AV
カメラ
2016/10/14 11:41

360°カメラの先駆者「RICOH THETA」にカジュアル価格の「SC」が加わった!

リコーは、全天球撮影が可能な360°カメラのスタンダードモデル「RICOH THETA SC」を10月28日に発売。ブルー、ベージュ、ピンク、ホワイトの4色展開で、実売価格3万2800円です。

20161013_y-kobaRR_01_R

 

高画質と手軽さを両立

本製品は、初めて使う人でも簡単に全天球撮影が楽しめる、わかりやすい操作性と充実の基本性能を備えたスタンダードクラスの360°カメラです。

 

昨年発売された、「THETA」シリーズの上位モデル「RICOH THETA S」(実売価格 4万2780円)と同等の高性能CMOS イメージセンサーや大口径レンズを搭載。高画質はそのままに、本体の軽量化を実現しています。

 

静止画は、1400万画素相当の高精細画質で記録できます。動画は、フルHDサイズに相当する1920×1080ピクセル(記録時)で30 fps(フレーム/秒)の高品質で滑らかな360°動画撮影に対応。また、撮影後は専用アプリを使うことでつなぎ目のない360°動画・の作成がスマホやタブレット上で簡単に行うことができます。

 

SNSでの共有やVR体験も!?

撮影した360°画像は、スマホやタブレットに転送できるほか、市販のVR ビューアーを利用して手軽にVR体験ができます。

 

また、専用ウェブサイト「theta360.com」にアップしてSNSで共有したり、Facebook やYouTube に直接動画を投稿したりすることも可能です。

 

ワンショットで全天球イメージを撮影できる360°カメラ「RICOH THETA SC」。上位機種の基本性能を継承しつつ、低価格化を実現したスタンダードモデルです。360°カメラの購入を考えている人は、ぜひ選択肢の中に入れてみてはいかがでしょうか。

 

【スペック】

●サイズ/質量:W45.2×H130.6×D22.9㎜/約102g ●撮像素子:1/2.3型CMOSセンサー(×2) ●有効画素数:約1200万画素(×2) ●記録可能枚数(静止画):L(5376×2688)約1600枚、M:(2048×1024)約9000枚 ●記録可能時間(動画):1回の記録時間が最大5分、合計記録時間がL(1920×1080)約63分、M(1280×720)約171分 ●記録媒体:内蔵メモリー約8GB ●レンズ構成:6群7枚 ●レンズ F値:F2.0 ●電源:リチウムイオンバッテリー(内蔵)

TAG
SHARE ON