著者 - 小林 史於(GetNavi編集部)

小林 史於(GetNavi編集部)

白物家電などを担当するアラフォーのゲットナビ編集者。唎酒師の資格を持ち、和食居酒屋で日本酒の仕入れを担当した経験あり。

「まさかヘッドが…」意外すぎる新機能は、さすがシャープ! 最軽量コードレス「身体にやさしい進化」を果たす

シャープは、業界最軽量1.5kgのコンパクトボディが特徴のコードレス掃除機「RACTIVE Air(ラクティブ エア)」の新モデルEC-AR2SXを発売します。発売日は3月15日で、実売予想価格7万5000円前後(税抜)。なお、リチウムイオンバッテリーが1個のみ付属(※)する下位機種EC-AR2Sも...

「吸わない」のにここまでゴミが取れるのか! ケルヒャーの1万4000円スティッククリーナーを編集部で最速レビュー

清掃機器メーカーのケルヒャー ジャパンは、家庭用スティッククリーナー「KB 5 イエロー」「KB 5 ホワイト」を発売します。発売に先立ち、編集部にモニター用として実機が届きましたので、早速試してみました!

定番の文句「チョコ業界が儲けるために…」は真実だった! バレンタインデー誕生のヒミツと注目チョコ実食レポート

「バレンタインデーなんて、チョコレート業界が儲けるために作ったイベントでしょ?」そんなゆがんだ思いでこのイベントを見つめる方(同志)は少なくないはず。実際はその通りで、現在の日本のバレンタインデーの始まりは、チョコレート業者のイベントだったと言われているのです。

洗浄機がこんなに手軽でいいの? ケルヒャーが「価格をがんばった」電源・水源いらずの家庭用マルチクリーナー「OC 3」

高圧洗浄機やスチームクリーナーなどの清掃機器メーカーとして知られるドイツのメーカー、ケルヒャー。3月1日から、史上初の電源・水源いらずの洗浄機、家庭用マルチクリーナー「OC 3」(オーシースリー)を発売すると発表しました。 水を入れ、トリガーを押すだけで使えて片手で持てる手軽さが魅力本機は...

ウチに来てくれて、ありがとう! 「速暖マイカヒーター」2か月使った感謝をレポート

昨年の9月、家電メーカーのシロカさんから、モニター用として「速暖マイカヒーター」が送られてきました。当時はいまいちその性能がわからず、「はぁ…ありがとうございます…」という態度でした。いまにして思えば、過去の自分を叱りつけてやりたい。「何だその態度は! コレがなかったら、もう、ひどいことになっていた...

「カップヌードルの花束」…だと? 日清から届いた「ナゾのお年賀」に社内の意見が大いに割れた!

ある日の朝、GetNavi web編集部あてに、大きなダンボールが届きました。箱には「NISSIN」の文字。どうやら食品メーカー、日清さんからの荷物みたいです。開けてみると、複数のカップヌードルが白と赤の包装紙で包まれ、その根元がカールの入ったリボンで結わえられています。ブーケ…なのでしょうか? で...

「何だこのスタミナは…?」編集部の大掃除で「Dyson V8 Fluffy」を使ってみたら、アメージングが止まらない![PR]

今年も、GetNavi編集部に大掃除の季節がやってきました。そんな折、ダイソンさんから最上位のコードレス掃除機、Dyson V8 Fluffy(ダイソン ブイエイト フラフィ)をお貸し出し頂けるとのお話が。これは、ぜひ大掃除で使用させて頂きたい! 

「卵が割れたらすみません」と送ってきたスナックがコレ! スコーンの上位版「スゴーン 和牛すき焼き」発売前レビュー

この「スゴーン 和牛すき焼き」は、「卵が割れてたらすみません」というナゾの連絡のあと、パック入りの卵と紙製の器とセットで編集部に送られてきたといいます。発売元の湖池屋(コイケヤ)によると、

41才独身宅に「BALMUDA The Range」がやってきた! 3週間使ったら、最高すぎて「買う」以外の選択が見当たらない…

今年の9月、バルミューダより電子レンジの「BALMUDA The Range(バルミューダ ザ・レンジ)」が発表されたとき、コレは欲しい! と思いました。そこで「長期レビューをします」とメーカーに依頼し、本機を使わせてもらうことに。

「生きてるだけで太る」中年オヤジこそ食べに行け! 電機メーカー経営の「GATE CAFE(ゲートカフェ)」が意外にいいぞ

オフィス街、問屋街として知られる東京・小伝馬町。「あのあたり、オシャレなカフェがなくて不便なのよ~」と、嘆く人に朗報です。12月13日、小伝馬町駅と馬喰町駅の中間地点に「GATE CAFE」(ゲートカフェ)がオープンしました。

ブレイク中の窯元は、なぜ大企業を蹴って新参メーカーと組んだのか? 土鍋炊飯器「かまどさん電気」誕生のナゾ

かつてない電気炊飯器「かまどさん電気」が発表されました。こちらは三重県の窯元「長谷園」(ながたにえん)が開発した話題の炊飯土鍋「かまどさん」を搭載した電気炊飯器。聞けば、「長谷園」は、名だたる大企業の誘いを蹴ってまで、新興メーカー「シロカ」と組んで本機を開発したといいます。

「宅ボ」にそんな使い方があったのか!「公共用宅配ボックス」担当が語る「未来予想図」にワクワクが止まらない

16年の12月には、ストレスをためた配達スタッフが台車を放り投げ、荷物を地面に叩きつける…そんな衝撃的な動画もアップされ、話題になりました。もちろん、あってはならないことですが、配達スタッフの労働環境を思うとその気持ちもわからなくはない…多くの人が、複雑な思いでこのニュースを受け止めたことでしょう。さて、そんな現状を改善するため、注目を浴びているのが、「宅配ボックス」。その名の通り、届け先が留守の際に宅配物を入れておけるボックスです。

この日本酒セラー、本気(マジ)だ! ギリギリの低温「-5℃」を実現する「MIYABINO」は機能も価格もケタ違い

アルテクナ(本社:東京都大田区)は、完全オーダーメイドの日本酒専用セラー「MIYABINO(ミヤビノ)」を発売します。本機の特徴は、従来のセラーには無かったマイナスの温度帯で厳密な温度管理ができること。日本酒の味を変えないためには、凍るおそれのないギリギリの低温管理(※)が理想とされており、その点、...

「宅配ボックス」で業界のブラック化を食い止めろ! “ネット通販ネイティブ”を狙った壮大なテストが京都で始動

宅配ボックスとは読んで字のごとく、届け先が留守の際に宅配物を入れておくボックス(設備)です。再配達が不要となるため、受け取り人は荷物を待つ必要がなく、宅配ドライバーの負担も減るという両者にうれしいアイテム。ここ1年で急激に販売を伸ばしており、パナソニックでの販売実績は前年比で5倍、2年前と比べると実に10倍にまで伸びているそうです。

「マジか…」日本酒ファンが絶句する大ニュース! あの「酒づくりの神」がクラウドファンディングで電撃復帰

クラウドファンディングサイト「Makuake」の運営元、(株)マクアケの広報さんからこんな見出しのメールが届きました。イヤイヤ、見逃せないことなんて、そうそうあるわけが…「本日つい先ほどより、『酒づくりの神様』の異名を持つ、農口尚彦氏(84)が最前線に復帰し…」…マジか。

...
calbee

人気の動画ニュースVideo News

20180204_y-koba1_ic_R

【aibo動画まとめ】ソニー「aibo(アイボ)」を愛せるかな? リアルだけど不気味さは皆無!!

20180126_y-koba7_ic_R

【体験動画】ゲレンデを疾走する「タクシー」が本当に楽しすぎ! 上りも下りも迫力満点!!

GN1802_P131-O

ゲーム芸人が不朽の名作「マッピー」でノーミスクリアにチャレンジしてみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

VIEW ALL

日産

インフォメーションInformation

VIEW ALL

calbee
calbee
日産
ロワード
dTV
blueair
kurabest
calbee
PAIONIA
IT'SCOM
omron
omron
maittake
honmonokeikaku
週刊GetNavi