AV
2019/9/9 20:00

Androidウォークマン復活! 1000Xシリーズのネックバンドタイプなど ー IFAのソニーを一気に振り返る

ドイツの首都、ベルリンで毎年開催されるエレクトロニクスショー「IFA」で、2019年後半に向けてポータブルオーディオ系の新製品を多数発表しました。久しぶりに復活したAndroid搭載のハイレゾ対応“ウォークマン”など、それぞれの特徴を考察してみたいと思います。

↑ソニーが2015年以来のAndroidを搭載したハイレゾウォークマンをIFAで発表しました

 

Androidを搭載したスマホのようなウォークマン

ハイレゾ対応のウォークマンはプラットフォームが独自の組み込みOSから汎用性の高いAndroid 9.0に切り替わりました。Android搭載のハイレゾウォークマンは2015年に発売された「NW-ZX2」以来になります。

 

新製品は2機種が発表されました。エントリーモデルの「NW-A105」は350ユーロ(約4万円)。カラフルな5色バリエーションが揃います。そして高音質な上位モデルの「NW-ZX507」は830ユーロ(約9万7000円)を予定。色はブラックが基本で、参考展示のモデルとしてシルバーも並んでいました。ヨーロッパでは11月から各国へ順次出荷がスタートします。日本でも発売が予定されている製品です。

↑NW-A105はSpotifyなど音楽配信サービスのアプリを自由に追加していい音で楽しめます

 

↑上位モデルの「NW-ZX507」(ブラック)。シルバーも用意されます

 

↑ZXシリーズの背面パネル。ボトム側のデザインに丸みが加わっています

 

どちらのモデルも約3.6インチ、解像度は1280×720画素という液晶タッチディスプレイを搭載しています。インターネットにはWi-Fiで接続して、音楽配信や動画配信のサービスを“いい音”で楽しめるようになるのが、独自の組み込みOSから変更された時の一番大きなメリットになります。

 

特にSpotifyなどの定額制音楽配信や、YouTubeの動画もいい音で聴きたいという声が、それぞれのサービスがポピュラーになってきたことによってまた高まってきたことから、Android搭載のハイレゾウォークマンが復活したのだとソニーの担当者がコメントしています。Google Playストアで配信されている多くのアプリが利用できるということは、ソニーのワイヤレスヘッドホン・イヤホンを使っている方にとっては専用アプリの「Sony Headphones Connect」をウォークマンにダウンロードして、各種の設定がウォークマンからできるようになることも魅力的ではないでしょうか。

 

本体の設計や細部パーツの選定にまで音質にこだわり抜いているウォークマンだからこそ、同じハイレゾが再生できるスマホよりも音楽再生の点では際立つ上質な体験を味わえることは大きな魅力に感じられると思います。普段スマホはiPhone派だけれど、Android端末も使ってみたいという方にはスタンダードな価格帯のNW-Aシリーズをおすすめします。

↑4.4mm/5極のバランス出力端子を備えています

 

また、ウォークマンの誕生40周年を記念したAシリーズベースのアニバーサリーモデルも登場。カセットテープが回る様子を再現したスクリーンセーバーが利用できます。なおスクリーンセーバーはAシリーズ、ZXシリーズの通常モデルにも搭載されています。

↑ケースをつけると初代ウォークマンのルックスに

 

↑カセットテープを再生しているようなスクリーンセーバー

 

↑背面にはロゴがデザインされています

 

ウォークマンはセルラー通信機能をもっていないため、Spotifyなど音楽配信サービスのストリーミングを聴く時にはWi-Fi接続が必要になります。スマホのテザリング機能を使えば外出の際に移動しながら聴くこともできますが、ならばスマホで聴けばいいじゃないかとも思います。なので、Spotifyなどの音源を外出時にAndroidウォークマンで聴きたい場合は、出かける前にストレージに音源をダウンロードする使い方が現実的。

 

Android OSを搭載すると駆動時のバッテリー消費が大きくなるため、新しいNW-Aシリーズ、NW-ZXシリーズともに連続音楽再生時間は短くなりそうです。とは言え有線接続のヘッドホン・イヤホンを使う場合は最長で20時間以上のリスニングタイムが確保されているので、実用性は問題ないでしょう。ただし、もしBluetooth接続によるワイヤレスリスニングを中心に使う場合は、Aシリーズの連続再生時間は約10時間になることも覚えておきたいところ。

 

そしてもうひとつ押さえておきたい、従来モデルからの変更点はデジタル接続の端子がウォークマン独自のWMポートからUSB Type-Cに、今回の2機種から変更されることです。最新のスマホやポータブルオーディオ機器の中には同じUSB Type-Cを充電に使う製品が増えてきたので、出かける時に持ち歩かなければいけない充電ケーブルが1種類に絞れるのはガジェットファンにとってありがたいのではないでしょうか。

 

IFA会場ではそれぞれの新製品をソニーのヘッドホンで試聴できました。どちらのモデルもまた一段と、低音の安定感と豊かな音場の広がり、音像の立体感に磨きがかかっていました。上位モデルのNW-ZX507はボーカルの艶っぽさ、高域の透明感がとても魅力的だと思います。また日本でゆっくりと聴ける機会が楽しみです。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON