著者 - 小林 史於(GetNavi編集部)

小林 史於(GetNavi編集部)

白物家電などを担当するアラフォーのゲットナビ編集者。唎酒師の資格を持ち、和食居酒屋で日本酒の仕入れを担当した経験あり。

パナの衣類スチーマーは「清潔感」強化の切り札となるか? 1か月レビューで「最大の弱点」と「絶大なメリット」が見えてきた!

今年41歳を迎える独身の筆者にとって、もっとも危ういものとは? それはズバリ、「清潔感」です。清潔感は、この年齢になると、細心の注意を払わなければ手のひらで壊れてしまう、いわば絹ごし豆腐のようなもの。しかもこの清潔感は、女性の意識調査では、常に上位に食い込む重大要素。これを損なうということは、我ら独...

飲めばクリエイティブになれる? 米国でブレイク中の新世代ドリンクを日本酒の唎酒師が試したら

隣の席に座っている同僚の一條氏が筆者に話しかけてきました。「ちょっとこれ、飲んでレビューしてくださいよ~。普通のエナジードリンクは気分を上げるけど、これは気分を下げるらしいです」そんなもん誰が買うんだ、と思いましたが、面白そうなので引き受けることにしました。一條氏によれば、お世話になった方に「リニュ...

「頭皮に効くドライヤー」は1か月で中年男の薄毛を止められたか? シャープ「スカルプエステ」使用前と使用後を比べた結果……

筆者は今年で41歳。独身、彼女ナシ。そんな私が以前より気になっていたのが薄毛です。我ら独身中年男性にとって、薄毛は死活問題です。ただでさえ老いというハンディを背負っているのに、ここでハゲたらいったい誰が振り向くというのでしょう? とはいえ、時の流れは止められません。毛髪は日に日に薄くなってきて、鏡に映った自分を見てはため息をつくのみ。

【動画あり】雑誌「ちゃお」のふろくがロボット掃除機…だと? 斬新すぎて悔しいので家電担当がレビューしてみた

GetNavi本誌(紙媒体)の家電担当、青木から筆者あてにメールが届きました。文面は「レビューしてほしいです!」。いつもはクールな青木が何を興奮しているのか? 貼り付けられたリンク先をクリックしてみると、何と、少女マンガ雑誌「ちゃお」が史上初、ふろくにロボット掃除機をつけるというのです!「ロボット掃...

年末年始は「究極の日本酒」で“清水の舞台”からダイブしない? 世界が認めた1合5000円の大吟醸も登場!

旧年の労をねぎらい、新年を祝う年末年始。この日ばかりは、いつもとはちょっと違う贅沢なお酒で乾杯したいですよね。そこで今回は、日本酒の目利きに依頼し、4合(720ml)で1万円以上の最高級の大吟醸をご紹介。日本酒界の巨人として知られる「はせがわ酒店」の麻布十番店のマネージャー、安藤大輔さんにお願いし、...

日本酒の「泡酒」はケーキやラーメンにも合う! クリパの主役になるスパークリング日本酒5選をプロが伝授!!

クリスマスパーティで楽しむお酒といえば、スパークリングワインが定番。でも、今年は趣向を変えて、スパークリング日本酒はいかがですか? こちらはガス充填、瓶内発酵などによって発泡させた日本酒で、優しいお米の甘さと泡の爽快感が楽しめるのが特徴。パーティ受けするかわいい瓶も魅力で、近年は女性をはじめ、多くの...

お歳暮には4合瓶の日本酒がベスト! 贈る相手別「心をつかむ酒」10選をプロが伝授!

年末年始を控えたこの時期、お歳暮などの贈り物をしたり、手土産を持って行ったりする機会も多いはず。その選択に悩んでいる方にオススメしたいのが、4合瓶の日本酒です。いま、特定名称酒と呼ばれる高級な日本酒は人気が高まっており、年末年始の楽しみとして喜ばれることは間違いありません。なかでも注目は、高すぎず安...

「安い」がウリのシロカが高級トースターに参入! 業界初「ハイブリッドオーブントースター」はバルミューダ機に対抗できるか?

シロカとは、シンプルかつリーズナブルな家電を中心にラインナップしている新興家電メーカー。同社はいままで、新製品の発表会を開いたことがないのですが、11月8日に初めてトースターの発表会を開くとのこと。その発表会のインビテーションもしっかり作られていて、並々ならぬ気合が伝わってきます。また、トースターと...

搾りたての日本酒を即日発送! 新潟・苗場酒造が「蔵元限定の味」を届ける希少なサービスを開始

酒どころとして知られる新潟県の苗場酒造(新潟県中魚沼郡津南町)が、上槽即日発送、つまり上槽(お酒を搾ること)したお酒をその日に発送するという、希少なサービスを開始しました。 蔵元の特権、搾りたての味を自宅に直送してくれる!上槽即日発送のメリットは、本来は蔵でしか味わう事のできない、本当に搾...

寒さをつまみに最高の「燗酒」を! プロが選ぶ燗がウマい日本酒&合わせたい料理はコレ!

11月に入り、夜になると冷え込むようになってきました。そんなときほしくなるものといえば、やっぱり燗酒ですよね。また、最近は好みのお酒を選んで燗にできる店も増えてきて、何を選ぶべきか迷うこともあるはず。そこで今回は、日本酒界の巨人として知られる「はせがわ酒店」に協力を依頼。麻布十番店のマネージャー、安...

日本酒のプロ中のプロに聞く! 本当に高コスパなお酒5選&安ウマ酒に出会うコツ

日本酒がおいしい季節になってきました。ただし、やみくもに選んでしまうと、「高くてまずいお酒」を掴まされてしまうこともしばしば。どうせなら、手ごろな価格でおいしいお酒を選びたいところですよね。そのためには、やはり業界に精通したプロに聞くのが一番です。そこで今回は、日本酒界の巨人として知られる「はせがわ...

いま注目の「雄町」って何なんだ!? 岡山の日本酒セミナーで蔵元に聞いてみた

最近の筆者は、酒米の違いで日本酒の味にどのような違いが出るのか、強い興味を持っています。ワインもブドウの品種で味の特徴が大別できるのと同様、日本酒も酒米の違いで味わいに明確な特徴があってしかるべき。ぜひそれを自分の中で体系化しておきたいという望みを持っています。どうせなら、ブラインドで飲んでみて「や...

【知らないと損する日本酒の名店】「こんなに違うの?」酒器の違いでサプライズを提供ーー東京・田町「ゆすら堂」

日本酒の名店を紹介するコーナー。今回は、酒器の違いによる日本酒の新たな楽しみ方を提案する東京・田町の「日本酒バル ゆすら堂」を紹介します。  [caption id="attachment_72258" align="alignnone" width="820"] ↑木の温もりが...

新興メーカー「シロカ」を快進撃に導いた「ちょっとだけいい」哲学とは?

siroca(シロカ)というメーカーをご存じでしょうか? 全自動コーヒーメーカーをシリーズ累計で約20万台販売し、ノンフライオーブンをシリーズ累計で約50万台販売するなど、目覚しい活躍を見せる気鋭のメーカーです。同社は2016年4月、旧社名のオークセールから「シロカ株式会社」に改称。同時に、神保町に...

米離れしてる場合じゃない! 極上ごはんと絶品京漬物の特別ランチを日本橋「食べ比べ亭」で味わう幸せ

パナソニックの炊飯器、「Wおどり炊き」といえば、高級炊飯器の分野で一、二を争う人気機種。6月1日には、その「Wおどり炊き」シリーズから新機種のSR-SPX6シリーズが発売されました。こちらは定評のある「Wおどり炊き」の技術に加え、新たに「圧力コントロール」を採用することでお米のハリと甘みがアップした...

...

人気の動画ニュースVideo News

20170426-i01 (5)

【動画】未来がまた1歩現実に! 古い照明や家電もIoT化してしまう小型ロボ「Switch Bot」

20170425-s1 (3)

クオリティはほぼ映画! 美貌の姉、長澤まさみが女装の弟と旅をする新CMがオンエア

20170410_Y01

人はパンの香りだけで目覚めるのか? 安田大サーカス・クロちゃんで実験してみた結果

VIEW ALL

インフォメーションInformation

VIEW ALL

衣類乾燥除湿機
ホンモノケイカク