AV
レコーダー
2019/9/12 11:00

4K放送見ない人にもオススメ! 地デジも4K放送級の画質にするシャープ「AQUOS 4Kレコーダー」

シャープは、4Kダブルチューナーを内蔵したBDレコーダー「AQUOS 4Kレコーダー」3機種を10月24日に発売します。ラインナップは、内蔵HDD 4TBの「4B-C40BT3」(実売予想価格14万円前後)、2TBの「4B-C20BT3」(同11万円前後)、1TBの「4B-C10BT3」(同10万円前後)を用意。いずれも基本スペックは同等で、HDD容量が異なります。

↑2TB HDD内蔵の「4B-C20BT3」

 

「AQUOS 4Kレコーダー」は、新4K衛星放送用チューナーを内蔵しており、チューナー非搭載の4Kテレビでも新4K衛星放送が視聴可能となるBDレコーダー。いずれもBS/CS 4Kチューナー2基、地デジ/BS/CSチューナー3基を内蔵しており、新4K衛星放送と地デジ放送などの組み合わせで同時に3番組まで録画可能。新4K衛星放送のダブル録画にも対応しています。また、UHD BDの再生も可能。

 

新開発の「4KマスターエンジンBD-Premium」を搭載しており、画質を決める5つの要素をアップコンバートする「5upコンバーター」によって、地デジやBDなどの映像も4K放送級の美しさで楽しめます。

 

【5upコンバーターの概要】

・解像度を2K→4KにUP

・輝度をSDR→HDRにUP(New)

・色域をBT.709→BT.2020にUP(New)

・ビット深度を8bit→10/12bitにUP

・フレームレートを30p(60i)→60pにUP

 

↑輝度変換のオン/オフ切り替えも可能

 

【Editor’s Eye】

実際に地デジ番組を「5upコンバーター」でアップコンバートして高画質化した映像を視聴したところ、細部のディテールや色味がクリアに描写され、料理などの質感もよりリアルに感じられました。特に、今回のモデルでは、従来モデルでは対応していなかった「輝度」と「色域」までアップコンバートできるようになっており、従来モデルと並べて映像を視聴すると、その違いがハッキリわかるほど効果が感じられました。地デジもBDもより高画質に見られるので、「どうせ4K放送は見ないし……」という方にも十分オススメできます。

 

このほか、スマートフォンなどで撮った写真や動画をレコーダーに転送して、テレビの大画面で楽しめる「スマホ写真・動画まるごとストレージ」機能を搭載。転送は宅内の同一ネットワークでのみ可能。専用アプリは2019年末に公開予定としています。

 

従来モデルと同様に、BDドライブの密閉度を高めて長寿命化を図る「ホコリシールドBDドライブ」を採用。新たに、HDDやBDドライブの状態を確認して不意の故障に備えられる「HDD/BDドライブ健康診断」機能も搭載しています。

↑密閉度の高い「ホコリシールドBDドライブ」を採用

 

また、TS/TLV再生に対応し、4K記録ディスクの再生互換性を向上させているほか、4K番組を2K画質にダウンコンバートしてディスクに記録し、4K非対応の機器でも再生できるようにする画質変換機能(※)も備えています。

※:本体ソフトウェアのアップデートが必要(2019年末予定)

 

↑付属のリモコン

 

4Kチューナー非搭載の4Kテレビを購入された方でも、4Kチューナー内蔵のレコーダーを組み合わせることで新4K衛星放送は視聴可能になります。また、シングル4Kチューナーの4Kテレビと組み合わせれば、2つの4K番組を録画しながらさらに裏番組を見ることも可能。これから年末にかけて、見たい4K番組が重なってしまってもAQUOS 4Kレコーダーがあれば安心して録画できますね。

 

【この記事を読んだ方はコチラもオススメ】

録画しても見る時間がない? それなら業界初の「可変速早見」機能を備えた新「AQUOSブルーレイ」がオススメ

テレビは4K、でもレコーダーは? 4Kテレビの真の実力を引き出すUHD BD対応の「アクオス ブルーレイ」

 

協力:楽天市場

TAG
SHARE ON