AV
カメラ
2015/7/6 8:00

初心者にも使いやすい10万円クラスのおすすめ一眼レフはこれだ!

 

150629_k_02_00

 

はじめて買う一眼レフカメラは、おとなしくエントリーモデルを買おうか、あるいは心に決めて中級機を買ってしまうか……と悩むことが多くあります。しかし、ここにきて10万円クラスのモデルが急激進化を遂げているのです。それらは、バリアングル液晶の搭載や構造を一新したことで扱いやすくなっただけでなく、中級機に迫る画質も魅力です。

 

そこで今回は、初心者が買うべき、おすすめの“10万円クラス一眼レフ”3台を比較しながら紹介します!

 

サブ液晶の搭載と中級機並みの操作性が高評価!

150629_k_02_11

キヤノン
EOS 8000D 18-135 IS STMレンズキット

実売価格13万2800円

入門機ながら、操作用ダイヤルを2つ搭載し、本体右上部に、サブ液晶まで備えた高品位モデル。「オールクロス19点AFセンサー」で高精度なピント合わせが可能です。バリアングル液晶も搭載しています。

 

SPEC

●画素数:約2420万画素
●撮影素子:APS-C
●ISO:100-12800
●連写:約5コマ/秒
●液晶モニター:3.0型・約104万ドット
●対応メディア:SDXCメモリーカードほか
●通信機能:Wi-Fi
●サイズ/質量:約W131.9×H100.9×D77.8㎜/約565g

撮影画像をチェック!

↑橋やビルの窓なども細かく描写されています。全体に明るめに描かれているのが特徴で、やや赤みも強い傾向の画質です。
↑橋やビルの窓なども細かく描写されています。全体に明るめに描かれているのが特徴で、やや赤みも強い傾向の画質です

 

 

世界最軽量ボディと新構造のグリップに賞賛の声多数!

150629_k_02_21

ニコン
D5500 18-55mm レンズキット

実売価格8万3080円

新開発のモノコック構造を採用し、世界最軽量を実現した一眼レフ。ボディデザインも一新し、グリップは握りやすくなっています。バリアングル液晶はタッチ対応で、初心者でも簡単に扱えるのがポイントです。

 

SPEC

●画素数:約2416万画素
●撮影素子:APS-C
●ISO:100-25600
●連写:約5コマ/秒
●液晶モニター:3.2型・約104万ドット
●対応メディア:SDXCメモリーカードほか
●通信機能:Wi-Fi
●サイズ/質量:約W124×H97×D70㎜/約470g

 

撮影画像をチェック!

↑建物のエッジ部もモアレなどが出ることなく描写されています。非常に解像感が高く、シャドー部が締まったクリアな色味です

 

 

ローパスフィルターレスで描写が細かいと評判!

150629_k_02_31

リコーイメージング
PENTAX K-S2 18-50 REキット

実売価格11万2200円

入門機ながら視野率100%の光学ファインダーや防塵・防滴構造を採用。3.5段ぶんの手ブレ補正機構を備えています。モアレなどを抑制するローパスフィルターを廃したことで解像感高い描写が可能になりました。

 

SPEC

●画素数:約2012万画素
●撮影素子:APS-C
●ISO:100-51200
●連写:約5.5コマ/秒
●液晶モニター:3.0型・約92.1万ドット
●対応メディア:SDXCメモリーカードほか
●通信機能:Wi-Fi
●サイズ/質量:約W122.5×H91×D72.5㎜/約678g

 

撮影画像をチェック!

↑階調表現が豊かで川のシャドー部も潰れずに描かれています。緑、青がキレイに出ていて、空の色味に深みがあります。
↑階調表現が豊かで川のシャドー部も潰れずに描かれています。緑、青がキレイに出ていて、空の色味に深みがあります。

 

 

一眼レフ初心者にもやさしい使いやすさが勝敗の決め手!

エントリークラスは操作ダイヤルの拡充やバリアングル液晶の搭載により使い勝手が向上していますが、なかでも最初にご紹介したEOS 8000Dの人気は特に傑出。「2つのダイヤルの位置が絶妙で、撮影中の操作がラク」「サブ液晶で設定が確認できるのはうれしい」と、一眼初心者からは驚嘆の声が上がっています。

 

 

一眼レフは高性能だけどやっぱり軽いミラーレスだなぁ……という人はこちらの記事もどうぞ!

TAG
    SHARE ON