AV
テレビ
2019/7/17 16:45

「4Kテレビってデカくて置けない」という人にーー40型も選べる新「AQUOS 4K」登場

シャープは、新4K衛星放送の裏番組録画もできる4Kダブルチューナーを搭載した4K液晶テレビ「4Kアクオス BN1ライン」および「4Kアクオス BL1/BJ1ライン」を7月27日に発売します。

 

8Kで培った高画質技術を新エンジンに採用

フラッグシップモデルとなるBN1ラインは、45型/50型/60型/70型の4サイズをラインナップします。実売予想価格は、45型が15万円前後、50型が17万円前後、60型が25万円前後、70型が33万円前後。

↑4T-C60BN1

 

同ラインは、8Kテレビで培った高画質技術で4Kテレビもより高品位に表現する新開発エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO II」を搭載。地デジや新4K衛星放送などの解像度を判別し、最適な高精細処理を行う「4K-Masterアップコンバート プロ」や、色彩豊かな映像を再現する広色域技術「リッチカラーテクノロジー」などの高画質化技術により、美しい映像が楽しめます。HDR規格は、HDR10やHLGのほか、アップデートによりDolby Visionにも対応予定。

 

また、新エンジンの採用により処理能力が向上し、電源オン時の立ち上がりやチャンネル切り替え、アプリの立ち上げなどの動作速度が高速化されています。

 

パネルは、明るいリビングでも映り込みを抑えて艶やかな黒を表現する「N-Blackパネル」を採用。また、60型/70型には、光の透過率を高めた新パネル構造を採用し、従来より明るさを20%向上させています。

 

多彩なアプリや音声操作が利用できる最新の「Android TV 9 Pie」に対応しており、様々なネット動画サービスもテレビだけで視聴することができます(インターネット接続が必要)。Googleアシスタントを搭載したスマートスピーカーと連携して、ハンズフリー操作を行うことも可能。シャープ独自のクラウドサービス「COCORO VISION」や動画配信サービス「COCORO VIDEO」にも対応しています。

 

本体には2.1chの前面開口型スピーカー「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」を備え、臨場感のあるサウンドを再生します。

 

チューナーは4Kチューナーを2基、地デジ/BS/CSチューナーを3基搭載。外付けのUSB HDDを接続すれば、新4K衛星放送の裏番組録画や地デジのW録画が可能です(新4K衛星放送の2番組同時録画は不可)。

 

日本の住環境に合わせ、視聴位置に合わせて画面角度を水平方向に左右各30度動かせる回転式スタンドを採用。スタンドの奥行は約29cmで、薄型のテレビ台にも設置しやすくなっています。

 

40型も選べるハイエンドモデル

ハイエンドモデルに位置付けられているBL1/BJ1ラインは、BN1ラインと同様、新映像エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO II」を搭載するほか、4KダブルチューナーやAndroid TV 9 Pieも搭載しています。BN1ラインとの主な違いは、パネルが反射を低減する「低反射パネル」となるほか、Dolby Visionには非対応となること。

 

↑4T-C50BL1

 

ラインナップは、BL1ラインが55型(実売予想価格19万円前後)、50型(同15万円前後)、45型(同13万円前後)、BJ1ラインが40型(11万5000円前後)となっています。

 

また、新モデルの発売に合わせて、4TBの純正USB HDD「4R-C40B1」(7月27日発売予定)や、シンプル操作のリモコン「AN-52RC3」(8月24日発売予定)も発売されます。

 

40型から70型まで幅広い画面サイズを揃え、設置環境に応じて適切なモデルが選びやすい新4Kアクオスは、国内メーカーならではの行き届いた仕様で、海外メーカー製の格安4Kテレビとの差別化を図っています。テレビの買い替えを検討されている方は、ぜひチェックしてみて下さい。

 

協力:楽天市場

 

【関連記事】

シャープの4Kテレビはダブルチューナーで裏番組録画も可能

重低音と振動で臨場感を演出! シャープのネックスピーカー「AQUOS サウンドパートナー<AN-SX7A>」

テレビをリビングから解放する――シャープ「AQUOSポータブル」でポータブル市場に再参入