AV
2015/7/24 7:49

“買える4Kテレビ”の最終兵器! レグザ初のエントリーラインが登場

 

本サイトでもたびたび低価格帯の“4Kテレビ”を紹介していますが、それらの多くは各メーカーのエントリーライン。上位モデルに比べると画質や機能は及ばず、“価格なり”の性能であることは否めませんが、これを覆すのが、今回ご紹介する4Kレグザ初のエントリーライン G20Xです。

4Kレグザ初のエントリーラインは、HDR対応で上位機顔負けの高画質モデル!

150713_1_08015_01

東芝
REGZA 55G20X
6月30日発売
実売価格29万円前後

4Kレグザ初のエントリーライン。「全面直下LED」パネルや、新開発の映像エンジン「4Kレグザエンジン HDR」により、高精細、広色域、高輝度な映像を実現した。高コントラストなHDRフォーマット映像の入力にも対応します。

↑新開発の「4Kレグザエンジン HDR」。地デジやBDなどあらゆる映像を、高い精度で処理して4K高画質化します
↑新開発の「4Kレグザエンジン HDR」。地デジやBDなどあらゆる映像を、高い精度で処理して4K高画質化します
↑「4K瞬速ゲームダイレクト」で低遅延化。レグザ史上最速の約0.05フレームまで短縮されました
↑「4K瞬速ゲームダイレクト」で低遅延化。レグザ史上最速の約0.05フレームまで短縮されました

 

43V型で21万円前後という手ごろな価格設定ながら、画質は上位機と同等。さらに、HDMIの新規格に対応し、HDR映像フォーマットの入力が可能になりました。これにより、今秋に登場予定の次世代規格Ultra HD Blu-rayの映像も、本来の高画質で表示できます。(ちなみに、HDR入力に対応する4Kテレビは、現時点でソニー ブラビアの上位モデルのみ)
本機は「高画質のレグザ」の面目躍如ともいえる、まさに究極の“買える4Kテレビ”となっています。

 

上位モデルのZ10X、J10XもHDR対応で一段と高画質に!

150713_1_08015_04

発売中の2機種もHDRフォーマットの入力が可能に(2015年12月~)。より高コントラストでリアルな映像を楽しめます。

 

150713_1_08015_05

東芝 レグザ55G20X

SPEC
●画面サイズ:55V型(49、43V型もあり)
●チューナー:地デジ/BS/110度CS×3
●音声実用最大出力:20W
●サイズ/質量:W1241×H772×D247㎜/18.5㎏(スタンド含む)

 

TAG
SHARE ON