本・書籍
自己啓発
2018/1/10 17:00

「回転寿司の板前さんに注文する」のは冒険なのか? 運命のトビラを開けるために必要な「冒険力」を手に入れろ!

小さなことですが、一昔前は福袋をドーンと買っていたのに「もう少し待てば春がくるから冬物はこのままでいいや」なんて及び腰になって、今年は新年早々の冒険を逃してしまいました。みなさんは最近、冒険しましたか?

15075591 - portrait of young woman pilot in a military airplane

今回は、私のように福袋を買えなかった方、なかなかチャレンジできずに悩んでいる方など、チャンスが目の前にあるのになぜか逃してしまうダメウーマンを脱出して、イケてるヒロインに生まれ変われる方法を『冒険力――幸せをつかむ、ヒロインになろう。』(中谷彰宏・著/学研プラス・刊)から学んでいきます。

 

 

回転寿司で堂々と「マグロください」って言える?

「おひとり様」なんて言葉が出始めてから数年がたち、ひとりで食事するだけでなく、旅・カラオケ・焼肉など女性ひとりでものびのびと楽しめるいい時代になりました。

 

かつて、心が傷つき、もう人間には癒してもらえない…と自暴自棄だった時に「ひとりディズニーランド」を試みたのですが、本気で心配する母親のメールで我に返り、お土産だけ買ってそのまま直帰した思い出があります。

 

しかしながら、ここまで冒険しなくても大丈夫。正常な精神状態での「初めてひとりでやること」は、「冒険」と言えます。冒険というからには大きなことに挑戦しなければと身構える方もいるかもしれませんが、回転寿司屋さんにも冒険は潜んでいるんですよ。

 

板前さんは、「お好きなものがありましたら言ってください」と言います。

そこで、「○○ください」という第一声が出せるかどうかが、「冒険」と「日常」の分かれ目です。

冒険は、日常の中にあるのです。

板前さんに声を出して注文できるようになった瞬間から、回転寿司は飛躍的に面白い世界に変わります。

(『冒険力――幸せをつかむ、ヒロインになろう。』より引用)

 

最近ではタッチパネルや紙に書いて渡すスタイルのところも多いですが、そういうルールがないところではぜひ試してみましょう。誰も「あ、あの人イカばっかり頼んでる」なんて思いませんから。

 

「こんなこと?」と思うかもしれませんが、こんな日常の些細な冒険も、積み重ねていくことで大きな冒険へつながっていくのです。

 

 

「お金も時間もないから旅行できない」って言い訳してない?

この本によると、一番シンプルな冒険が、旅行なんだそうです。

 

みなさんも自分の胸に手を当てて、冒険と言える旅行をしたのはいつだったか思い出してみましょう。「友人の結婚式で地元へ」「お正月の挨拶に両親がいる実家へ」など大人になってからの旅行はほとんど「帰省」に変わって、「旅行に行けていないな〜」なんて人もいるのではないでしょうか?

 

「でも、お金も時間もないし」という方…最近では、早期予約での格安チケットや、日帰り旅行プランもいっぱいあります。自分がどんな旅行があるか探していないだけと著者の中谷さんは語ります。

 

安くて短い旅行でも、1%の体験ができたかどうかの違いは大きいのです。

(『冒険力――幸せをつかむ、ヒロインになろう。』より引用)

 

日帰り旅行だって旅行です! 次のお休みはいつものお店でショッピングにせず、知らない街のカフェ巡りなんかも旅行になりますよね。ちなみに2018年のゴールデンウィークは、5月1日と2日をお休みにしたら9連休!思いっきり旅行を楽しみたい方は、今すぐ有給休暇の申請しちゃいましょう(笑)。

 

目の前にある運命の扉、開けずに通り過ぎるなんてあり得る?

とは、言っても…。

 

と、まだまだ言い訳したガールの気持ち、わかります。だって、今までの日常を離れて新しい日常に飛び込むことって、とっても勇気がいりますもんね。

 

そんな時に役立つのが「冒険日記」です。「今日、知らないお店に入った」「注文したことないメニューを食べた」「前の駅で降りて歩いて帰った」など、あなたが「冒険」だと思ったことを毎日行い、それを記していくとのこと。書き残すだけで自分の自信にもつながり、コンプリートしていく楽しみもありますよね。ある程度書き残せてきたら、こんな風にアレンジを加えて見るのがオススメなんだとか。

 

冒険に得点をつけて、週間ベスト賞、月間ベスト賞、冒険大賞を決めます。

路面の1階の店よりも2階の店、2階の店より地下の店のほうが得点は高いです。

(『冒険力――幸せをつかむ、ヒロインになろう。』より引用)

 

自分で得点を決めておけるのも楽しいですよね。小さな冒険を積み重ねていけば、目の前に大きな運命の扉が現れた時、ちゃんと向き合って開くことができるでしょう! 今年こそダメウーマンとサヨナラして、ハッピーなヒロインに変身しちゃいましょう。

 

【著書紹介】

GKNB_BKB0000405912059_75_COVERl

冒険力――幸せをつかむ、ヒロインになろう。

著者:中谷彰宏
出版社:学研プラス

年齢を重ねても魅力的な女性でいるために身につけたい「女子力」を提案。第2弾は冒険力。【この本は、3人のために書きました。】(1)幸せをつかみたい女性。(2)「このままではつまらない」と感じている女性。(3)新しいことをする勇気が欲しい女性。

Kindleストアで詳しく見る
楽天Koboで詳しく見る
iBokksで詳しく見る
BookBeyondで詳しく見る

TAG
SHARE ON