AV
テレビ
2019/4/8 19:30

4Kテレビへ買い替えようとほんの少しでも思っていたら――まず検討すべきは10万円前後の「エントリーモデル」

新4K放送スタートに伴い各メーカーのラインナップが充実した4Kテレビは、価格も落ち着いてきたいまがまさに買いどき。専門家と編集部員のクロスレビューにより、エントリータイプの4Kテレビのベストをセレクトしました。お手頃な値段なので、4Kデビューに二の足を踏んでしまっている人でも手を出しやすいはず。

 

【採点する人】

AVライター/鳥居一豊さん

エントリーからハイエンドまで、オーディオ・ビジュアル製品を幅広くカバー。東芝の4K有機ELテレビを愛用中。

GetNavi編集部/川内一史さん

三菱電機のフルHD液晶テレビを愛用。次の買い替えで4Kデビューを目論んでいます。放送だけでなくネット動画もよく見ます。

 

嗜好や視聴スタイルによって買うべき4Kテレビは異なる

地デジ放送への完全移行から8年近くが経ち、来年には世界的スポーツイベントを控えていることもあり、4Kテレビの普及が加速しています。各社の最新モデルは、昨年12月にスタートしたBS/CS4K放送用チューナーを内蔵。加えて、4Kコンテンツを含む多彩なネット動画を楽しめる配信サービスにも数多く対応しています。画質や音質といったテレビの基本性能はもちろん、操作性や番組のオススメ機能なども成熟しているうえ、価格も1〜2年前と比べて全体にかなりリーズナブルとなりました。まさに、いまが買いどきといえます。

 

「4Kテレビの買い替えを検討している人は、大きく3つのクラスタに分けられます。とりあえず4Kコンテンツを視聴できればOKという『エントリー』層。リビング用のテレビとして、ある程度の大画面と使い勝手の両立を求める『ミドル』層。最高峰の画質と音質で、映画や音楽ライブなどのコンテンツを満喫したい『ハイエンド』層です。それぞれで予算や重視するポイントがまったく異なるため、『ベストバイ』モデルも変わってくるのです」(鳥居さん)

 

■4Kテレビのエントリークラス→「40~45型」/実売価格10万円前後

【こんな人にオススメ】

→32型クラスからの買い替えを検討している人

→4K放送をとりあえず視聴してみたい人

→購入の予算をできるだけ抑えたい人

まさに4Kテレビデビューに最適のクラスですが、4Kチューナー内蔵&ネット動画対応で機能は十分。個室などに置く“2台目”モデルとして選んでもよいでしょう。

 

【その1】

斜めからでも高画質で視聴できる広視野角のIPSパネルを採用

 

※画像は49GX750

パナソニック

ビエラ TH-43GX750(43型)

実売価格13万4270円

 

視野角の広い高輝度IPSパネルを採用。Netflixなど、4K HDRの高画質で楽しめる動画配信サービスに幅広く対応します。外付けしたUSB HDDに、4K放送の録画が可能。スリムなベゼル&スタンドで設置性も高く、サウンドバーなども設置できます。

【SPEC】●画面サイズラインナップ:49、43型 ●バックライト方式:エッジ型LED部分制御 ●パネル:IPSパネル ●チューナー:BS/CS 4K×1、地デジ/BS/110度CS×2 ●音声実用最大出力:30W ●接続端子:HDMI入力×3、USB×2、LAN×1ほか ●サイズ/質量:W974×H626×D208mm/約11kg

 

↑リモコンは左上部の出っ張りが特徴。アプリの表示やAbemaTVへのダイレクトアクセスなど、ネット関連機能をそこへ集約させました

 

↑テレビ番組を視聴しながらでも、画面下部に各種アプリのアイコンを表示できます。見たいコンテンツへすぐにアクセス可能です

 

↑実用最大出力15Wのフルレンジスピーカーを2基搭載。広めのリビングでも力強いサウンドを楽しめます

 

【レビューコメント】

「多彩なネット動画を快適な操作で楽しめるのが魅力」(鳥居さん)

新4K放送に加えて、非常に多彩な4Kネット動画を快適に楽しめる点が最大の魅力。上級機の技術を継承し、くっきりとした見やすい画質は及第点です。音質は少しこもるような印象。

「リモコン操作時のレスポンスが機敏でストレスがない」(川内さん)

どんなアングルからでもコントラスト感のある映像を楽しめるので、リビング用テレビにぴったり。ネット動画へのアクセス性が高く、リモコン操作のレスポンスが早いのも好印象です。

 

ビエラ TH-43GX750(43型)のオススメ度:★★★★★

 

【その2】

大迫力のバズーカサウンドに加えて精細感の高い画質も魅力

東芝

レグザ 43BM620X(43型)

実売価格12万2890円

 

迫力たっぷりのサウンドを楽しめる「重低音バズーカ」を搭載。高画質エンジン「レグザエンジンEvolution」を内蔵し、4K放送から地デジまで精細な映像を再現します。幅広いコンテンツの検索をサポートする「みるコレ」も秀逸です。

【SPEC】●画面サイズラインナップ:55、50、43型●バックライト方式:エッジ型LED●パネル:VAパネル●チューナー:BS/CS 4K×1、地デジ/BS/110度CS×3●音声実用最大出力:40W●接続端子:HDMI入力×4、USB×2、LAN×1ほか●サイズ/質量:W967×H629×D191mm/14.0kg

 

↑ユーザー好みのコンテンツを探せる「みるコレ」のほか、録画リストや番組表など、使用頻度の高いボタンを中央に。片手でも軽快に操作できます

 

↑ユーザーにおすすめの番組を、外付けHDDに自動で「おまかせ録画」。番組表のようにまとめて表示できます

 

↑録画番組の各シーンを説明するテキストが画面右にリストとして表示。見たいところがすぐに再生できます

 

【レビューコメント】

「テレビ番組からネット動画までシームレスに堪能」(鳥居さん)

「みるコレ」機能が秀逸で、テレビ番組からネット動画までシームレスに堪能できます。同社が得意とする低遅延のゲームモードも健在。多機能ゆえ、リモコンによる操作はややもっさり。

「大迫力サウンドと低ノイズの映像で臨場感たっぷり」(川内さん)

重低音バズーカのサウンドは唯一無二。映画や音楽ライブ、ゲームなどの臨場感が格段にアップします。地デジ放送などの低画質映像でもノイズが少なく、被写体の質感も感じられました。

 

レグザ 43BM620X(43型)のオススメ度:★★★★★

 

【その3】

ユーザーに応じて適切なガイドを行う独自のAI機能が便利

シャープ

AQUOS 4K 4T-C45AL1(45型)

実売価格10万9900円

 

同社のスタンダードクラスながら、4Kチューナーを2基内蔵。4K放送を録画しながら裏番組視聴も楽しめます。上級機と同様の高画質エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO」で画質を磨き上げたほか、独自のAI機能「COCORO VISION」が、ユーザー好みの番組をガイドしてくれます。

【SPEC】●画面サイズラインナップ:45型 ●バックライト方式:エッジ型LED ●パネル:VAパネル ●チューナー:BS/CS 4K×2、地デジ/BS/110度CS×3 ●音声実用最大出力:20W ●接続端子:HDMI入力×4、USB×3、LAN×1ほか ●サイズ/質量:W1019×H648×D271mm/約20.0kg

 

↑「COCORO VISION」やNetflix、YouTubeの起動ボタンはリモコン下部に集約。Googleアシスタントも利用できます

 

↑4Kチューナーを2基内蔵。4K放送を視聴中でも、裏で放送中の4K番組を外付けHDDに録画できます

 

↑高速かつ高精度にLEDバックライトの制御をすることで、動きの速い映像の残像感を抑える「120スピード」技術を搭載

 

【レビューコメント】

「オンキヨーとの共同開発によるスピーカーが高音質」(鳥居さん)

使いやすさを追求した独自のAI機能や、同社レコーダーとの連携は◎。オンキヨーとの共同開発によるスピーカーの音質も上々です。画質は及第点ながら、他モデルよりやや低評価に。

「Android TVは音声操作に対応し動作もサクサク」(川内さん)

OSにAndroid TVを採用し、使い勝手が良好。Googleアシスタントによる音声操作も快適でした。このクラスのモデルとしては唯一、4Kチューナーを2基搭載している点もメリット。

 

AQUOS 4K 4T-C45AL1(45型)のオススメ度:★★★★☆

 

【その4】

4Kチューナー&レグザエンジンを搭載して6万円台の高コスパモデル

ハイセンス

43A6800(43型)

実売価格6万6800円

 

6万円台のリーズナブルな価格ながら4Kチューナーを内蔵するハイコスパモデル。東芝と共同開発した映像エンジン「レグザエンジンNEO」を採用し、画質が大きく向上しました。NetflixやYouTubeの視聴にも対応します。

【SPEC】●画面サイズラインナップ:50、43型 ●バックライト方式:直下型LED ●パネル:VAパネル ●チューナー:BS/CS 4K×1、地デジ/BS/110度CS×3 ●音声実用最大出力:14W ●接続端子:HDMI入力×3、USB×2、LAN×1ほか ●サイズ/質量:W961×H606×D214mm/11.7kg

 

↑東芝と共同開発した「レグザエンジンNEO」。見やすさを重視した、高精細かつ鮮やかな画質を実現します

 

↑リモコン下部にNetflixとYouTubeに直接アクセスできるボタンを搭載。即座に起動して快適に視聴できます

 

↑「低遅延ゲームモード」を搭載。一瞬の差で勝敗が決まる格闘アクションゲームやFPSなどで効果的です

 

【レビューコメント】

「画質をはじめとする基本性能の水準は価格を大きく上回る」(鳥居さん)

映像エンジンのポテンシャルを生かし、画質が飛躍的に向上。ネット動画配信サービスの充実度をはじめ、使い勝手は他モデルと比べてやや見劣りしますが、価格を考えれば満足度は高いでしょう。

「全体に穴がなく4Kデビューには最適だと実感!」(川内さん)

「DOLBY AUDIO」採用で、奥行きのあるサウンドが楽しめます。ネットコンテンツは乏しいとはいえ、NetflixとYouTubeの視聴がメインならOK。4Kデビューモデルとしては文句なし!

 

43A6800(43型)のオススメ度:★★★★☆

 

協力:楽天市場