AV
カメラ
2022/9/15 7:00

新センサー搭載で多彩な映像表現が可能に! 「GoPro HERO11 Black」3機種が登場

アクションカム「GoPro」シリーズより、新モデル「GoPro HERO11 Black」と、クリエイター向けに長時間撮影を可能にした「GoPro HERO11 Black CREATOR EDITION」、コンパクトフォルムの「GoPro HERO11 Black MINI」の3機種が登場します。

↑GoPro HERO11 Black CREATOR EDITION(左)とGoPro HERO11 Black(右)

 

直販サイトGoPro.comでの販売価格はGoPro HERO11 Blackが7万2000円(GoProサブスクリプションと同時購入時6万2000円)、CREATOR EDITIONが10万1000円(同8万9000円)、MINIが5万8000円(同4万8000円)。発売はGoPro HERO11 BlackおよびCREATOR EDITIONが9月14日、MINIのみ10月25日となります。

 

3機種の基本スペックは共通

「GoPro HERO11 Black」シリーズ3機種は、いずれも基本的なスペックは共通。CREATOR EDITIONは、GoPro HERO11 Blackに長時間撮影を可能にする大容量バッテリー内蔵のグリップと、LEDライト、指向性マイクがセットになったもの。動画制作を行うクリエイター向けと位置づけられています。

↑GoPro HERO11 Black CREATOR EDITION

 

一方、MINIは以前に発売されたGoPro HERO Sessionに近いコンパクトなサイズが特徴。液晶画面のないワンボタン操作のシンプルな撮影スタイルで、設置時に邪魔になりにくく、よりタフな環境でも撮影できます。本体底部と背面にマウントを備えており、設置の自由度が高い点も見逃せません。スタンダードなGoPro HERO11 Blackの違いとして、写真撮影不可(動画撮影のみ)、バッテリーの取り外し不可、GPSを内蔵しない、などが挙げられます。

↑GoPro HERO11 Black MINI

 

↑底部と背面にマウントを備えている

 

センサーが進化。広い画角で撮れる「HyperView」も

GoPro HERO11 Blackシリーズの特徴として、より大きくなった1/1.9インチセンサーを搭載しており、アスペクト比8:7で撮影。その後、4:3や16:9などフォーマットに応じて好みのサイズに切り出すことができます。また、新しいデジタルレンズ「HyperView」で臨場感のある映像を撮影可能。10bitカラーにも対応し、10億色を超える豊かな色彩で映像を記録できます。

↑GoPro HERO11 Black

 

↑背面にも液晶ディスプレイを搭載

 

進化した手ブレ防止機能「HyperSmooth 5.0」により、どんな環境でもブレのないなめらかな映像を撮影可能。さらに、HyperSmooth AutoBoostに設定すれば、視野角とブレ補正の効果を最大化することができます。

 

夜間撮影機能もパワーアップしており、タイムラプス撮影に3つのプリセットを追加。天体撮影に適した「スタートレイル」、ライトや花火などで文字や絵を描ける「ライトペインティング」、自動車の灯りで印象的な映像が撮れる「ライトトレイル」が利用できます。

 

アップロード、ハイライト映像制作まで自動

スマホアプリ「Quik」も進化しており、GoProで撮影した映像をクラウドへ自動アップロードし、自動でハイライトビデオを制作して送信してくれる機能を搭載。また、クラウド上での編集も可能で、高スペックの端末がなくても簡単に映像編集が行えます。

 

GoProサブスクリプションを利用すれば、オリジナル画質で容量無制限にクラウドにバックアップできるほか、破損したカメラの補償やカメラおよびアクセサリーの割引も利用できます。

 

大きな進化を遂げたGoPro HERO11 Blackシリーズは、一般ユーザーからプロユースまで幅広いニーズに応えるアクションカムと言えそうです。

 

【フォトギャラリー(画像をタップするとご覧いただけます)】

TAG
SHARE ON