本・書籍
2017/12/25 17:00

累計250万部突破! 今年話題の「うんこ漢字ドリル」を小1の息子にやらせてみた

注:本日のコラムは、お食事中の方はご遠慮ください。

 

曲がりなりにも文章を書くことを仕事としているので、言葉のチョイスには気を遣っているつもりだ。特に、ちょっとお下品な言葉は、できるだけソフトな表現に言い換えている。たとえば、子育てをしていると、どうしても多用せざるを得ない排泄物関係。特に「大」に関しては、普段から「うんち」と、多少かわいらしさを残すよう努力している。

 

31444406 - pug dog sitting on toilet and reading magazine having a break

 

 

最強の破壊力「うんこ漢字ドリル」

そんななか、ものすごい破壊力のタイトル本が、今年世間を賑わせた。『日本一楽しい漢字ドリル うんこ 漢字ドリル』(文響社・刊)だ。皆が忌避しがちな「うんこ」というワードを、前面に押し出している。いろいろなメディアで取り上げられているので、ご存知の方も多いだろう。漢字一文字に対して例文が3つずつ載っており、そのすべてに「うんこ」が用いられている。

 

そして、このシリーズが爆発的にヒットしている。発売2カ月で累計発行部数227万部を記録したというから、あっぱれだ。

 

ただし、正直値段が少々お高い。一般的な漢字ドリルは、500~600円程度で手に入るものが多いのに対して、「うんこ 漢字ドリル」は税込で1,000円を超える。果たして、ただ鳴り物入りで話題になっているだけなのか、もしくはちゃんとした効果があるのか。私自身も中身に興味があったので、我が家の長男(小1)用に、思い切って1冊購入してみた。

 

 

「うんこ漢字ドリル」は家族を笑顔にする!?

手元に届いた「うんこかん字ドリル 小学1年生」。もう、表紙を見るなり息子のテンションはマックスだ。早速、鉛筆を持ってとりかかった。たとえば、こんな具合の例文だ。

 

ありがとう。これで うんこが「七」つ そろったよ。

うんこを「百」年 がまんして いる おじいさん。

さっきから うんこの「気」はいがする。

 

き「立」! れい! うんこ!

(『うんこかん字ドリル 小学一年生』より引用)

 

息子は終始笑顔、ひとつひとつの例文を大きな声で読んでから、丁寧に書き込む。ひゃひゃひゃ!と笑いながらも、どんどんページを進めていく。私が部屋にいないと呼び寄せ、例文を報告してくれる。そして「なんじゃこりゃー!」と笑いながら、一緒に例文を楽しむ。

 

翌日からは、宿題よりゲームよりも先に「うんこ漢字ドリルやる!」と言って、机に向かっているのだ。正直、この様子には驚いた。「うんこ」の威力、ハンパない。

 

 

「うんこ漢字ドリル」のここがスゴイ!

ただでさえ、小学生男子は「うんこ」というワードが好きだ。それを、うまく勉強の要素に取り入れたことが、実に画期的。けれど、ヒットの秘密はそれだけではない。

 

・新学習指導要領に対応していること。

・カラフルで見やすいデザイン。(「うんこ」のネガティブイメージを、カラフルで可愛く楽しいデザインで払拭させたということで、なんと2017年度グッドデザイン賞受賞!)

・うんこ先生のキャラクターがキュート。(コンビニなどで「一番くじ」が発売された)

・漢字の並び順が、学校で教わる順番と違っていて、逆に興味が持てる。(漢字ドリルのプロが考案した独自の順序なのだそう)

・訓読み・音読み・その漢字を使った言葉などの情報が、子どもにとってタメになる。

・何より、例文がおもしろい。(作者いわく、「臭い」「汚い」というイメージをなくすよう、できるだけポジティブな表現を心掛けたそう)

 

息子と一緒にドリルを覗いただけでも、これだけの効果を感じた。やはり、「うんこ漢字ドリル」はタダモノではなかった。

 

 

「うんこ」人気は当分続く?

この人気に便乗して、「うんこ漢字ドリル グミ」や「ソフトキャンディ」まで発売になったそうな。また、雑誌「女性セブン」の付録として、大人用の「うんこ漢字ドリル」が掲載されたこともあり、大人向け漢字ドリルの正式な発売を待つ声も多い。2018年も「うんこ」フィーバーは続くだろう。

 

さて、ここまでで「うんこ」というワードを何回使っただろうか。…数えてみたら、25回だった。後にも先にも、これだけ多用することはないだろう。クリスマスに似つかわしくない内容で申し訳ない。

 

「うんこうんこって、なんてお下品な!」と顔をしかめているママさんも、お子さんに楽しく笑顔で勉強させたければ、「うんこ漢字ドリル」を一度試してみてはいかがだろうか。冬休みの自主勉強にもピッタリである。

 

 

【著書紹介】

9784905073819

日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

著者:文響社(編)
出版社:文響社

2017年グッドデザイン賞金賞受賞、流行語大賞ノミネート、年間ベストセラーを、うんこが席巻!子どもが夢中になって勉強する!全例文に「うんこ」を使った、まったく新しい漢字ドリル

Amazonストアで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る

TAG
SHARE ON