著者 - 会田肇

会田肇

デジタル関連ではビデオカメラに精通するライター。自動車やカーナビ、カーオーディオの造形も深い。海外モーターショーにも積極的に足を運ぶ。最近では、サプライヤーへの取材にも力を入れBtoCだけでなくBtoBの世界にも明るい。

20171117-i04 (1)

AV

これなら買えそう! GLIDiCから1万円を切る完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-5000」登場

ソフトバンク コマース&サービスが展開するオーディオブランド「GLIDiC(グライディック)」から、左右分離型の完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-5000」と、究極のハイクオリティサウンドを追求したハイレゾ対応リケーブルイヤホン「SE-9000HR」が登場した。[caption id...

これは新たな撮影体験だ! GoPro最新モデル「HERO6 Black」を使ってわかった驚愕の進化

今秋のGoPro新モデル「HERO6 Black」は、より高度な処理を実現する「G1チップ」を搭載して登場した。一見、前モデル「HERO5 Black」との違いはほとんどないように見えるが、中身はまったくの別物。前モデルの2倍を謳うパフォーマンスとシリーズ最高画質を実現しており、その実力の高さは予想をはるかに超えるものだったのだ。

現地では何が起こっていた? 室屋義秀、レッドブル・エアレース総合チャンピオンへの道

"空のF1"とも呼ばれる飛行機レースの世界大会「レッドブル・エアレース」の2017年最終戦が10月15日、米国・インディアナポリスにある「モーター・スピードウェイ」を舞台に開催。日本人パイロットの室屋義秀選手が優勝し、同時にアジア人として初の2017年シリーズ総合優勝も果たした。

台湾ベンチャーが仕掛ける新発想のシェアリングサービスが斬新! 電動スクーターを最短6秒でフルチャージ

いま、日本で身近な交通手段として人気急上昇中なのが「電動アシスト付き自転車」だ。都市部ではシェアリングサービスの実証実験も始まっており、その人気はますます高まっていくものと思われる。そんな日本市場の活況を受け、台湾のベンチャー企業「Gogoro」社が自社の電動スクーター「Gogoro2」を使ったシェアリングサービスを、今年度中にも石垣島でスタートさせる。

20171011-i03 (2)

AV

いままでのノイキャン機能はなんだったのか? 圧倒的静寂を手に入れたBeatsの最新ヘッドホンがすごい

Beats By Dr. DreのヘッドホンのスタンダードともいえるStudioシリーズがモデルチェンジを果たし、「Beats Studio3 Wireless オーバーイヤーヘッドフォン」として新登場した。その最大のポイントは、iOS11との最適化によってそのメリットを最大限に発揮できるようになっ...

クルマの超ハイテク化は「音」でも始まっている! 世界的オーディオ企業が仕掛ける「車載関連事業」

世界有数のオーディオブランドを傘下に置く巨大企業グループ、それが「ハーマン・インターナショナル」だ。そのハーマン・インターナショナルが、近年はカーインフォテイメントへと事業を大きくシフトしつつある。そんな「ハーマン・インターナショナル」の近況を知るべく、アメリカへ飛んだ。

加速する電動化、ヨーロッパのEVは中国に依存する――フランクフルトモーターショー総括

2年に一度、ドイツのフランクフルトで開催される乗用車の祭典「IAA Cars 2017(フランクフルトモーターショー)」が、10日間の一般公開日を終えて9月24日に閉幕した。今回のショーでもっとも目を引いたのは、EVオンパレードともいえる発表が繰り返されたこと。その熱気とともに、ショーを総括してみた...

ついにこの角度で動き出したか…! 大画面カーナビ「ストラーダ」の“見やすさ”がハイレベルすぎる

パナソニックは、9V型SDカーナビステーション「ストラーダ」のニューモデル「CN-F1XD」「CN-F1SD」の2機種を11月上旬に発売する。いずれもブルーレイディスク(BD)プレーヤーを搭載し、ディスプレイ部を本体部から浮かせた状態で取り付ける「フローティング構造」を採用。上位機の「CN-F1XD」では、上下だけでなく左右にも角度調整できる「DYNABIG(ダイナビッグ)スイングディスプレイ」を搭載した。

カーナビなのにココまでやるの!? 新型サイバーナビの“車内BGM”へのこだわりが本気すぎ!

パイオニアは9月6日、8月30日に発表したカロッツェリアの新型「サイバーナビ」のお披露目イベントを東京・秋葉原で行った。今回発表となったサイバーナビ最大のポイントは、ハイレゾ音源の再生(96k Hz/24 bit)への対応や、一段と進化させて使える幅を広げた「ミュージッククルーズチャンネル」など、主...

「左折してください」が左から聞こえる!? 「日産×Bose」黄金タッグが“音の方向”で安全運転にアプローチ!

カーナビが左方向へ進もうとすると、左方向から「左折して下さい」との案内が聞こえてくる――人間の心理として、音が聞こえる方向に注意は振り向けられるもの。その心理を利用した、より自然にクルマとのコミュケーションが取れる新たなインターフェイスの提案を、横浜にある9月3日まで日産グローバル本社(横浜市)ギャラリー内「ニッサン インテリジェント モビリティ」展示ゾーンで体感できる。

1万円以下でこの性能! はじめてのドライブレコーダーはオウルテック「OWL-DR04」がベストバイ![PR]

先日、東名高速道を走る大型バスに対向車線から乗用車が飛び込んでくるという衝撃の映像が公開された。記憶している方も多いと思う。交通事故のニュースは大半が事故現場を伝えるものだが、この映像は事故の瞬間を動画で捉えており、その映像が伝えるインパクトは極めて強かった。この映像を撮影したのは乗客でもない、運転...

スバル「アイサイト」が大幅進化! いよいよ自動運転“レベル2”が本格普及か!? 【動画体験レポート】

スバルは運転支援システム「アイサイト」に新機能「ツーリングアシスト」を追加することを発表。今夏発売予定の新型「レヴォーグ」「WRX S4」へのこの機能を標準装備化する。本稿ではそのプロトタイプによる体験試乗会の模様を動画を交えてご紹介したい。

【緊張と感嘆の動画】ハンドル握らず手に汗握る!? 自動運転するクルマを車内から見たらスゴかった!

いま、自動車はこれまでの約100年の歴史において、自動運転へ向かう最大の転換期に差し掛かっている。各自動車メーカーやサプライヤーがその実現へ向けた技術でしのぎを削るなか、自動車部品メーカーである東洋電装と群馬大学が、産学連携による自動運転に関する取り組みを開始したと発表。

「零戦」が見せた存在感――レッドブル・エアレースもう1つの魅力「展示飛行」ってなんだ?

唯一の日本人パイロットである室屋義秀選手の見事な優勝で幕を閉じた今年の「レッドブル・エアレース千葉大会」。レースが大盛り上がりだったのはいうまでもなく、本大会は、それ以外にも数多くの見所を用意してくれた。本稿ではそうしたレース以外の魅力を紹介しよう。

【乗り遅れた人用】 “空のF1”レッドブル・エアレース千葉2017の激闘を振り返る【飛翔する動画】

“空のF1”とも呼ばれる「レッドブル・エアレース千葉2017」の決勝が6月4日、千葉市美浜区の幕張海浜公園で開催され、唯一の日本人パイロットとして期待を一身に背負っていた室屋義秀選手が2016年に続いて見事2連覇を達成。2017年シーズンとしても第2戦のサンディエゴ戦に続く2連勝を飾った。

...
pioneer

人気の動画ニュースVideo News

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スター・ウォーズの世界が現実に! スフィロの「BB-9E」&「R2-D2」がリアルすぎる!!

20171011_y-koba3_01_R

ハンドスピナーの次は「Tangle」がクルーッ!? 世界的ヒットの手遊び玩具が日本上陸

20171003_y-koba2 (1)

テクノロジーが「車いす」の毎日を変える! 世界初・ヤマハの「片流れ制御」とは?【動画有】

VIEW ALL

gurugura

インフォメーションInformation

VIEW ALL

pioneer
gurugura
PLOTTER
omron
KAO
getnavi
ホンモノケイカク
週刊GetNavi