AV
オーディオ
2019/10/9 21:30

もはや音楽を聴くだけではない! 進化する「個性派Bluetoothスピーカー」3選

手軽に使えるオーディオ機器として、すっかり定着した感のあるBluetoothスピーカーですが、最近はデザインや機能に工夫を凝らした個性派モデルが続々登場しています。単に音楽を聴くためだけではなく、ネット動画を視聴する際に使うことを想定したものや、インテリアとしても使えるものなど、その方向性は様々。

 

そこで今回は、GetNavi編集部のイチオシモデルを含む個性派Bluetoothスピーカー3機種を紹介します。

 

GetNavi編集部オーディオ担当/川内一史の「激推しモデル」

「ワンボディでこのスタジアム感は異常! ユニークなデザインも物欲をそそります」

VECLOS

SPW-500WP

実売価格3万7710円

独自の真空二重構造「真空エンクロージャー」を採用。「Dirac HD Sound」や、AV機器国内初採用の「Dirac Panorama Sound」などの技術により、一体型スピーカーの常識を超えた音の広がりを実現し、高い臨場感を味わえます。IPX5相当の防水仕様。

 

SPEC●スピーカー:40mm径フルレンジ×2●実用最大出力:8W+8W●対応コーデック:aptX、AAC、SBC●接続端子:3.5mmステレオミニ×1、USB×1●バッテリー連続再生:約11時間●サイズ/質量:約W261×H91×D72mm/約1.1kg

 

【イチオシの理由】

プロ野球やJリーグはシーズンの佳境が近付き、ラグビーW杯が日本で開催中と、スポーツシーンが活況です。頻繁にスタジアムへ足を運ぶのは難しいため、中継映像を見ながらの自宅観戦がメインとなります。しかし、最近では地上波やBS放送で目当ての試合が放送されないことも多く、動画ストリーミングのDAZNやAbemaTVでスポーツを見る機会が増えました。我が家のテレビはネット非対応なので、PCもしくはスマホ・タブレットでの観戦。当然ながら、内蔵スピーカーの音はショボすぎる……とても「臨場感を楽しむ」雰囲気ではありません。

 

ということで、コンパクトな一体型スピーカーながら広がりのある音を楽しめると評判の、VECLOS SPW-500WPを早速導入しました。スピーカーのほかにヘッドホンとイヤホンも展開中のVECLOSは、魔法びんの第一人者「サーモス」が手がけるブランドです。そういえば、本機もオーディオというよりタンブラーっぽいデザイン……なんか物欲をそそります!

 

見た目だけでなく、魔法びん技術を生かした独自の真空二重構造は音質向上に寄与しているのですが、能書きは置いといてとりあえず鳴らしてみる。MODEボタンを押して、臨場感を向上させる新技術「Dirac Panorama Sound」と、低音の迫力を増強する「BEAT BLASTER」をどちらもオンに。うん、わかりやすくスタジアム感がアップしました! オーディエンスの「ワッ」という歓声や、場内アナウンスなどが周囲から聴こえるから、本当に観客席にいるような気分。こんなに小さいスピーカーから出てる音だなんて、まったく信じられません!

 

約11時間再生のバッテリーを内蔵するうえ、USBケーブル接続でPCから充電しながら再生できるので、数日に渡るクリケットの試合だって丸ごと見られます(はず)。「Dirac Panorama Sound」と「BEAT BLASTER」をオフにすれば、クリアで邪魔にならない音質のBGMスピーカーとして使えます。映画鑑賞も含めて、自宅用スピーカーはコレ一台あれば十分と断言できます!(川内)

 

MODEボタン操作で臨場感や低音の迫力をアップ

「Dirac HD Sound」は常時オンになっています。理想的な音響特性に補正して、音像定位や音の立ち上がりを改善します。

 

充電しながら再生できてバッテリー切れの心配ナシ

「Dirac HD Sound」により、PCやタブレットなどの背面に設置しても良音を楽しめます。USBケーブル接続でも再生可能です。

 

ポータブル&防水仕様で使い勝手が抜群にイイ!

ほど良いサイズ感で、家中持ち歩いて使えるのが便利です。また、IPX5相当の防水設計のため、キッチンでの使用も問題アリマセン!

 

【コチラもオススメ:個性派Bluetoothスピーカー】

ほのかな灯りで音楽を楽しめるLEDランプ型スピーカー

ソニー

LSPX-S2

実売価格4万2530円

LEDランプを包むガラス管を振動させて音を再生するワイヤレススピーカー。初代モデル「LSPX-S1」をひと回り小さくしたコンパクトなサイズ感で、食卓やベッドサイドなど家庭内の様々な場所に持ち運んで使うことが可能。ソニー独自のスピーカー駆動技術「アドバンスド バーティカル ドライブ テクノロジー」により、有機ガラス管全体を震わせて音波を発生させることで、360度に広がるサウンドが楽しめます。

↑ろうそくの灯りのようなLEDライト

 

低音を振動に変えて臨場感を高めるネックスピーカー

シャープ

AQUOSサウンドパートナー AN-SX7A

実売価格2万4260円

同社独自の「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」による迫力の重低音と振動を楽しめる、肩乗せタイプのウェアラブルスピーカー。スピーカーユニットの位置を耳より前に配置しており、音が常に前方から聴こえ画面との一体感を感じられるように工夫されています。遅延が少ないaptX Low Latencyによるワイヤレス伝送に対応し、映像と音がリンクした臨場感のあるサウンドを体感できます。

↑映画などを迫力のサウンドで楽しめます

 

【この記事を読んだ方はコチラもオススメ】

録り逃しの不安を解消する「全自動」BDレコーダーがイチオシ!

ソニーのガラス管スピーカーに小型モデル登場! 置く場所問わずの「LSPX-S2」

重低音と振動で臨場感を演出! シャープのネックスピーカー「AQUOS サウンドパートナー<AN-SX7A>」

 

協力:楽天市場