AV
カメラ
2020/4/9 18:00

「U3万円」の交換レンズでここまで撮れる! 高コスパな一眼レンズ「7Artisans」を試してみた

前回は、FUJIFILM「X-E3」に似合うMF(マニュアルフォーカス)レンズを探して、焦点工房より「七工匠(7Artisans)」の交換レンズを借用して撮影を開始、「魚眼」と「超広角」、「標準レンズ」をレビューしました。

→前回の記事はコチラ

 

今回は「広角」、「中望遠」、「マクロレンズ」の3本が登場。広角と中望遠の2本は、LEICAの交換レンズを思わせるシルバーカラーがポイントで、価格もU2万円と気軽に手が出せるハイコスパレンズになっています。

↑ブラックボディとのコントラストが美しいシルバーの単焦点レンズ。実はこの2本はブラックもあります。60mmMacroレンズはシルバーがなくブラックのみです

 

スタンダードな広角レンズ「7Artisans 25mm F1.8」

「7Artisans 25mm F1.8」はシルバーが似合うレンズです。焦点距離的には38mmと中途半端ですが、18cmまで寄れます。そして開放絞り値F1.8と明るいので標準レンズとして使えます。

 

本来なら18mmが欲しいところなのですが、7Artisansのラインナップは12mmの次は25mmとなっており、18mmはありません。それからこのレンズはOLYMPUS「OM-D E-M10 Mark III」には装着できないので注意しましょう。

 

焦点距離が35mmよりも長いレンズなので、F8か16まで絞ればパンフォーカスレンズとしても使えます。やや風景寄りで人物も撮れて、ボケが楽しめて接写も得意です。重さは150gしかなく万能レンズとしてボディキャップ替わりに常時付けていてもいいでしょう。1万2000円という価格も相まって、気兼ねなく使えそうです。

↑ブラックボディにシルバーのレンズは王道ですが、FUJIFILMの純正交換レンズはブラックのみというレンズが多いのです

 

↑F16まで絞れば無限遠から30cmぐらいまでピントが合います

 

【作例】意外に良好なボケ味で被写体を選ばない

開放絞り値が明るくてもボケ味がイマイチというレンズがありますが、25mmF1.8はゴチャゴチャしない素直なボケ味で好感が持てました。F1.2とかF1.1まで明るいとピント合わせがシビアになり、ボケが大きすぎて背景に何があるのかまったく分からなくなりますが、F1.8ぐらいだと何か分かる程度にボケるのでいい感じです。もちろんF1.2のレンズをF1.8まで絞れば同じことですが、明るいレンズはなるべく開放で使いたいものですからね。

↑このようにややボケて周囲を説明するのが得意。歪みも少なく人物をどこに入れても大丈夫

 

↑カフェの軒先に吊された猫のオブジェ。絞り開放でちょうどいいボケ味が得られました

 

↑撮影に使わせていただいたペンギンカフェでは他のお客さんが写らないように窓を大きく入れた構図にしました。窓枠やドアなどがほとんど歪まないことが分かります

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
全文表示
TAG
SHARE ON