AV
イヤホン
2020/4/30 18:15

今年爆売れするオーディオが出てきた! シュアの新定番「AONIC」に有線イヤホン登場! シリーズ一斉試聴レビュー

ブランドの創立から95周年を迎えたSHURE(シュア)が、コンシューマー向けイヤホンの新しいコアシリーズ「AONIC(エイオニック)」の有線イヤホン「AONIC 3」「AONIC 4」「AONIC 5」を発表しました。今回は新製品を一斉に試聴したインプレッションを報告します。

↑シュアから発売された有線イヤホンの注目新製品、「AONIC 3」「AONIC 4」「AONIC 5」をレポートします

 

シュアのコンシューマー向けイヤホンといえばSEシリーズがあまりにも有名です。今回発売される3つの製品はそれぞれSEシリーズの主力ロングセラーモデルのDNAを継承しています。なおAONICシリーズには今後、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載するオーバーヘッド型のワイヤレスヘッドホン「AONIC 50」という新製品の発売も控えています。

 

シングルBAドライバー搭載機「AONIC 3」

AONIC 3は、SEシリーズのシングルBA搭載機「SE315」と入れ替わって登場する後継機です。

↑BA型ドライバーをシングルで搭載する「AONIC 3」。4月25日発売。実売価格1万9800円(税別)

 

2020年は新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けて、毎年春にフジヤエービックが開催する「ヘッドフォン祭」が4月25日にオンラインで実施され、Web発表会に登壇したシュア本社のマット・エングストローム氏がAONIC 3の開発に至った経緯を振り返りました。

 

エングストローム氏はAONIC 3が「多くのファンに愛され、生産完了後も復活が望まれてきたシュアのイヤホン『E4C』のエッセンスとスピリットを継ぐイヤホン」であるとしました。E4Cは固定式ケーブルのイヤホンでしたが、AONIC 3はMMCXコネクタによる着脱機構を採用しています。

↑名機E4Cを受け継いだデザイン。MMCXコネクタによるリケーブルにも対応しています

 

イヤホンの本体が細くスリムなので、耳が小さい方も最適なフィット感が得られるでしょう。装着スタイルはイヤホンから伸びるケーブルを耳の裏側に掛ける“シュア掛け”が基本。低反発フォームタイプのイヤーピースを指でつぶしてから耳に入れると、耳の中で膨らんでちょうど良いフィット感と高い遮音性能が得られます。耳とのコンタクトがほぼイヤーピースだけの状態になるので、SEシリーズのようにイヤホンのシェルがピタリと耳に張り付く装着感が当たり前になっていた筆者は最初は少し戸惑いました。でも慣れてくると、耳の皮膚呼吸が遮られない感じが心地よくなってきます。

↑AONIC 3を装着した状態

 

AONICシリーズ各製品の試聴はソニーのウォークマン「NW-ZX507」をリファレンスにして、ハイレゾ音源やAmazon Musicで配信されている楽曲を中心に聴きました。

 

スリムな外観にそぐわず、AONIC 3はどっしりとしてパンチの効いた音を聴かせてくれるイヤホンという印象。特に中高域のまとまりが良く、アコギやピアノのメロディが束になってガツンとぶつかってくるような迫力があります。ロックやダンスミュージックのメロディが伸びやかに歌い、肉厚な余韻を響かせます。

 

ボーカルは声の輪郭に張りがあって、抑揚の表現力にも富んでいます。ジャズのビッグバンドの楽曲にもよく合いました。楽器の音色、定位も鮮やか。ベースやドラムスのリズムは制動が効いていて、タイトで切れ味も冴えています。刻まれるグルーヴがとても軽やか。

 

筆者のいつものハイレゾ楽曲をひとしきり聴き直してみると、AONIC 3が描き出すサウンドステージがとても広いこともわかりました。コスパも驚くほど良いイヤホンだと思います。早くもロングセラーの予感が漂ってきました。

↑iPhone SEにつないでストリーミングコンテンツも聴いてみました。スマホでも鳴らしやすいイヤホンです

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
全文表示
TAG
SHARE ON