同商品で忘れ物を防止してみてはいかが?

 

【ギャラリー】

TAG
SHARE ON