AV
2016/3/1 16:30

Technicsに続け! 東芝からオーディオブランド“Aurex”が25年ぶりに復活!【ハイレゾ対応CDラジオ】

東芝エルイートレーディングから、往年のオーディオブランド“Aurex”(オーレックス)の名を冠したハイレゾ対応CDラジオ「TY-AH1000」が3月下旬に発売されます。

001

「TY-AH1000」
2016年3月下旬発売予定
実売予想価格3万3000円前後

約25年ぶりに復活するブランド「Aurex」

 

「Aurex」は、東芝のピュア・オーディオブランドとして、1970~80年代に使用されたもの。オーディオコンポーネントシステムなどが発売されたほか、ブランド主催のジャズフェスティバルなども開催されました。

 

ブランド復活第1弾となるCDラジオ「TY-AH1000」は、ハイレゾ音源再生や2ウェイバスレフ型のスピーカー搭載など、音質にこだわった仕様ながら、持ち運びしやすいコンパクトなサイズや、手ごろな価格の実現など、幅広い層にアピールする製品となっています。いまのところ第2弾、第3弾の製品が登場するかは未定とのことですが、さらなるラインナップの充実に期待したいところです。

SONY DSC

↑ハンドル搭載で持ち運びしやすい

2ウェイスピーカーやマルチアンプ駆動など音質にこだわった仕様

TY-AH1000は、CDやAM/FM再生が可能で、AM番組をFM周波数で放送するワイドFMにも対応。スマホやタブレットからのBluetooth伝送も可能です。

 

96kHz/24bit対応のDACを内蔵し、USBメモリやSDカードに保存したハイレゾ音源を再生できるほか、PCを接続してハイレゾUSBスピーカーとしても使用できます。ヘッドホン出力もハイレゾに対応しており、イヤホンやヘッドホンをつないで高音質再生が楽しめます。

006

スピーカー部は、9cmウーファーと、100kHzまで再生できる4cmツイーター搭載した2ウェイ仕様。本体の左右が内部で仕切られた独立型バスレフエンクロージャーとなっているので、小型ながら迫力の音を再生します。

SONY DSC

↑背面にはバスレフポートを備えています

 

また、ウーファーとツイーターをそれぞれ独立したアンプで駆動するマルチアンプ方式を採用しており、広いダイナミックレンジを実現しています。最大出力は、低域が15W+15W、高域が10W+10Wの計50Wとなります。これ1台で、CD再生からラジオリスニング、ハイレゾ再生まで楽しめるオールインワンモデルですので、コンパクトに高音質な音楽を楽しみたい方にピッタリ!

002

↑リモコンも付属

 

2014年にはパナソニックからTechnics(テクニクス)ブランドが復活したばかり。Technicsが数十万~数百万円という高価格帯のハイエンドな製品を打ち出しているのに対し、オーレックスは比較的手ごろな価格でより多くのユーザーにアピールしているという違いはありますが、青春時代にオーディオに熱中した40代~50代のユーザーには嬉しいニュースといえそうです。

TAG
SHARE ON