AV
2017/4/26 18:09

テクニクスのサウンドが日本全国を駆け巡る! 移動式試聴ルーム「Technics Sound Trailer」が出発

パナソニックは、Technics(テクニクス)ブランドのオーディオ機器を試聴できる移動式試聴ルーム「Technics Sound Trailer」をメディア向けに公開しました。5月6日、7日に東京・六本木で開催されるイベント「TOKYO M.A.P.S」において一般公開され、実際に試聴が体験できるようになります。

20170426-i04 (1)
↑Technics Sound Trailer

 

Technics Sound Trailerは、キャンピングカーの内装をオーディオルーム仕様に作り変えたもので、車内ではテクニクスのすべてのオーディオ製品を実際に試聴することができます。同時試人数は最大4人まで。試聴できる音源は、CDやレコード、ハイレゾ音源など。

 

用意されているのは、リファレンスクラスの「R1シリーズ」や、グランドクラスのアナログレコードプレーヤー「SL-1200G」、プレミアムクラスの「C700シリーズ」、ハイレゾ対応ヘッドホン「EAH-T700」など。気になる機種を自由に試聴できます。

↑R1シリーズ
↑リファレンスクラスのR1シリーズと、グランドクラスのSL-1200G

 

20170426-i04 (4)
↑プレミアムクラスのC700シリーズや、OTTAVA SC-C500も試聴可能

 

このトレーラーが作られた目的について、パナソニック コンシューマーマーケティングジャパン本部の河野 明本部長は、「テクニクスブランドは古くからのオーディオファンには好評だが、デジタル音楽から入った若い世代にもぜひ聴いてほしいという思いがある。このトレーラーは、まだ詳しく決まってはいないが北海道から沖縄まで日本全国をまわる予定。ぜひ、多くの人に聴いてもらえる機会を作っていきたい」と語っています。

20170426-i04 (6)
↑河野 明本部長

 

20170426-i04 (2)
↑出発式では安全祈願の儀式やテープカットも行われました

 

テクニクスのオーディオ機器を購入前に試してみたい方はもちろん、普段はあまりハイエンドなオーディオに触れることがない方も、ぜひ一度このSound Trailerで高品質なサウンドを体験してみてはいかがでしょうか。

 

TAG
SHARE ON