AV
2016/6/13 14:36

テレビまわりにスッキリ置ける薄型デザイン! パイオニアの2.1chスピーカーシステム「HTP-CS1」

テレビやテレビ台のサイズ・デザインが変化するなか、テレビの音声を迫力たっぷりに楽しめるテレビ用スピーカーも、よりすっきりとしたデザインが求められています。そんなトレンドにマッチしたコンセプトのテレビ用スピーカーシステム「HTP-CS1(B)」が、パイオニアから6月下旬に発売されます。実売予想価格は4万5000円前後(税抜)。

20160613-i01 (1)

HTP-CS1は、従来のバータイプの一体型フロントスピーカーを分離・小型化した2.1chの「セパレートサウンドバーコンセプト」を提案。テレビ視聴の邪魔にならず、すっきりとセッティング可能となっています。

20160613-i01 (2)
↑設置イメージ

 

2本のコンパクトなフロントスピーカーは、リモコン受光部を隠すことなくテレビ画面下スペースなどに設置可能。ケーブルも目立たずに配線できるので、さまざまなテレビのデザインになじみます。

 

サブウーファーは、縦置き・横置きが選べる仕様で、テレビ周りのスペースに応じて設置可能。テレビや置台のサイズ・デザイン、インテリアと調和するスリムデザインを採用しており、テレビ周りにすっきりとセッティングできます。

↑サブウーファーは縦置きも可能
↑サブウーファーは縦置きも可能

 

映画だけでなく、テレビ放送や音楽も高音質で楽しめる音質チューニングを採用。バランスの良い自然な響きが楽しめる「ステレオ」モードや、アナウンサーの声などをより明瞭にする「ニュース」モード、迫力ある低音と広がりのある音で映画やゲームに最適な「映画/ゲーム」モード、ライブ感のあるサウンドが楽しめる「ミュージック」モードなど、多彩なリスニングモードを搭載しています。

 

また、マルチチャンネルコンテンツのソースに由来する低音のズレを補正できる独自機能「フェイズコントロール」も搭載。ドルビーTrueHDやDTS-HDといったロスレスサウンドも再生できます。

 

入力端子は、4K映像信号(4K/60p)やHDR映像、3D映像の伝送に対応したHDMI端子を3系統を備え、4Kテレビなどと組み合わせて高品質な映像を迫力の音声で再生。Bluetooth機能も備え、スマートフォンなどとワイヤレス接続して、音楽やインターネットラジオを再生可能。aptXやAACコーデックに対応しているので、より高音質なサウンドで音楽を楽しめます。

 

【SPEC】
最大出力:フロント20W+20W、サブウーファー40W
入出力端子:HDMI入力×3、HDMI出力×1、光デジタル音声入力×1、アナログ音声入力(RCA)×1
サイズ/質量:
フロントスピーカー(1本) W150×H57×D88mm/0.3kg
サブウーファー(横置き時) W435×H115×D369mm/7.4kg

 

【URL】
オンキヨー&パイオニア http://www.jp.onkyo.com/
製品情報ページ http://pioneer-audiovisual.com/hometheater/frontsurround/htp-cs1/

TAG
SHARE ON