AV
オーディオ
2019/1/31 23:00

音楽をもう一度じっくり楽しみたい人向けの「本格派ブックシェルフスピーカー」4選

スマートフォンやポータブルオーディオ、音楽ストリーミングサービスなどの普及により、音楽鑑賞がグッと手軽になった反面、腰を落ち着けてじっくりオーディオを楽しむ機会は減りつつあります。アンプやプレーヤーを選び、スピーカーを吟味し、配線にもこだわる……今回は、そんな音楽をもう一度じっくり楽しみたい人向けの「本格派ブックシェルフスピーカー」をピックアップして紹介します。

 

1.人気の海外ブランドDALIの定番モデル

DALI
ZENSOR3

実売価格4万4449円

オーディオファンに人気のDALIの定番モデル。シリーズ最上位モデル「ZENSOR 7」と同じ7インチ(180mm)のウッドファイバーコーンドライバーを搭載。軽量設計されたソフトドームツィーターは、高精度での高周波再生を実現しています。フロントバッフルは光沢グロス仕上げ。また、ラウンドしたエッジ部は見た目の美しさだけでなく再生時の歪も低減します。

 

【SPEC】●周波数特性:50Hz~26.5kHz ●入力感度:88.0dB ●インピーダンス:6Ω ●推奨アンプ出力:25~125W ●クロスオーバー:2.6kHz ●サイズ/質量:H351×W205×D293mm/6.3kg

 

2.JBLの伝説的スピーカーのコンパクトモデル

JBL
4312 MII

実売価格6万3665円

JBLの伝説的なヒットモデル「4312」シリーズのハーフサイズのコンパクトなボディに、新設計のコンポーネント群を搭載したブックシェルフ型スピーカー。JBLならではのパワフルなサウンドを再生する133mm径のピュアパルプ・ホワイトコーン・ウーファーに、音のつながりを重視した50mm径ピュアパルプ・コーン・スコーカ―・ミッドレンジ、超高域まで再生する19mm径テンパード・ピュアチタン・ドームツイーターを備えた3ウェイ3スピーカー仕様。再生環境に合わせて中域または高域の独立したレベル調整が可能な3ポイント・アッテネーター・スイッチ搭載のクロスオーバーネットワークを備えています。

 

【SPEC】●周波数特性:55Hz~50kHz ●入力感度:90dB ●インピーダンス:6Ω ●許容入力:75W ●クロスオーバー:7kHz、12kHz ●サイズ/質量:H300×W181×D180mm/4.0kg

 

3.点音源を追求するKEFのスタンダード機

KEF
Q350

実売価格6万6096円

ウーファーコーンの音響芯にトゥイーターを配置する、KEFならではの”点音源”思想を具現化した「Uni-Qドライバー」が特徴。ドームツイーター上に配置された独自の「タンジェリンウェーブガイド」が、部屋全体に均一に音を拡散します。バスレフポートにはCFD(Computational Fluid Dynamic)設計を採用。さらに位置を前モデルのフロントからリアへ移したことで、ポートからの音漏れを低減し、中高域をクリアに再生します。

 

【SPEC】●周波数特性:63Hz~28kHz ●入力感度:87dB ●インピーダンス:8Ω ●推奨アンプ出力:15~120W ●クロスオーバー:2.5kHz ●サイズ/質量:H358×W210×D306mm/7.6kg

 

4.ハイレゾ対応のお手ごろスピーカー

KENWOOD
LS-K901

実売価格2万1800円

ハイレゾ時代のリスニングに対応するべく、100kHzの高域信号もクリアに再生するアルミニウム振動板ツイーターを採用。イコライジング効果を持つディフューザーと音の放射特性をコントロールするホーンツィーターパネルにより、ワイドレンジで臨場感あふれる音楽再生を実現します。また、新開発の12cm径グラスファイバーコーンウーファーが、パワフルで切れのある低域と情報量豊かな中域を再生。理想とする点音源に近づけるために、ツィーターとウーファーを近接配置したUD(Uniform Delay)レイアウトを採用しています。

 

【SPEC】●周波数特性:40Hz~100kHz、●入力感度:83dB、●インピーダンス:4Ω、●許容入力:80W、●クロスオーバー:5.0kHz、●サイズ/質量:H160×W271×D271mm/4.2kg

 

TAG
SHARE ON